<無料占い> 今後について。 ポテ丸さんより。

 
 
 今回は、ポテ丸さん(女性・30代)からのご相談です。「先日、度重なる嘘により夫のことを全く信用できなくなり、離婚を切り出しました。しかし夫は離婚も別居も認めず、『変わるところを見て欲しい、家族みんなで暮らしたい』の一点張り。今まで何度も変わるチャンスを与えたのに一向に変わらず来ているので、私はもう離婚しか考えられません。このままもう一度チャンスを与え、離婚を踏みとどまるべきですか?離婚して子供達と新たな生活をスタートすべきですか?離婚が子供達にとって良い選択となりますか?また、最近私のことを既婚者と知りながら思いを伝えてくる男性が現れました。離婚という結末になった場合、この男性とはこの先何が起こるのでしょうか?私の今後はどうなるのでしょう。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「蹇之坤」(蹇、坤へゆく)です。
 
 
 まずは「蹇(水山蹇)」の卦を検討します。「けん」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「蹇」は、「足をひきずる」という意味です。
 
 危険な大河(水)と険阻な山(山)があるかたちを示しています。
 
占いの言葉は、
 
 ゆくてに危険があるのだから、とどまるべきだ。
 このような時は平易な道を選べ。
 人の話をよく聞いて、慎重に対処の方法を考えなさい。
 「蹇」と時機の関係は重要である。
 
というものです。
 
 「蹇」の卦が出た時は、運勢はよくありません。四天王クラスの運気の悪さです。この卦が出た時は、「自分の力」を見極めて、無理はしないようにすべき、と考えられています。
 とはいえ、専門的な話ですが、二本の中正があるので、運気がめちゃくちゃに乱れているというほどのひどさではありません。天の時にあたらない、というほどではないのです。
 平易な道、やりやすいこと、やれることから手をつけていけば、運気が開けてくる。そういう卦でもあります。
 恋愛・結婚運についても、話があっても進みにくい、そもそも良い話ではない、そのようなイメージです。
 
 
 
 次に、「坤(坤為地)」の卦を検討します。「こん」と読みます。最上図、右側をご参照ください。
 
 「坤」は、柔軟さ・女性性・消極性を象徴します。この卦は、六本すべてが「陰・柔」となっていますから、純粋な「陰・柔」という状態です。静止しながら豊かな力を蓄えている様子です。
 
 「坤(坤為地)」は、上下とも「地」というかたちです。万物を生み育てる豊かさを象徴しています。「乾」とは逆に、静止している様子でもあります。
 このような「坤」のかたちについて、「大地の働き、それが坤である。立派な人間は徳性を厚くし、人々を包容していく」という言葉が示されています。
 
 「坤」の占いの言葉は、
 
 「坤」の生成力は偉大である。その力を受けて万物は生まれるのだ。
 「坤」は大地の象徴である。大地は厚く万物を乗せる。その徳は天の広大さと等しい。
 「坤」の限りない包容力によって万物すべてが伸び栄える。
 「坤」の道は、従順に、堅くわが道を守ること。人に従って目的に達するのだ。
 良い友人に恵まれる。同類に背を向ける時は、友を失うも、よりどころが得られる。
 
 というものです。
 
 「坤」の卦が出た時は、一般的には隠忍自重が良い結果をもたらします。また、先生について勉強をするとか、上司の指示に従って働くということについては、良い運勢です。決断をするようなことには向いていません。「柔」ですから、「優柔不断」で決められないと見るのです。
 仕事運等について言えば、リーダーシップをとるよりは、リーダーを支えて裏方に回る方が良い。
 また、この卦には「西南に朋を得るに利あり……」という占いの言葉があります。これには、「友人と仲良くするのが良い。一方、友人に背を向ければ、配偶者に出会える」であるとか、「簡単なほうを選ぶのも良い。難しい方を選ぶと、孤独になるが結果は出る。これも良い。」とか、「西南方向に移動するなら、大勢で行く方がいいが、東北方向へ行くならば、一人がいい」などのいろいろな意味があり、何か思い当たるところがある場合には参考にできると考えられます。
 恋愛・結婚運で言えば、まとまりにくいとされます。良縁の場合は孤独で困難なものになると考えられています。また、注意すべきこととして、「坤」の場合は、人にだまされるおそれ、という問題があります。
 
 
 
 以上のような「蹇」「坤」の卦を踏まえて、ポテ丸さんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、ご相談内容を考え合わせ、変化として解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 「離婚、新たな男性とのお付き合い」は、ともに「踏みとどまったほうが良さそうだ」と見立てます。
 「やり過ごせば落ち着いた日々に戻れそうだけれど、踏み込むと取り返しがつかない」といったイメージかと、見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「蹇、坤へゆく」です。
 
 現在の運気を示す「蹇」は、「四難卦」とされています。「厳しい運気の四天王」といった意味あいです。
 もっとも、厳しいながらも、どうにもならないというような運気ではありません。
 専門的な話になりますが、「蹇」(と「屯」)は、「中正」が二本あるため、運気がめちゃくちゃに乱れているというわけではないということ。また、卦の性格が分かりやすく、対策が非常にはっきりしているということ。それらの理由により、「四難」の残りの二つである「習坎」や「困」ほどは厳しくありません。四難卦ではないものの非常に悪い運気とされる、「否」や「明夷」ほど厳しくもないのです。
 「蹇」は、「足に障碍がある」という意味です。また、登山をしているようなイメージです。
 足に障碍がある、あるいは足が疲れ切っているような状態で、山中にある。下には大きな川が流れている。「危険が予想される」という状態ですから、「そちらの方へ進んではいけない」、あるいは「疲れをとるべく、しばらく休息するのが良い」、「動くのであれば、無理をせずゆっくりと」と、という心構えが必要となります。
 「にっちもさっちもいかない」「何をどうすればいいかさえ分からない」というような厳しさはない、ということです。「危険だと分かっている」のだから、「留まる」「控える」「休息する」ようにすれば良いのです。
 
 このような「蹇」が、やがて「坤」へと変化していくと解釈されます。
 「坤」は、「母なる大地」を象徴します。どこまでも広く平らにつづく大地です。そうしたイメージから、「受容性、柔軟さ、分厚く鈍重、動きが少ない…」といった性質がイメージされる運気です。
 
 
 2つの卦を考え合わせると、
 「『進む』ことはお勧めできず、『留まる』のが良さそうだ。そうすれば、やがて平和な日々が帰ってくる」というイメージであろうと、見立てます。
 
 
 「蹇」の卦が得られた今回の場合、「大きな決断をして先に進む」ことはお勧めできないとされます。
 「確かに現状は苦しいかも知れない。だからと言って動くと、その先にあるのは危険な崖」的なイメージなのです。
 苦しくとも、「じっと留まる、引き返す」ことが吉とされます。
 
 お子さんの問題を含め、離婚されるとなると、やはり経済的問題がどうしても大きいかと。
 少なくとも、しっかりした見通しが立つまでは、やはり離婚は危険ではないかと感じられるのです。
 
 また、ご主人についても、やがて「坤」……すなわち、「落ち着く」のではないかと。
 「坤」は、地味な運気です。劇的な改善は、期待できないかもしれません。
 しかし、人が大地からの重力に逆らえぬように、「じっと、重たく、縛り付ける」ようなことは可能であり、そのような意味で「落ち着いてくる」のではないかと見立てます。
 
 
 「既婚者と知りながら思いを伝えてきた男性が現れた」とのお話、やはりときめいてしまいますよね。
 ただ、これは古来、洋の東西を問わず、言われていることなのですけれども。
 「人妻だというだけで、魅力が増す」であるとか、何とか。
 さらに言いますと、「人妻でなくなると、魅力に感じなくなる」男性、存在します。
 「他人の奥さんであれば、なびいてくれるのは嬉しいけれど。自分の奥さんとして考えるとき、それはどうなんだろう」的な感情が、湧き起るものである……とも言われています。
  
 「男の身勝手」と指弾されてしまえば、何も言い返せないところではありますけれど。
 
 
 「常にそのような結果になるというわけでは、ない」かとも、思います。
 しかし、今回得られた卦が「蹇」、「踏みとどまり、引き返すのが吉」という運勢ですので。好ましからざる結果になるおそれも、あるのではないかと。
 決断される前には、いちおう、「良くない方向に転がる可能性」をも意識されておくことがお勧めになるのではないかと、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加