<無料占い> ママ友関係。 ぐでたまさんより。

 
 
 今回は、ぐでたまさんからの、「ママ友関係がうまくいっていません。今後どうなっていき、どうすればいいですか?」とのご相談です。
 
 
 得られた卦は、「同人(天火同人)」です。最上図をご参照ください。
 
 「同人」は、「同人誌」の語源となった卦です。同士を広く求めて実行すればうまくいく、という運勢です。
 
 「同人(天火同人)」は、常に高い所にある天と、常に高みを目指そうとする火を組合わせたかたちであり、両者は親しい関係にあると考えられています。
 それを表すものとして、「同人は親しむなり」という言葉が示されています。
 
「同人」の占いの言葉は、
 
 広く同士を集める。
 そうしてたくましい実行力を持てば、難事業でも成功する。  
 知性(火)と実行力(天)が合わさっているのだ。
 
というものです。
 
 「同人」の卦は、ほかの人と一緒に行動すること。心を一つにすること。心を一つにするからには、その目標は不正であってはならないこと。そして、「実行する」こと。等がポイントとされる運勢です。
 いかにも他の人と仲良くやっていそうな運勢ですが、卦の内部を見ると、実は人間関係がうまくいっていない、という運気が見て取れる運気です。それだからこそ、逆に、協力することの重要性を説いた運勢であるということもできるのです。
 
 
 
 以上のような「同人」の卦を踏まえて、ぐでたまさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 「外に目を向ける」という発想が、お勧めになるかもしれません。
 いまあるママ友関係の外で、ママ友を作る。「抜ける」というのではなくて、「交流の場を、2つ3つと持っておく。それを重ね合わせる」という発想はいかがかと。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「同人」です。
 「同人」は、まさに「同人活動」「同人誌」のイメージです。「同じ志を持った人が何人も集まって、みんなで協力して一つの方向に進んでいく」というイメージの運気です。「二人の協力関係」である「比」とは異なります。周囲のみんなを巻き込むように活動するのに向いた運気です。
 内部に対立をはらんでいるという性質を持つこともありますが、「協力して前へ進む」という運気ですので、人間関係に関しては、一般的に吉であると言えます。 
 また、「同人」と言いますと、「内向き、仲間内」的なイメージを想像されるかもしれませんが、実際には少しニュアンスが異なります。
 「地縁・血縁といったムラ社会的な繋がりで固まらずに、外に仲間を探しに行こう」というのが、「同人」の本質です。
 
 
 「ママ友」という人間関係は、本質的には「同人」と相性が良いところがあります。
 堅い表現をするならば、「子供(たち)のより良い成長のために協力し合い、情報を交換する集い」ということで、「同じ目的を持った仲間」だからです。
 
 しかし、もしその人間関係が固定化され、風通しが悪くなってしまっているならば。
 「同人」の卦の本質に立ち返る発想が良いかもしれません。
 「外に目を向け、それ以外の人間関係に活路を見出す」という方向性がお勧めになるかと感じられました。
 
 何も、「いまの人間関係を完全に断ち切る、仲間から抜ける」ということではなく。
 「疲れない人間関係」、「抜け穴」、「避難所」……を作っておくのは、いかがでしょう。
 そして、複数の「人間関係」や「交流の場」を重ね合わせるところまで持ち込めれば、「うまくいっていない」人間関係が相対化される……あるいは、「そのことの重みが、小さくなる」かと。
 例えば、ですが。「3人の中で仲間はずれになったとしても、自分で仲間を集めてグループのメンバーを10人にしてしまえば、8対2に持ち込める」的な発想です。そこまで行かなくとも、「1人増やせれば2対2」ですし。
 あるいは、「逃げ込むことのできる、別のグループを作る」だけでも、「ママ友づきあいのストレスを軽減し、神経をすり減らさずに付き合えるようになる」という効果が期待できるのではないかと。
 
 「同人」の卦から、そのように見立てました。
 参考になるところがありましたならば、幸いに存じます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加