<無料占い> 大学生の息子のことで。 sayaさんより。

 
 
 今回は、sayaさん(女性・50代)からのご相談です。「息子はいま、薬学部の5年生です。親元を離れ一人暮らしをし、これまで何度か留年しています。最近、担当の教授から電話があり、大学になかなか行っていないことを知りました。息子に電話で聞いたところ、やはりあまり行っていないようですが、必修は出席しているようで、卒業する気はあるとのこと。少し安心しました。とはいえ、学校に行かずに卒業できるわけはありませんので、ここは何とか真面目に行って欲しいと思い、ついつい毎日のように電話やメールで問い詰めてしまいます。どうかアドバイスをお願いします!」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「損(山沢損)」です。最上図をご参照ください。
 
 
 「損」というと、なんだか悪い卦のように見えます。
 しかし、これは現代風にいうならば、「ボランティア」に近い意味です。
 「損して得取れ」ということわざと絡めて説明されることもあります。
 
 山のふもとに沢があるかたちです。
 沢が深い(低い)ほど、その分、相対的に山は高くなります。
 
 「損」の占いの言葉は、
 
 自らを下の立場に置き、上の人に奉仕する。
 欲望を抑えて、高い理想を目指す。
 誠意をもって、自ら他者のためにほねおりをすれば大吉である。
 
 というものです。
 
 「損」の卦が出た時は、出費や損耗、あるいはほねおりの多い時期と言えます。しかし、「損して得取れ」。後で好転する兆しが見える、そのような運気と言えます。
 仕事でも同様で、苦労や損失の多い時期です。
 人間関係について言えば、こちらが一歩引き、相手を認めるのがよいでしょう。
 
 
 
 以上のような「損」の卦を踏まえて、sayaさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 今の方向性、間違っていないかと見立てました。
 少し「ほねおり」をする必要がありそうです。
 一度、成績表等を確認し、「あと何単位で卒業できるのか、どの単位を取る必要があるか」等をチェックすることがお勧めかと。
 たまに息子さんの下宿に出向く等も、されて良いかと見立てます。メールや電話も、着信拒否されない程度に、できるだけ入れて良いかと。
 「おとななのに、情け無い」とお考えになるかもしれませんけれど……あと一年のことでもありますので。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「損」です。
 「損」の卦は、現代的に表現するならば「ボランティア」です。何かと「しんどい努力が必要になる」とされる時期を象徴します。
 また、「相手次第」という部分もありますので、やはりなかなか大変なイメージもあります。
 自分から行動していく必要がある運気であり、また、自分ひとりの利益を考えていくにはあまり向きません。「急がば回れ」「損して得取れ」的な動き方が要求されるような運気です。
 
 ……という、「損」に関する一般的な説明が、そのまま当てはまるようなケースかと見立てました。
 少し「ほねおり」をする必要がありそうです。
 メールや電話をされているという今の方向性、間違っていないかと見立てます。
 
 上にも書いたところではありますけれど。
 小学生や中学生のように、成績表の確認から、かと。
 成績の良し悪しではなくて、「単位を取っているかどうか」です。
 
 お金も時間もかかりますけれど、たまに息子さんの下宿に出向く等も、されて良いかと見立てます。
 あと一年のことでもありますので。ここは少し、「しんどいフォロー」をすべき時かもしれません。
 
 「自主性に任せる」ことは、今は少し控えるほうが良いかもしれません。
 「おとななのに、情け無い」とお考えになるかもしれませんけれど。生活習慣の変更は、環境が変わらない限り、おとなでもなかなか難しいものがあると思うのです。
 少し、過干渉気味に。管理をしてしまう。そういう発想で良いのではないかと。
 着信拒否をされない程度に、連絡を密に。今の方向性は、間違っていないと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加