<無料占い> 独身か既婚か。 小林さんより。

 
 
 今回は、小林さんからの、「好きな人が独身か既婚か、彼女がいるかどうか、占っていただきたいです。彼はシングルと言っていますが、秘密めいた人なので、もやもやします。」とのご相談です。
 
 
 得られた卦は、「観(風地観)」です。最上図をご参照ください。
 
 「観」は、字の通り、「観察する」ことを意味します。
 
 「臨」のように、上からリーダーシップをとって、ある意味にらみを利かせる、そういうものとは異なり、「一歩引いて、主導権を相手に渡して、静かに観察する」のがよい、とされる卦です。
 
 「観」は、上が風・下が地をあらわします。そのため、地上から吹きわたる風を見るように、あるいは、風が地面のほこりを吹き払った後のように、物事をよく見るのがよい、というかたちを示しています。
 
 「観」の占いの言葉は、
 「観」とは、見ることである。
 柔和(地)にして謙虚(風)な心によってすべてを見るのだ。
 よく見ることによってのっとるべき法則を見出し、それに従って行動するとよい。
というものです。
 
 「観」の卦は、専門的になりますが、「中正」という状態が二つあるので、おおまかに言えば悪くない運勢です。
 また、観察する、静かに様子見をするのがよい、という運勢ですので、一般に、ものごとの精神的な側面については吉とされます。ですから、教育や研究、文筆活動には良い運勢と言えます。一方、物質的な側面、利益を上げようとか、販路を拡大しようという面については凶と見ます。ここでとどまっておかないと、「剥」(ひきずりおろされる)に運気が変化しかねないからです。
 
 
 
 以上のような「観」の卦を踏まえて、小林さんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 「いない」かと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた「観」は、まさに「観察」です。一歩引いて、物事を冷静に判断するのに向いています。
 一歩引いて、少し周りを眺めてみる。自分を振り返ってみる。その方が結果につながりやすい、「急がば回れ」的なところがあります。
 
 恋愛面についても、静かな運気とされます。
 情熱的な、「盛り上がり」はあまりないような恋愛。悪くはないのですけれど、そうした点に不満が出るかもしれないというイメージです。
 
 (やや専門的な話となるのですが、二爻が「陰」で五爻が「陽」という)理想的な関係性を内包していますので、「相性」的なものについては、「良い」と言われる卦です。
 その観点からは、やはり彼には特定の女性はいないのではないかと。
 ただ、「観」の静かさからすると、「彼は、そもそも恋愛にあまり乗り気でない」的なことがあるかもしれないと、感じました。
 
 ……と、書いてきましたけれど。
 私は「あてもの」を志向しておりません。
 したがいまして、上記はまさに「当たるも八卦、当たらぬも八卦」。
 「直接に顔を合わせ、熱心に観察されている小林さんがお感じになっている印象に勝るものはない」と思うのです。
 ご自身の判断に自信を持って、一歩を踏み出すことが一番ではないかと。そのように、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加