<無料占い> 来年度の運勢。 ラキたまさんより。

 
 
 今回は、ラキたまさん(30代・女性)からのご相談です。「今年はいろいろと精神的にキツイ一年でした。来年はどんな年になりますでしょうか?特に人間関係と恋愛面が知りたいです。人間関係は、周りから嫌われたり嫌がらせをされたりで浮いています。周りから受け入れられるにはどうしたら良いでしょう。恋愛面は、出会いも好きな人もいません。どこに出会いがあるか等、教えてください。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「大壮(雷天大壮)」です。最上図をご参照ください。
 
 「大壮」は、「おおいにさかんである」と訓読みします。陽気で騒がしい様子を示します。明るいのは良いのですが、やや中身が伴っていない、という運気です。
 
 「大壮(雷天大壮)」は、上が雷、下が天というかたちです。雷鳴が天上にとどろいている、まさに壮大な様子です。「このような時は、礼に外れた行いはしないものだ」という占いの言葉が示されています。
 
 「大壮」の占いの言葉は、
 
 大いなる陽の気が盛んである。
 盛んに活動しているのだ。
 正しく活動してこそ順調にすすむ。
 
 というものです。
 
 「大壮」は、陽気で騒がしく、活動的な運気を示しています。悪い運気ではありません。ただし、調子に乗りすぎないように注意、という運勢です。
 「大壮」は、冒頭の説明がわずかふた文字(「利貞」)という、やや珍しい卦ですが、それもこのことを表しています。
 「利貞」は、「正しくしていれば良い」というような意味です。勢いが盛んなので、脇道にそれたり、誰かに引きずられたり、調子に乗りすぎたり、悪事に走ったり、そういうことだけ気をつけましょう。
 アクセルばかりではなくブレーキも忘れずに、そんな運勢です。
 
 
 
 以上のような「大壮」の卦を踏まえて、ラキたまさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 「大きな心配はいらない一年」かと、見立てます。
 人間関係については、「気を回しすぎない」こと、「裏表無く振舞う」ことなどが、お勧めになるかもしれません。 
 恋愛については、「とにかく、動く」ことかと感じられます。「人のいるところに出かける、積極的に話しかける」。「考えるまえに行動する」ことが大切になりそうです。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「大壮」です。
 「大壮」は、「素早い動き」を象徴する「雷」と、「継続して動き続ける」ことを象徴する「天」とで構成されています。
 そのため、非常に積極的で能動的。また、「陽気で騒がしい」という性質を持ちます。勢いの強い、良い運気です。しかし、なかなか中身が伴ってこないという性質、勢いが良いぶんだけ細やかさに欠ける(がさつ)という問題点があります。
 この「大壮」の卦が得られた時の心構えは二つあります。ひとつは、「正しくあること」です。もう一つは、「勢いに乗ること(ただし、調子に乗り過ぎないこと)」となります。
 
 「大壮」は、勢いの良い運勢です。 
 「自然にしていれば、それで良い」という運勢ですので、「大きな心配はいらない一年」かと、見立てます。
 
 人間関係については、「あるがままに」です。
 「気を回しすぎない」ことが一番大切になりそうです。「嫌われている」ということを、「そもそも意識しない」ような方向性がお勧めかと感じられます。
 人と接する時も、「考えすぎない」「深読みしない」「裏表無く振舞う」ことなどが、お勧めになるかと見立てます。
 
 恋愛については、「行動あるのみ」という運勢かと。
 「どこに行けば……」というご相談に対して答えるならば、「ラキたまさんが思いつく限りの、男性が多いところ」かと申し上げます。
 「周囲に男性がいない、出会いが無い」としても。生活圏内には必ず、「男性がいるところ、集まるところ」が存在するのではないでしょうか。
 「そこに、実際に出向く」こと。そして、「積極的に、話しかける」こと。そうした動き方が、お勧めになるかと見立てます。
 
 全体的に、「考えすぎない」こと、「その前に行動する」こと。
 そうした方向性がお勧めになるかと見立てます。
 得られた卦が「大壮」であることからしますと、「大きな心配はいらない一年」になるかと感じられますので。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加