<無料占い> 元彼との復縁。 やひろかんさんより。

 
 
 今回は、やひろかんさんからの、「元彼と復縁したいです。彼の私への気持ちと、どうすれば復縁できるかを教えてください。」とのご相談です。
 
 
 「教える」ところにまでは、到底至らないかと存じますけれど。この記事に、参考になるところがあれば幸いに存じます。
 
 
 得られた卦は、「需之革」(需、革へゆく)です。
 
 
 まずは「需(水天需)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「需」は、「待つ」という意味です。
 それも、準備万端を整えた上で、積極的に、期待して待つというものです。
 たとえて言えば、100メートル走で、「位置について、よーい」で腰を上げている状態。
 後は「ドン」が来るのを待つばかり、そのようなイメージです。
 
 卦のかたちでいうと、天の上に雲がもくもくと上がっている状態。
 後は雨が降るのをまつばかり、そういうイメージです。
 
 この「需」の占いの言葉は、
 誠意をもって、じっと待機せよ。そうすれば大成功するであろう。
 あせらずさわがず、はらごしらえするというぐらいの余裕を持て。
 というものです。
 
 「需」の卦が出た時は、いかにも行けそうな状況が整っているという運気です。
 そこをこらえてタイミングを見計らうのが重要、フライングだけはしないように、そういう運勢です。
 (「需」の卦が単独で出た場合に)ポイントとなるのは、下から五本目の実線です。この線は、非常に良い位置に、良い状態で存在しているものですから、じっと待ってタイミングを合わせればうまくいくと考えられるのです。ただし、下から数えて五本目…チャンスまではなかなか遠い、というイメージも含まれているわけです。
 人間関係を見る場合、相手側に聞き入れる気分がないという運気です。やはりしばらく時機を待つのが良いとされています。また、誠実な人であるのに、どうもタイミングが良くない、そのように考えられる運気です。こちらから動いてもうまくいかない運気です。
 恋愛・結婚運としても良くありません。こちらは乗り気であり、話をまとめたいが、相手側が乗り気ではない、という運勢であると考えられています。
 
 
 
 次に、「革(沢火革)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「革」は、「あらためる」と訓読みします。「革命」「変革」の意味です。
 
 「革(沢火革)」は、上が沢、下が火というかたちです。水と火が争っているので、その争いを解決するべき時であることを示しています。「改革の際には時期を定めよ」という言葉があります。
 
「革」の占いの言葉は、
 
十分時期が熟してから行うべきだ。
水と火が攻め合う、二人の女性がいがみあう形を、喜びに変えるのが「革」だ。
「革」が必然的に行われたなら、未来は開ける
革命には、時機を見定めることが重要である。
 
というものです。
 
 「革」は、上は沢・下は火というかたちですが、沢は「若い女性」、火は「沢よりは年長の女性」をも意味します。火と水、同居している女性同士、そういった争い・矛盾を解決するために「改革」「革命」が必要だ、そういう運気です。
 何事にも意識改革、これまでのやりかたを改めるべきこと、行動も考え方も積極的であるべきで、ただし時機は充分に見計らって行うべきことを示しています。
 仕事運についても、「革」ですから、今までのやり方を変えるには良い運気です。業種転換・配置転換・取引先を変える…といったことについては、大体において良い運勢と見ることができます。
 恋愛運については、特に男性については、あまり良くないと言われています。ただ、「関係が新たな局面を迎える」という意味ですので、場合ごとに検討が必要であると言えると思います。
 
 
 
 以上のような「需」「革」の卦を踏まえて、やひろかんさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、主に卦の性質から、内包として解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 現状、彼はあまり乗り気では無いかと見立てます。
 「タイミングを計る」こと、「考え方を変える」こと。その2つがお勧めになるかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「需、革へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「需」は、「待つ」という意味です。それも、「できる限りの準備は整えて、いつでも動ける状態にしておきつつも、気持だけは焦らず落ち着くようにして待つ」という意味です。
 たとえるならば、「田んぼに雨が欲しい。西の空には分厚い雨雲が見える。でもまだこっちには来ていない。」そのようなイメージでもあります。非常に気持ちがジリジリしますが、ここは一つ、落ち着くことが必要となります。フライング・暴発だけはいけません。
 
 人間関係で言いますと、彼が「水」でやひろかんさんが「天」です。
 「水」は、「冷静、慎重、沈思黙考」などを象徴します。
 これに対して「天」には、「積極性、行動的」と言った性質もありますが、「空回り」という性質があります。
 
 したがいまして、「現状、彼はあまり乗り気では無い」かと。
 「需」の卦からしますと、今は「待ち」。
 タイミングを計ることが、お勧めになるかと見立てます。
 
 
 「タイミングを計る間、何をすべきか」という点についてのヒントが、内在されている「革」に示されていると解釈されます。
 
 「革」は、まさに「革命」です。
 これまでのやり方が限界に来ているので、それを改めていくことが求められる、という運気です。
 なお、「革」は、改めると言っても、「新たに作る」よりは「古いものを捨てる」というイメージの方が強く現れます。
 
 したがいまして、もう一つのポイントは、「考え方を変える」ことかと感じられました。
 
 「考え方を、どう変えるか」ですけれど。
 「一度別れた」ということは、「そのままでは、お互いにどうもしっくり来ない部分ばかりが思い出される」・「そのままでは、またうまく行かなくなる」ということではないかと思うのです。
 
 これは、私の個人的な考えに過ぎないのですけれども……。
 「復縁」とは、「元に戻る」ことではなくて、「もう一度恋をする」ということではないかと。
 「今の自分のまま、元に戻ろう」とするよりは、彼が「恋に落ちる」ような女性に、「変わる(革)」という発想は、いかがかと。
 
 そのためには、「元彼だけを見る」姿勢も含めて、考え直す(「革」)ことがお勧めになるかもしれないと感じられます。
 「他の男性も含め、ゼロから、フラットな視点で、恋や出会いを求めていく」ことで、「魅力的な女性になる」という発想も、必要かと感じられるのです。
 多少は時間がかかる(「需」)としても、「今のまま、執着したまま」でいるよりは、可能性が高まるのではないかと。
 そのように、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加