<無料占い> 社内恋愛。 ブルームーンさんより。

 
 
 今回は、ブルームーンさん(女性・40代)からのご相談です。「いま、すごく気になる男性がいます。上司で、お互いにバツがついている独身同士です。飲み会で私に好意があることを遠まわしに本人から聞いて以来、気になる存在になりました。しかし相手も立場上ハッキリしない態度で、仕事上しょうがないですが、キツイ態度をするかと思うと、2人きりではとても楽しそうに話したりします。私としては妙な感じで、なんだかハッキリしない状態にモヤモヤイライラします。いったい私のことをどう考えているのか、このままどのように接していけばいいのか、社内恋愛なので気持ちを封印したほうが良いでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「観(風地観)」です。最上図をご参照ください。
 
 「観」は、字の通り、「観察する」ことを意味します。
 
 「臨」のように、上からリーダーシップをとって、ある意味にらみを利かせる、そういうものとは異なり、「一歩引いて、主導権を相手に渡して、静かに観察する」のがよい、とされる卦です。
 
 「観」は、上が風・下が地をあらわします。そのため、地上から吹きわたる風を見るように、あるいは、風が地面のほこりを吹き払った後のように、物事をよく見るのがよい、というかたちを示しています。
 
 「観」の占いの言葉は、
 「観」とは、見ることである。
 柔和(地)にして謙虚(風)な心によってすべてを見るのだ。
 よく見ることによってのっとるべき法則を見出し、それに従って行動するとよい。
というものです。
 
 「観」の卦は、専門的になりますが、「中正」という状態が二つあるので、おおまかに言えば悪くない運勢です。
 また、観察する、静かに様子見をするのがよい、という運勢ですので、一般に、ものごとの精神的な側面については吉とされます。ですから、教育や研究、文筆活動には良い運勢と言えます。一方、物質的な側面、利益を上げようとか、販路を拡大しようという面については凶と見ます。ここでとどまっておかないと、「剥」(ひきずりおろされる)に運気が変化しかねないからです。
 
 
 
 以上のような「観」の卦を踏まえて、ブルームーンさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 悪くは無いのですが、「こちらから動く」のではなく、まずは「様子を観察すること」、そして、「受け入れる態度を見せること」がお勧めになるかと感じられます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「観」です。
 「観」は、まさに「観察」です。一歩引いて、物事を冷静に判断するのに向いています。
 一歩引いて、少し周りを眺めてみる。自分を振り返ってみる。その方が結果につながりやすい、「急がば回れ」的なところがあります。
 恋愛面についても、静かな運気とされます。
 
 通常であれば、「やや発展しにくい恋愛」かとも思われるのですが、お話を聞いたところでは、そうばかりとは言えないかと。
 彼が「風」でブルームーンさんが「地」であることからしまして、「彼は揺れ動いている」、「ブルームーンさんは受け身である」という関係性かと。
 
 したがいまして。
 「こちらから動く」のではなく、彼から動くように持って行く。
 ハッキリしなくとも、イライラせずに、ゆったりと構える。
 その中で、動きを「こちらに寄せる」。
 といった発想が、お勧めになるかと見立てます。可能性はあるかと、感じます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加