<無料占い> 人間関係がうまくいかないです。 虹の夢さんより。

 
 
 今回は、虹の夢さんからのご相談です。「人間関係がうまくいきません。私はみんなと仲良くやっていきたいのに、衝突ばかり。みんなから嫌われてます。私はどうしてこんなにみんなとうまくやっていけないのか、私のどこが悪いのか、これからどうなっていくか、アドバイス下さい。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「遯(天山遯)」です。「とん」と読みます。最上図をご参照ください。
 
 
 「遯」は、「のがれる」と訓読みします。この卦が出た時は、細かい解釈はいろいろありますが、全体としてはただ一言、「逃げるべきだ」「引退しなさい」という運勢です。
 
 「遯(天山遯)」は、天に対して山が下から迫っている、というかたちです。天は陽なるもの、山は陰なるもの、どれほど近づかれても一線を引くべきであることから、「立派な人間はつまらない者を近づけないものだ」という言葉が示されています。
 
「遯」の占いの言葉は、
 
 逃れ隠れてこそ道が開ける。
 時勢に従って行動しよう。
 つまらない人間が勢いを得ているのだから、大事を行ってもうまくいかない。
 時勢との関係から見て、遯の意義は大きい。
 
というものです。
 
 「遯」の卦が出た時の運勢は、ただ一言。「逃げるべし」です。
 正しい意見や正論が通りにくい時期です。
 陽が消えて陰が増えていく、何となく暗い雰囲気の時です。
 事業の拡張、新装開店、そのようなことは手控えた方がよいと言われています。
 
 やや専門的な話になりますが、この卦は、「姤」→「遯」→「否」という流れの中にある運気と考えられています。
 「姤」は突発的な事象、それもあまりよくない事象との「邂逅(であい)」です。それが原因となって、運気に陰りが見えるのであれば「遯」、逃げるべきであって、そうしないと「否」、八方塞がりになってしまう。
 昔の王朝時代ならば、逃げなければ命にかかわる運勢、現代の会社経営等で言うならば、逃げる(事業を見送る)ことをしなければ倒産の危機までありうる運勢である、と考えられてきました。
 見栄や外聞、義理人情を気にしている場合ではない、とされます。
 
 
 
 以上のような「遯」の卦を踏まえて、虹の夢さんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 上の説明では、危険性を強調しすぎたきらいがあるかもしれません。
 「一歩引く」イメージをもたれては、いかがでしょう。「よし、ここで出るぞ!」と思った時に、他の人に出番を譲り、自分はその後ろからついていくような動き方です。
 またあるいは、卦そのままに、「逃げる」……と言いますか、「友人関係を見直す」といった発想も、お勧めになるかもしれません。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「遯」です。
 「遯」は、「逃げろ!」という意味です。イメージとしては、津波や馬賊の襲来です。
 いろいろと、「言いたいこと・やりたいこと」、「心残り」、「人情・外聞」などがあるかもしれませんが、そんなことを考慮している場面ではありません。逃げなくてはなりません。そのような運勢です。
 
 ……と言った、イメージからしますと。
 「合わない人とは、どうしたって合いませんから、『逃げる』ことを考えてみてはいかがでしょう?」というのも、ひとつの発想です。
 虹の夢さんが悪いわけでは無いのです。単に、周りとの相性が悪いだけ。
 で、あるならば、「いまの人間関係から離れて、べつの仲間達とやっていく」ことも、決して悪い選択ではない。
 そのように、見立てます。
 
 とは言え、お仕事等の人間関係で、「逃げる」というわけにもいかない……ということでいらっしゃるならば。
 「一歩引く」という発想が、お勧めになるかもしれません。
 「仲良くしよう、仲良くしなきゃ、ここで動いていかないと……」という発想ではなく、「お友達に一歩を譲る」。
 悪く言えば、「お友達を前に立たせて、風除けに使う」ような発想です。
 「先頭に立ってしまうから、風当たりが強い」というケースかもしれないと感じられました。
 
 また、あまり自分をお責めにならない方が良いかもしれません。
 「現実『逃避』」では、ありませんけれども。全てを自分の責任として背負い込む必要は、ないと感じられました。
 ギチギチに追い込んでしまうよりも、どこかで「抜け」「遊び」を作っておくと、人間関係を回す「余裕」や「スキマ」ができるのではないかと。
 そのように、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
このエントリーをはてなブックマークに追加