<無料占い> 今年の運勢。 さよこさんより。

 
 
 今回は、さよこさん(女性・50代)からの、「この数年、家族の間がごたごたして落ち着かない毎日でした。夫と子供達と平凡に過ごしたいというつつましい願いは、今年はかなうのでしょうか。」とのご相談です。
 
 
 得られた卦は、「漸(風山漸)」です。最上図をご参照ください。
 
 「漸(風山漸)」は、山の上に木があるかたちを示しています。
 山の頂上に生えている木は、地上から見ていると気づけないのですが、実は陽の光を浴びて着実に成長しているものです。「自分の徳を固く守り、周りにもだんだんと好影響を与えよう」という言葉が示されています。
 
 「漸」の占いの言葉は、
 
 女子の婚姻に吉。
 順序正しく、正道を進めば、国家全体を正しくすることさえ可能なのだ。
 とどまるべき時にとどまり(山)、時勢に従う(風)。それゆえ行き詰まることはない。
 
 というものです。
 
 「漸」は、全体として、急激な成長は望めないが、着実な進歩は期待できる、という運勢を示しています。
 これまでは行き詰まっていた、あるいは行き詰まっているかのように進展が見えなかった事業・苦労がだんだんに実を結ぶという結果になることが予想されます。
 何事につけ、手順を踏むのが良いとされる運気です。
 金運・仕事運も同様です。だんだんに良くなってくるという運気です。
 また、「女子の婚姻に吉」という占いの言葉通り、特に女性側から見た場合の結婚運としては、良い運気であるということができます。
 
 
 
 以上のような「漸」の卦を踏まえて、さよこさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 こうした問題についての運勢としては、「かなり良い」卦が得られました。
 「ひとつひとつ、少しずつ、取り組むと良い。自然に解決していくであろう」というイメージです。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「漸」です。
 「漸」のイメージは、「山の頂上に生えている木」です。山の頂上に生えている木は、地上から見上げていると、高いのだか低いのだか、伸びているのだかいないのだか、よくわからないところがあります。しかし、実際にはさんさんと日を浴びて、すくすくと育っているものです。
 これと同様に、「どうも実感としては良く分からないながらも、現実には着実に運気が上昇している」。それが、「漸」です。上昇のペースは非常にゆっくりしていますが、ゆっくりである分だけ堅実で、転んでしまうようなことはありません。気づきにくいのですが、これはなかなか得られない貴重なものです。無理をして今の状態を壊してしまうことだけは避けなければいけません。階段を一歩一歩登っていくように、「物事を段階的に・順々に・一つずつ、片づけていくと良い」という運勢です。
 
 「急上昇」は、望めない運勢とされます。
 しかし、「少しずつでも、上昇していることは確か」であり、「大コケはしない」とされる運勢です。
 
 「上を見上げると、ため息が出てしまうけれど、足元を見つめて進んでいると、いつの間にやら高みに到達している」的なイメージとされます。
 「高望みをせず、小さな幸せを見つめましょう」とも言い換えられるかもしれません。
 この表現は、軽々しく口にしますと、「ごまかし(自己欺瞞)」のようになってしまうところもありますので、あまり好きではないのですけれど。
 こと「漸」の卦が得られた場合には、そうした発想が、ある程度はあてはまるところがあります。
 
 「一気に上を見上げる、最終的な目標を意識する」ような動き方には、あまり適さないとされます。「先が長いため、疲れや諦め、愚痴が先に立ってしまう」ようなことに陥りがち。
 「小さな目標を、ひとつひとつクリアする」、「『達成できていない』と、いたずらに心を痛めるよりは、『先月は10%は達成した、今月は20%に至った……』と、考えて行く」ような発想がお勧めになるかと見立てます。
 
 「大きな目標」というお話ではなく、「つつましい願い」であると伺いました。
 「漸」は、そうした願いを達成するには、「かなり良い」、あるいは「最高」とすら言える卦です。可能性は、十分にあるかと見立てます。
 結果のみならず、過程においても、「つつましくても、進歩した」ことを肯定的にとらえる。小さな満足を、積み重ねていく。
 そうした意識が、あるいはお勧めになるかもしれません。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加