<無料占い> 人間関係について。 むっちゃんさんより。

 
 
 今回は、むっちゃんさん(女性・40代)からのご相談です。「お隣の奥様は、いつも人の悪口を言っていて、被害妄想のある方です。ひとのことをいちいち詮索してくるので、正直お付き合いがキツくなり、少し距離を置きました。すると、今度は悪口の対象が私になり、ありもしないことを噂されたり、ごみの日に出したごみをあさられたりしています。お隣の奥様とは、今後どう付き合っていけば良いでしょうか。この状況は今後変わることがあるのでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「姤(天風姤)」です。「こう」と読みます。最上図をご参照ください。
 
 「姤」は、「邂逅」の「逅」と同じで、「偶然・突然の出会い」という意味です。それも、大勢の男性を手玉に取るような、悪女的な女性との出会い、といったイメージです。(「いい女」とも言えるかもしれません。『ルパン三世』の峰不二子的なイメージと言ってよいかと思います。喩えが古いかもしれませんが。)
 
 「姤(天風姤)」は、天の下に風が吹き渡る、というかたちです。為政者は風のように政令を通達すべきである、という言葉が示されています。
 もっとも、「姤」については、「天」と「風」という他に、六本の線が「一陰五陽」になっている、というかたちに注目すべきとされています。
 全体が陽であったところに、下から一本の陰が入り込んできたというかたちは、多くの男性(陽)をうまく持ち上げ、手玉に取る女性(陰)というイメージである、ということです。
 
「姤」のうらないの言葉は、
 
 「姤」とは、遭遇することである。
 一本の柔が五本の剛に遭遇する。多くの男の中に忽然と一人の女が現れて、魅了する。
 このような女はしたたかもの。妻にすべきではない。長続きしないであろう。
 天地が遭遇すれば、万物がみな美しく育つ。
 「中正」であるリーダーに、剛強なものが出会えば、天下に道が行われる。
 「姤」の意義は重大である。
 
というものです。
 
 「姤」は「突然の出会い」。それも多くの場合、「あまり歓迎できない出会い」です。思いがけない災害やもらい事故に出会ったり、詐欺被害や株価の暴落にあってしまったり。そのような運気です。
 特に、陰が内側に入り込んでいるというかたちですので、うまい話をもって近づいてくる陰湿な人間に注意すべき、他人の口車には乗らないように、といった運気です。
 天の下に風が吹き廻る、どこまでも行くとも言えますが、どこに行くやらわからない、というかたちでもあります。いろいろ迷いが生じやすい時期と考えられます。このような時は基本に返って考えるのが良いと言われています。
 結婚運には良くありません。男性からすれば、女性がしたたかすぎて(あるいは肉食系過ぎて)心身ともに参ってしまう。女性からすると、「男性が多い」というかたちですから、落ち着けないという運気とされてきました。
 もっとも、現代の価値観からは少し考え方を変えるべきかもしれません。積極的に社会に出て、男性を相手に渡り合って経営等をこなす強い女性こそが良いと考えるのであれば、男性からすれば悪い結婚ではないと考えうるからです。
 
 ここまで、「姤」の悪いイメージを中心に述べてきましたが、「姤」にも良いところはあります。
 まず、たとえば、いわゆる客商売と言われる業種や芸能関係を占ってこの卦が出た場合には、魅力的な女性ということで、非常に良い運気といえます。
 さらに、そのような限定的な場面だけでもないのです。「姤」は、「偶然の出会い」。占いの言葉に、「万物がみな美しく育つ」とありますが、この「美しい」は、原文では「章」、つまり「あや」です。異質なものとの偶然の出会いが、思わぬ「あや」となり、運勢が動いて行く。そのような可能性をも含んだ卦でもあるのです。「『姤』の意義は重大である」といわれるゆえんです。
 
 
 
 以上のような「姤」の卦を踏まえて、むっちゃんさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 私から提案できる方向性は、2つあるかと感じられました。
 ひとつは、「その奥様を、ほめる」……と言いますか、「下手に出て、気分良くさせる」方向性です。
 もうひとつは、「ほどほどにつきあいつつ、その奥様以外との連携を強める」方向性です。
 いずれにせよ、その奥様については、「あしらう」・「真正面からの人付き合いをしない」という方向性ではないかと。そのように、見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「姤」です。
 「姤」」のイメージは、上でも申し上げましたように、「全体が陽であったところに、下から一本の陰が入り込んできたというかたち。多くの男性(陽)をうまく持ち上げ、手玉に取る女性(陰)というイメージ。」とされています。
 またあるいは、「邂逅」。つまり、「突然の出会い」です。
 少し言葉が悪いかも知れませんが、「悪女」ですね。「男性を手玉に取る女性」です。
 もう少し現代社会的に解釈しなおすならば、「積極的に、男性と対等に向かい合う女性」です。
 
 
 「下手に出て、転がす/コントロールする」という方向性を良しとする卦です。
 
 したがいまして、ひとつめの方向性としましては。
 「その奥様を、ほめる」……と言いますか、「下手に出て、気分良くさせる」のは、いかがかと。
 
 「今までも、そうしてきた。その結果、『つきあいがしんどく』なってきたんだけど……」というお気持ちでしょうか。
 私の提案は、「やり方は同じでも、もっと不誠実になってみては?」といった意味合いとなります。
 「あしらう」のであれば、あまりしんどさを感じなくてすむのではないでしょうか。
 
 もうひとつの提案は、「姤」の持つ、「多数を相手取っての立ち回り」というイメージからの方向性となります。
 「お隣の奥様ひとりを相手取る」のではなく、「ご近所その他『奥様がた』との付き合いの中に位置づける」のは、いかがかと。
 かりに悪口を言われても、他の奥様方に「またあの人がいい加減なことを言っているけれど、信用できない。むっちゃんさんの方が、信用できる。」と思ってもらえるように立ち回る……という、方向性です。
 
 
 2つの方向性とも、お隣とは、表面上はお付き合いをするけれど、「まともにはとらない」・「あしらう」というイメージです。
 
 品の無い発想かもしれません。
 「気分が悪い、耳の汚れである」と思われた場合には、捨て去っていただければ幸いに存じます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加