<無料占い> 結婚運。 酒・徹さん(イニシャルとさせていただきました)より。

 
 
 今回は、酒・徹さんからの「いつ出会えますか?」とのご相談です。
 
 
 得られた卦は、「震(震為雷)」です。最上図をご参照ください。
 
 「震」は震えること。雷鳴が震いわたっている状態です。恐ろしげだが音ばかり大きくて実害は少ない、というイメージです。
 
 「震(震為雷)」は、上下とも雷というかたちです。「おそろしいけれども用心しておけば大丈夫だ」、という言葉が記されています。
 
 「震」の占いの言葉は、
 
 震は、伸び栄える。
 雷がとどろいている時は恐ろしいが、過ぎ去れば笑顔になる。
 慎み恐れることが重要である。
 恐ろしいことがあっても、ろうばいしないような人間こそ、立派なのだ。
 
 というものです。
 
 「震」の卦は、「伸び栄える」、つまり、仕事等で発奮すると良いことがあるという運勢、サプライズ的な何かがあるという運勢ですが、同時に、音ばかり盛んで実がない、という運気でもあります。
 したがって、軽挙妄動は慎み、落ち着いて行動することが重要です。「悪い結果ではなかったのに、期待の方が大きすぎたせいでがっかりする」ようなこともないようにしたい運気です。
 逆に、問題や悩みがあった場合には、思ったよりも深刻ではなかった、ということもありうる運気と言えます。
 あわてず落ち着いて考えましょう。軽挙妄動はかえってダメージを深刻なものにしてしまいかねません。……と、言われてきた運勢です。が、本質的には活発なところに特徴があります。
 
 
 
 以上のような「震」の卦を踏まえて、運勢を判断します。
 
 
 結論です。
 
 ひとつの可能性として、「11月」かと。
 「積極的に、フットワーク軽く動く」ことがお勧めとなりそうです。
 
 
 
 今回得られた卦は、「震」です。
 「震」は、「雷」です。
 「雷」は、「積極性・能動性・素早い動き、大きな音」等を象徴します。悪く言えば、「騒がしさ、落ち着きの無さ」です。
 また、「震」のように、「上三本と下三本が同じかたちをしている卦」は、「二度あることは三度ある」的な運勢を象徴します。「雷」の性質とあわせますと、「失敗しても何度でも挑戦できる」というイメージになります。
 
 「震」の卦は、軽快な運気を象徴します。
 また、「失敗してもダメージが小さい、何度でも失敗できる」という性質もあります。
 「フットワーク軽く、積極的に動く」とチャンスが広がるのではないかと見立てます。
 
 以下は、「あてもの」に属しますけれども。
 「震」には「11月」の意味があります。
 したがいまして、11月にはひとつのチャンスがあるかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加