<無料占い> 結婚したい。 千夜さんより。

 
 
 今回は、千夜さん(女性・20代)の「結婚したいです。相手はしばらくいませんが、いつ幸せになれるか教えてください。」とのご相談です。
 
 
 「教える」までには至らないかとは、存じますけれど。
 ひとつの見立てを申し上げます。
 
 
 得られた卦は、「随之謙」(随、謙へゆく)です。
 
 
 まずは「随(沢雷随)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「随」は、「したがう」という意味です。何かに従ってゆくと良いことが多いという運勢です。しかし、運勢は自分で切り開くもの。何に従うべきかは、自分で主体的に判断しなければなりません。
 
 「随(沢雷随)」は、雷が沼沢の内側に入り込む、動的なエネルギー(雷)が衰えていく時期を示すかたちです。季節で言うならば秋。「時勢に従って休息すべき」という言葉が示されています。
 
 「随」の占いの言葉は、
 
 剛(雷)が柔(沢)にしたがっている形である。
 剛が動き、柔がそれを喜んで受け入れるのだ。
 このような道に従うならば、逆に人々も喜んで従ってくれるだろう。
 
 というものです。
 
 この卦は、時勢に従い、あるいは人に従うとよいことがある、という運気です。また、変化の時期を象徴し、その変化には積極的に従う(変革の動きに乗る)と良い、という運気です。
 ですから、転職や引っ越しにはよい運勢です。
 季節のイメージは秋と申し上げましたが、時勢に従って、無理をしないほうが良いという意味です。
 もっとも、雷は動的なエネルギーを象徴する卦でもありますので、完全に静養しおとなしくしているというよりは、力をためる充電期間、クマが冬ごもり前に活発に動き回るようなイメージです。
 また、「従う」のが良いのですから、たとえば無能な上司であっても、その指示等には逆らわない方が良いという時期です。自分が雷(動)であり、また能力があることを示唆する運気ですが、それでもあえて穏当に上司に従うことで、自分を含めた運気が開ける、そのような時期です。
 恋愛運について言えば悪くはないのですが、結婚運となると、やや安定していないきらいがあるため、あまり良いとは言えません。また、三角関係や、ストーカー問題などのおそれも考慮すべき運勢と考えられています。
 
 
 
 次に、「謙(地山謙)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「謙」は、「謙遜」、「へりくだる」ことを意味します。  
 自慢したくなる気持ちを抑えてへりくだるとよい、という運気です。  
 
 「謙(地山謙)」は、上が地、下が山というかたちを示しています。高い山が、低い所にある地の下に身を置くようにへりくだっているかたちです。  
 貧富の格差をなくすようにこころがけるとよい、という為政者向けの言葉が占いの言葉として示されています。
 
「謙」の占いの言葉は、
 
「謙」は、伸び栄える。  
驕慢を憎んで謙虚を好むのが人の道だ。   
謙遜ならば上にあって光り輝き、下にあっても侮られない。   
謙であれば終わりを全うできるのだ。  
 
というものです。
 
 この卦が出た時は、謙遜、へりくだる心を忘れないことが基本となります。  
 自分の我を張り、押し出していくのは慎んだ方が良い、という運勢です。  
 もっとも、「謙遜」は卑屈になるのとは違います。自分が大事だと考えることはしっかりと守りつつも、人間関係において相手を尊敬する気持ちを持つ、ということです。  
 結婚運については、「良縁であるがまとまりにくい」とされる運気です。あるいは、のちのち結婚につながるような出会いはすでにあるのだが、すぐに結婚に向かうような関係にはない、という運気です。  
 男性の場合は、女性関係に注意と言われる卦でもあります。
 
 
 
 以上のような「随」「謙」の卦を踏まえて、千夜さんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、卦の性質から、内包関係と解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 卦の性質からしますと、「現状、少し元気が無い状態ではあるが、可能性はある」というイメージなのですけれど。
 ふたつの卦とも、もう少し積極性を内包しているところがあります。
 「流れにうまく乗る」という発想がお勧めになるかと、見立てます。
 イメージとしては、「1、3、4、5」という数字があります。これが「ヶ月」か「年」か、というところはありますが、あまり悠長に捉えすぎない方が良いかもしれないと感じられました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「随、謙へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「随」は、少し元気がないような時期。
 何か「流れ」のようなものがある場合には、無理に逆らってしまうと、ますます元気を消耗してしまうようなところがあります。
 「流れがあるならば、乗って良し」という時期です。
 
 サブの運気を示す「謙」の卦は、まさに「謙遜」。「へりくだること」「相手を尊重する気持ち」を示します。
 上の説明でも、「自分の我を張り、押し出していくのは慎んだほうが良い」という表現を使っていますが、これだけではやや誤解を生むところもありうる表現ではあります。
 「謙」の卦については、注意事項として必ず申し上げなくてはならないポイントがあります。それは、「謙」は、「卑下」とは異なるということです。「自分を不当に貶めることで、相対的に相手を高い立場として扱う」ことは、「謙」ではありません。  
 相手を尊重するその前提として、自分も尊重する。自分にとって大事なこと・譲れないこと等を固く守るからこそ、相手の大事なものへの配慮もできる。それが「謙」です。
 また、「謙」の卦は、「今すぐ結果にはならないけれど、『後々結果として実を結ぶであろうもの』は、すでに手に持っている」ような運勢であるとも言われます。
 
 
 ふたつの卦とも、少し「控えめ」なところがあります。
 しかし、易を道家思想的に解釈する場合、「『控えめ』な運勢にこそ、しなやかな進展の可能性がある」というイメージもあります。
 
 「随」には、「流れに乗る」という性質、「謙」には、「可能性の萌芽は、すでにある」という性質があります。
 ここを意識していくという発想が、お勧めになるかと。
 
 
 ご相談にありました、「いつ」という問題については、私の不得意とする「あてもの」に属するところがありますけれど。
 ひとつの可能性として、「1、3、4、5」という数字のイメージがあります。
 もちろん、「ヶ月後」「年後」と捉えることも可能です。
 このうち、「3、4」には「何か、ひと段落前後」のイメージがあり、「5」には、「その運気が『満ちる』時」というイメージがあります。そこにも何か可能性があるかと。
 
 「随」「謙」とも、穏やかな運気ではありますけれど。
 「気づかぬうちに、動いている」ところがあります。
 「焦る」というのとは、また違いますけれども。
 あまり悠長に構えすぎなくとも、チャンスはあるかと。
 そのように、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加