<無料占い> 家族計画。 まりもさんより。

 
 
 今回は、まりもさん(女性・20代)からのご相談です。「二人目の子供を授かることができました。そこで。3人目をどうしようか悩んでおります。もう2人授かったので大満足なのですが、もうひとり頑張ろうか、これで打ち止めにしたほうが良いのか、うらなっていただければと思います。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「需(水天需)」です。最上図をご参照ください。
 
 「需」は、「待つ」という意味です。
 それも、準備万端を整えた上で、積極的に、期待して待つというものです。
 たとえて言えば、100メートル走で、「位置について、よーい」で腰を上げている状態。
 後は「ドン」が来るのを待つばかり、そのようなイメージです。
 
 卦のかたちでいうと、天の上に雲がもくもくと上がっている状態。
 後は雨が降るのをまつばかり、そういうイメージです。
 
 この「需」の占いの言葉は、
 誠意をもって、じっと待機せよ。そうすれば大成功するであろう。
 あせらずさわがず、はらごしらえするというぐらいの余裕を持て。
 というものです。
 
 「需」の卦が出た時は、いかにも行けそうな状況が整っているという運気です。
 そこをこらえてタイミングを見計らうのが重要、フライングだけはしないように、そういう運勢です。
 (「需」の卦が単独で出た場合に)ポイントとなるのは、下から五本目の実線です。この線は、非常に良い位置に、良い状態で存在しているものですから、じっと待ってタイミングを合わせればうまくいくと考えられるのです。ただし、下から数えて五本目…チャンスまではなかなか遠い、というイメージも含まれているわけです。
 人間関係を見る場合、相手側に聞き入れる気分がないという運気です。やはりしばらく時機を待つのが良いとされています。また、誠実な人であるのに、どうもタイミングが良くない、そのように考えられる運気です。こちらから動いてもうまくいかない運気です。
 恋愛・結婚運としても良くありません。こちらは乗り気であり、話をまとめたいが、相手側が乗り気ではない、という運勢であると考えられています。
 
 
 
 以上のような「需」の卦を踏まえて、まりもさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 結論です。
 
 ご相談に正面から答えるものではなくなってしまうのですけれども。
 「少し、ペンディングするのが良い」かと、見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「需」です。
 「需」は、「待つ」という意味です。それも、「できる限りの準備は整えて、いつでも動ける状態にしておきつつも、気持だけは焦らず落ち着くようにして待つ」という意味です。
 たとえるならば、「田んぼに雨が欲しい。西の空には分厚い雨雲が見える。でもまだこっちには来ていない。」そのようなイメージでもあります。非常に気持ちがジリジリしますが、ここは一つ、落ち着くことが必要となります。フライング・暴発だけはいけません。
 
 この卦が得られたことからすると、「やめる方が良い」といった解釈も成り立ちます。
 ご相談に正面から答えるならば、その解釈によるべきかとも思うのですけれども。
 
 私は、3人目を考えるか、やめるかという「判断そのものを、待つ」のが良い。
 という意味合いではないかと、解釈しました。
 
 失礼な表現にあたりますけれど、お許しいただきたく願います。
 お子さんが生まれた直後のお母さん方は(お父さん方も)、テンションが高くなっていらっしゃるようなケース、しばしばあるように感じられます。
 いったん、お子さんお2人との生活を経た上で、改めて判断されてはいかがでしょう。
 どちらを選ぶにせよ、今すぐでない方が良いのかもしれないと見立てました。
 少し時間が経って、それでもやっぱり迷いを感じられましたならば、その時改めて占いのお申し込みをしていただくということで、お願いいたします。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加