<無料占い> 転職。 みなさんより。

 
 
 今回は、みなさん(20代)からの、「転職したいと思っています。良い求人、安定した仕事につけますか?」とのご相談です。
 
 
 得られた卦は、「震之大有」(震、大有へゆく)です。
 
 
 まずは「震(震為雷)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「震」は震えること。雷鳴が震いわたっている状態です。恐ろしげだが音ばかり大きくて実害は少ない、というイメージです。
 
 「震(震為雷)」は、上下とも雷というかたちです。「おそろしいけれども用心しておけば大丈夫だ」、という言葉が記されています。
 
 「震」の占いの言葉は、
 
 震は、伸び栄える。
 雷がとどろいている時は恐ろしいが、過ぎ去れば笑顔になる。
 慎み恐れることが重要である。
 恐ろしいことがあっても、ろうばいしないような人間こそ、立派なのだ。
 
 というものです。
 
 「震」の卦は、「伸び栄える」、つまり、仕事等で発奮すると良いことがあるという運勢、サプライズ的な何かがあるという運勢ですが、同時に、音ばかり盛んで実がない、という運気でもあります。
 したがって、軽挙妄動は慎み、落ち着いて行動することが重要です。「悪い結果ではなかったのに、期待の方が大きすぎたせいでがっかりする」ようなこともないようにしたい運気です。
 逆に、問題や悩みがあった場合には、思ったよりも深刻ではなかった、ということもありうる運気と言えます。
 あわてず落ち着いて考えましょう。軽挙妄動はかえってダメージを深刻なものにしてしまいかねません。
 
 
 
 次に、「大有(火天大有)」の卦を検討します。「たいゆう」と読みます。最上図、右側をご参照ください。
 
 「大有」は、「大いにたもつ」と訓読みします。
 すべてを包容する、盛運です。また、裕福・円満などを象徴する卦でもあります。
 
 この卦は、天の上に陽があるかたちを象徴しています。
 太陽が中天にあって万物を照らすように、運気が旺盛だということを示しています。
 もっとも、運気が旺盛だからこそ、内包されるつまづき(夬)には注意しなければならない、と言われています。
 
 「大有」の占いの言葉は、
 
 柔軟で穏健なリーダー(五本目の陰)を、上下の積極的な人々(五本ある陽)が支えている。
 剛健(天)で、知性(火)がある。天の時を読み間違えない。
 大いに伸び栄えるであろう。
 
 というものです。
 
 この卦が出た時は、非常に運気がよい時期であることを示します。
 天と火の組み合わせは、もう一つ、「同人」があり、これは「人の和」を示すのですが、「大有」は、太陽が昇っているという時間のめぐりあわせ、つまり「天の時」が良い時期に当たっていることを示しています。時勢のおかげでよい時期に当たっているので、時勢の衰えにも注意しなければならない、そういう状態でもあります。
 また、時勢という勢いに乗った状態なのですから、ある意味で「勢いに流される」のが良い時期です。無駄に意地を張ってはいけません。
 結婚運としては、あまり良くありません。「女性に気が多い」と解釈される運気です。現代的に、かつ女性の側から見るならば、「浮気はしないように、また疑われないように」というイメージです。さらに、「調子に乗って痛い目にあう」ことにだけは注意すべき、という運気ですから、ラブラブな様子をあまり他人に見せつけて反感を買うようなことがないようにご注意ください。
 結婚・恋愛運としてはあまり良くないものの、「大有」そのものの運勢が非常に良いものですから、結論としては悪くない運気とみることができます。
 
 
 
 以上のような「震」「大有」の卦を踏まえて、みなさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、ご相談内容を意識して、変化の関係と解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 見通しとしては、明るいかと感じられました。
 「積極性」と「勢い」がポイントになりそうです。
 ただ、「安定した仕事」というよりも、「成長中の会社」、「将来性に期待できそうな職場」という発想で動くほうが、あるいは良い結果に結びつくかもしれない……とも、感じられました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「震、大有へゆく」です。
 
 現在の運気を示す卦は、「震」です。
 「震」は、「雷」です。
 「雷」は、「積極性・能動性・素早い動き、大きな音」等を象徴します。悪く言えば、「騒がしさ、落ち着きの無さ」です。
 また、「震」のように、「上三本と下三本が同じかたちをしている卦」は、「二度あることは三度ある」的な運勢を象徴します。「雷」の性質とあわせますと、「失敗しても何度でも挑戦できる」というイメージになります。
 
 「恐れず、ガンガン動いて良し」というイメージです。
 すんなり決まる可能性もあります。
 が、それ以上に。「いろいろ上手くいかなかったり、断られるようなことがあっても、大丈夫」というイメージです。
 「次から次へとチャンレンジする中で、チャンスが巡ってくる」かと見立てます。
 
 
 このような「震」が、やがて「大有」へと変化していくと解釈されます。
 「大有」は、太陽が天の上に燦然と輝いている様子を示すものであり、非常に良い運勢です。
 いわゆる「天の時に当たる」、「ツイている」であるとか、「風が自分向きに吹いている」であるとか、そういうイメージです。まさに天運の良さが現れている卦であるとお考えください。
 
 将来的に「大有」ですので、見通しは明るいかと。
 良い結果につながりそうです。
 
 
 「震」も「大有」も、「積極性」や「勢い」を感じさせる卦です。
 転職活動でも、そちらを押し出すことが、お勧めになるかもしれません。
 
 また、この二つの卦はどちらも、「良い運勢」(特に「大有」は、かなり良い運勢です)を示すのですけれども。
 「安定している」、「穏やかな良さがある」というイメージの卦ではありません。
 「グイグイ来ている」というような、良さです。
 したがいまして、職場選びにつきましても。 
 小さくとも、「風通しの良い職場」、「これからが期待できそうな職場」、「成長中の会社」……等にも、ご縁の可能性があるのではないかと。(もちろん、「大手」や「安定」が悪いとは、申しませんけれど)。
 そのように、感じられました。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加