<無料占い> 人間関係。 ガジュマルの木さんより。

 
 
 今回は、ガジュマルの木さん(女性・30代)からのご相談です。「生まれ育った家庭環境が最悪で、家庭を顧みない父親、プライドが高く世間体最重視の母親のもとに生まれました。両親の夫婦仲は最悪、愛されたり抱き締められたこともありません。世間体を守るため、ロボットのように育てられました。思い通りの言動をしなければ殴られたり暴言を吐かれたり。叔父たちからも、精神的につらい仕打ちをたくさん受けました。今も嫌がらせを受けています。両親から金銭的にたかられるのもつらいです。どうして私はこのような環境にうまれてこなければならなかったのでしょうか?このまま、つらいだけの人生で終わってしまうのでしょうか?私に幸せな未来はあるのでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「遯之鼎」(遯、鼎へゆく)です。
 
 
 まずは「遯(天山遯)」の卦を検討します。「とん」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「遯」は、「のがれる」と訓読みします。この卦が出た時は、細かい解釈はいろいろありますが、全体としてはただ一言、「逃げるべきだ」「引退しなさい」という運勢です。
 
 「遯(天山遯)」は、天に対して山が下から迫っている、というかたちです。天は陽なるもの、山は陰なるもの、どれほど近づかれても一線を引くべきであることから、「立派な人間はつまらない者を近づけないものだ」という言葉が示されています。
 
「遯」の占いの言葉は、
 
 逃れ隠れてこそ道が開ける。
 時勢に従って行動しよう。
 つまらない人間が勢いを得ているのだから、大事を行ってもうまくいかない。
 時勢との関係から見て、遯の意義は大きい。
 
というものです。
 
 「遯」の卦が出た時の運勢は、ただ一言。「逃げるべし」です。
 正しい意見や正論が通りにくい時期です。
 陽が消えて陰が増えていく、何となく暗い雰囲気の時です。
 事業の拡張、新装開店、そのようなことは手控えた方がよいと言われています。
 
 やや専門的な話になりますが、この卦は、「姤」→「遯」→「否」という流れの中にある運気と考えられています。
 「姤」は突発的な事象、それもあまりよくない事象との「邂逅(であい)」です。それが原因となって、運気に陰りが見えるのであれば「遯」、逃げるべきであって、そうしないと「否」、八方塞がりになってしまう。
 昔の王朝時代ならば、逃げなければ命にかかわる運勢、現代の会社経営等で言うならば、逃げる(事業を見送る)ことをしなければ倒産の危機までありうる運勢である、と考えられてきました。
 見栄や外聞、義理人情を気にしている場合ではない、とされます。
 
 
 次に、「鼎(火風鼎)」の卦を検討します。「てい」と読みます。最上図、右側をご参照ください。
 
 「鼎(火風鼎)」は、「かなえ」です。三本脚の器(食器・調理器具)です。
 三本の脚で器を支えるようにみんなの協力を得てことを行えば、大成功するという、よい運勢を示しています。
 
 「鼎(火風鼎)」は、木(風は木も象徴します)の上に火があるかたちです。鼎をつかって調理を行うかたちです。「秩序を整える」という言葉が示されています。
 
 「鼎」の占いの言葉は、
 
 この卦は鼎をかたどっている。大いに伸び栄える。
 木を火にくべて調理を行い、お供えにしたり、みんなをもてなす。
 謙虚(風)で聡明(火)、穏やかなリーダーにまっすぐな部下。
 だからこそ、伸び栄えるのだ。
 
 というものです。
 
 鼎は三本脚の器です。三本の支えがあればどっしりと安定するように、みんなで協力し合えばよい結果が出るということを示しています。
 また、「鼎」は、新しいことをするのには吉、とされています。「鼎」の前に置かれている卦は「革」(革命)であり、その結果を引き継ぐ運気であると考えられています。
 もっとも、ここでいう新しいとは、完全リニューアルではなく、味付けがうまくいかなかった料理について、食器の中にある食材にもう一度火を加え、料理し直すようなイメージです。うまくいかなかったならば、今までの延長の中でマイナーチェンジを加えてみては、という運気です。
 料理のように、人を喜ばせることで自分も喜ぶという運気でもあります。独善はよくありません。ひとのことを考えると良いでしょう。
 恋愛・結婚運は、協力を意味することから、悪くないと考えていきます。しかし、三本脚の器だけに、三角関係のおそれもあります。
 
 
 
 以上のような「遯」「鼎」の卦を踏まえて、ガジュマルの木さんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、どちらで解釈してもほぼ同じケースかと感じられました。説明との関係で、変化として解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 離れてしまうことかと、見立てます。
 あわせて、「自立」などと申しあげるのはおこがましいのですけれど、気持ちの上で「自らに拠って立つ」という意識を持たれることかと。
 また、それは可能なことであるかと、見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「遯、鼎へゆく」です。
 
 現在の運気を示す「遯」は、「逃げろ!」という意味です。イメージとしては、津波や馬賊の襲来です。
 いろいろと、「言いたいこと・やりたいこと」、「心残り」、「人情・外聞」などがあるかもしれませんが、そんなことを考慮している場面ではありません。逃げなくてはなりません。そのような運勢です。
 
 「逃げる」ことかと。
 別居されていらっしゃるならば、物理的にはすでに問題がありませんので、「心理的に、逃げる」ことがお勧めになるかと見立てます。
 
 お金をたかられても、無視する。
 親族の会合(叔父さんがいる場)などには、顔を出さない。
 「できない、難しい」と思えるかもしれませんが、決心さえあれば、可能かと。
 
 
 このような「遯」が、やがて「鼎」へと変化していくと解釈されます。
 内に「鼎」を有するがゆえに、「鼎」へと向かっていく。そのようなイメージです。
 
 「鼎」は、「かなえ」です。「三本脚の、調理器具 兼 食器」を意味します。
 三本脚ですので、非常に安定しています。また、「支え合う」というイメージですので、周囲の人とは協力しあってうまくやっていけるという運勢を示唆します。だいたいのことについてうまく行きやすいと言うことができます。
 また、「調理」ですので、「ちょっとした味付け・アレンジメント」というイメージを持ちます(「革命」を意味する「革」の卦ほどではありません)。「マイナーチェンジ(小さな改良)をする」「気の持ちようを少しだけ変える」ことに向いている運勢です。
 
 「鼎」の特徴は、「安定」です。
 「鼎立」という言葉があるように、安定して、「立つ」ことです。
 
 おとなであるガジュマルの木さんに対して、このようなことを申し上げるのは僭越にあたるかとは、存じますけれど。
 ポイントは、「自立する」ことにあるかと見立てます。
 
 「自分で判断する」「自分で立つ」という機会を奪われ続けてきた、というご事情はあるかもしれません。
 しかしだからこそ、自分から、意識的に、「立つ」意識を持つ必要があるのではないかと。
 
 「なぜ、このような環境に」という原因については、読み取れませんでした。
 けれども、「ならば、今後はその環境を脱する。そして以後は、環境のせいにしない」という発想と、「鼎」は相性が良いかと。
 
 「鼎」は、運気としてはかなり良いほうです。
 環境を変えること、可能であるかと見立てます。
 それが「彼氏」のような存在か、同性の友人か、そこまでは分かりませんが……支えあうべき人も、現れるかと。(ただ、注意すべきこととして、「自分で立つ」ことが求められます。支えあうのであって、寄りかかるのではないという意識が、お勧めになります。)
 
 「脱すること」、「立つこと」がお勧めになるかと。
 そのように、見立てました。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加