<無料占い> 無題/ママ友。 花*花さんより。

 
 
 今回は、花*花さん(アラフォー・女性)からのご相談です。「色々とつらいです。どうして私はこんなつらいことばかりなのですか?何かアドバイスください。/ママ友関係がうまくいっていません。一人浮いています。学校行事のときなど、ひとりぽつんとしていて、とても孤独です。これからの流れと対策をお願いします。」とのご相談内容です。
 
 
 2度目にいただいたお申し込みが、その前にいただいたお申し込みを「絞った」ものでいらっしゃるかと、判断させていただきました。
 あわせて占いを立てております。
 
 
 得られた卦は、「同人之臨」(同人、臨へゆく)です。
 
 
 まずは「同人(天火同人)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 
 「同人(天火同人)」は、常に高い所にある天と、常に高みを目指そうとする火を組合わせたかたちであり、両者は親しい関係にあると考えられています。
 それを表すものとして、「同人は親しむなり」という言葉が示されています。
 
「同人」の占いの言葉は、
 
 広く同士を集める。
 そうしてたくましい実行力を持てば、難事業でも成功する。  
 知性(火)と実行力(天)が合わさっているのだ。
 
というものです。
 
 「同人」の卦は、ほかの人と一緒に行動すること。心を一つにすること。心を一つにするからには、その目標は不正であってはならないこと。そして、「実行する」こと。等がポイントとされる運勢です。
 いかにも他の人と仲良くやっていそうな運勢ですが、卦の内部を見ると、実は人間関係がうまくいっていない、という運気が見て取れる運気です。それだからこそ、逆に、協力することの重要性を説いた運勢であるということもできるのです。
 
 
 
 次に、「臨(地沢臨)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「臨」は、「臨む」、つまり、見ることです。
 より詳しく言いますと、上から下のものを見下ろす、上から支配と保護を及ぼす、そのような運気です。「君臨」・「神降臨」という言葉がありますが、その「臨」です。
 ただじっと観察するわけではなく、能動的に見ていることでもあります。
   
 また、この卦は、岸(地)に立って沼沢(沢)に臨む、というかたちを象徴しています。
 やはり上から下を見るわけですね。
 六本の線のうち、下の2本が陽を示し、陽がだんだんと上がってきている様子を示しています。
 
 占いの言葉は、
 
 剛・陽の気がしだいに盛んになり、上下とも喜ぶ。
 天の道にかなって、大いに栄える。
 変わらぬ心を持っていれば、万事順調。
 しかし、もの盛んなれば必ず衰う。
 陽気が衰退する八月(太陽暦ならば8月末~10月初頭)には凶に転ずる。
 
 というものです。
 
 「臨」の卦は、陽の気が成長している途上にある、と解釈されます。
 「坤」(全て陰)→「復」(一陽来復、下一本だけが陽)→「臨」(下二本が陽)→「泰」(下三本が陽、最高の運気)……という流れです。ですから、このままいけば「泰」、最高の運気になって行く、と考えられている運気です。もっとも、「泰」以降、だんだん運気が衰えていく、その動きもまた必然的で止められないものと言えます。ですから、占いの言葉にも戒めが記されているわけです。
 
 「臨」は、「見る」という意味ですが、易にはもう一つ、「観」という「見る」の卦があります。
 「臨」と「観」の違いですが、前者には「上から下を見る」、また、「積極的に参加していく」ニュアンスがあります。(例えば神降臨、と言う言葉を使う時は、神が人に干渉している・影響力を及ぼしていますよね?)一方、後者は、「下から上を見る」、また、「一歩引いて、傍観者的な立場をとる」というニュアンスがあります。
 したがって、「臨」の卦が出た時には、積極的に行動を起こすのが良い運気です。
 
 「臨」の卦は「復」(一陽来復)から来て「泰」(安泰)に行く、良い運気です。
 もっとも、「臨」の卦の内部には、「震」(から騒ぎ)の要素が含まれています。すなわち、運気が良く、積極的になるのが良いといっても、調子に乗ると大変なことになりかねない、そのような運勢でもあるわけです。つまり、「うまい話には気をつけろ」という時期であると言うことができます。
 運気が良いからこそ、気を引き締めて、本業に邁進しましょう、ということですね。
 人間関係一般を見るときには、こちらを「沢」、相手を「地」と見ます。「地」は、誠実で柔軟、懐が広いのですが、優柔不断。「沢」は少女を象徴し、軽快な人柄、明るくおしゃべりだが、失礼ながらやや軽薄かも、と考えていきます。
 恋愛運についても、「臨」ですので、やや好調とみることができます。ただ、「臨」は、上で申し上げたように、自分から行動を起こして行くことが重要になります。
 
 
 
 以上のような「同人」「臨」の卦を踏まえて、花*花さんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、どちらで解釈してもほぼ同じケースかと解釈されました。原則にしたがい、内包関係として解釈しております。
 
 
 
 結論です。
 
 「お友達を作る」こと、そしてそのために「勇気を出して、一歩踏み出す」こと、「声をあげる(声をかけていく)」ことが、お勧めになるかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「同人、臨へゆく」です。
 
 メインの卦である「同人」は、まさに「同人活動」「同人誌」のイメージです。「同じ志を持った人が何人も集まって、みんなで協力して一つの方向に進んでいく」というイメージの運気です。「二人の協力関係」である「比」とは異なります。周囲のみんなを巻き込むように活動するのに向いた運気です。
 内部に対立をはらんでいるという性質を持つこともありますが、「協力して前へ進む」という運気ですので、人間関係に関しては、一般的に吉であると言えます。 
 また、「同人」と言いますと、「内向き、仲間内」的なイメージを想像されるかもしれませんが、実際には少しニュアンスが異なります。
 「地縁・血縁といったムラ社会的な繋がりで固まらずに、外に仲間を探しに行こう」というのが、「同人」の本質です。
 
 「仲間を探しに行く」、「今の人間関係の外に、さらに人間関係を広げていく」ような方向性が、お勧めになるかと感じられました。
 いろいろとつらい時に、それをやりすごす方法は、いろいろあるかとは思います。
 趣味であったり、仕事に打ち込むのであったり、あるいは「食べる」、「睡眠をとる」。
 しかし「同人」の卦が得られたことからしますと、「お友達を作る」ことかと。
 何も、悩みを打ち明けるような深い関係のお友達である必要は無いと思うのです。「信用できるかどうか……」と考えて、見極めようと腰が重くなるような方向性は、お勧めできません。
 浅い関係でも良い、おしゃべりを楽しむだけでも良い。そうした関係のお友達を作っていくことが、いまはお勧めになるのではないかと。
 そのように、見立てます。
 
 
 このような「同人」が、やがて「臨」へと変化していくと解釈されます。
 勢いのある良い運気です。イメージは、「君臨」です。「自分から積極的に、リーダーシップをとる(流れを決めてゆく)」のが良い、とされます。
 勢いのままにまとめやすいと言える運気です。多少強引でも行動していけば、周りもそれに合わせて動いていく、というイメージです。
 また、「臨」には、字の如く「臨機応変」のイメージもあります。積極的に動いていけば、後はどうにかアドリブで回していけそうだ、というイメージなのです。
 
 「臨」については、青臭い物言いになりますけれど、「自分の人生という舞台の主役は、自分自身だ」という言葉がピタリと当てはまるような性格を持っています。
 「自分が動く。自分から動く。そのことによって、状況が、周囲が、動いてくる」……という、性質です。
 
 積極的に、勇気を出して、声をかけてみることがお勧めになるかと見立てます。
 案外、あっさりと友達ができるかと感じられます。
 
 かりにうまく行かなくても、気にすることはありません。
 声をかけることで、「状況は一歩前に進んだ/状況が動いた」と言えるからです。次に声をかける・声をあげる時には、ハードルはぐっと下がっています。
 良い方向へと、転がり始めて行くかと。
 
 内向きになるよりは、外向きに。自分を責める必要はありません。
 カラ元気でも、根拠が無くても、まずは自信を持って動くところから。
 そこから、「状況が動き始める、うまく回りはじめる」。そのように、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加