<無料占い> 人間関係。 紫色のペンさんより。

 
 
 今回は、紫色のペンさんからのご相談です。「友達と呼べる人がひとりもいません。孤独です。未来には友達と呼べる人ができますか?なかなか人に心を開けないのですが、私を理解し受け入れてくれる人と出会えますか?人から嫌われやすいです。私のダメなところを教えてください。」とのご相談内容です。
 
 
 「教える」ところまでは、至らないかと存じますけれど。
 見立てを申し上げます。
 
 
 得られた卦は、「渙(風水渙)」です。「かん」と読みます。最上図をご参照ください。
 
 
 「渙」という字は、「散る」という意味です。川が支流に分かれていくようなイメージです。
   
 また、「渙」の卦は、帆を張って船が水上を行くかたちとされています。
 鬱屈したものが散ってゆく、外にエネルギーを発散させ、大事業に乗り出してゆく、そういう運気を示しています。
 
 「渙」の占いの言葉は、
 
 「渙」は、伸び栄える。
 各横線の働きにより、上下が心を一つにして離散を防いでいるのだ。
 この努力を続ければ、すばらしい結果が待っている。
 
 というものです。
 
 「渙」の卦は、「散る」という意味です。悩み事やストレスは発散されていく。一方、人の心が緊張を欠いて離散していく、などの運気を象徴しています。
 大きな動きが起こる可能性もあります。
 仕事運一般に関して言えば、苦しかった場合にはよい方向に向かうけれども、順調だった場合は緊張感の欠如に注意、と言われています。新規事業には悪くありません。
 人間関係や恋愛・結婚運も同様です。これまで苦しかった場合にはその苦しみが発散していく。逆に、良好である場合には、人間関係やご縁が散って行かないように要注意、と見ていくこととなります。
 
 
 
 以上のような「渙」の卦を踏まえて、紫色のペンさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 望みはかなうかと、見立てます。
 「浅さ」「気楽さ」を意識されることが、お勧めかもしれません。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「渙」です。
 「渙」は、「発散」です。
 「風に帆を受けて出航する船」や、「ホースの先をつまんで、庭に水を撒くようす」といったイメージの運勢です。
 非常に見通しが良い、爽やかな運勢と言う事ができます。
 
 「渙」の卦の良さは、「明るさ」「軽さ」にあります。
 見通し良く、願いもかないやすいので、望みはかなうかと見立てます。
 
 方向性としても、「浅さ」、「気楽さ」を意識されることがお勧めかもしれません。
 
 少し切ない話ではありますけれど。私達はみな、それぞれ事情を持っていますよね。
 「人に許せる」、「人を許容できる」部分は、「事情の許す限り」にならざるを得ないかと。
 「深く理解される」・「受け入れてもらう」ことを、期待しない方が良いかもしれません。こちらからも、「心を開く」必要はないかと。
 浅いお付き合いを意識するほうが、良いかもしれません。そうしていくうちに、気楽に付き合える時間が増えていく。それが、おいおい「理解」につながるようなところがあるのではないかと。
 そのように、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加