<無料占い> 1度だけ行ったことのある美容室。 マグロさんより。

   

 
 
 今回は、マグロさん(女性・40代)からのご相談です。「ずいぶん前の話になるのですが、一度だけエステとメークをしてもらいに行ったことがあります。そこに勤めている男性とは、いろいろと趣味が合いそうでした。独身だとも聞き、つきあってみたいと思っています。さすがに一度行っただけでは印象もあまりに薄いので、少し通って後、連絡先を交換しようかと思っています。そこで、『彼女がいるか』、『母親が子離れできない等の理由で独身なのか』、『おかしな男性ではないか』を占いで見てもらいたいです。」とのご相談内容です。
 
 
 「彼女がいるか」について。
 得られた卦は、「困(沢水困)」です。最上図、左側をご参照ください。
 
 
 「困」は、「くるしむ」という意味です。囲いの中に木があって、伸びようとしても妨げられています。
 
 「困(沢水困)」は、沢(沼や湖)の下に水があるかたちです。本来ならば水をたたえているべき湖が涸れ果てているようすをあらわします。
 このようなかたちについて、「沼に水がない。立派な人は自らの身をなげうって、志を貫くのだ」という言葉が示されています。  
 
「困」の占いの言葉は、
 
「困」は、試練を経て伸び栄える。
 剛が陰に覆われているが、その危難(水)を喜んで受け入れ(沢)よう。  
 苦しみの中に道を失わない者こそ、真に立派な人間だ。  
 変ることなく初志を貫こう。内側に剛健な徳を有しているのだ。大人物には吉なのだ。  
 苦境にある時は、何を言っても弁解としか受け取られない。  
 
というものです。  
 
 「困」の卦は、「升」(運気上昇)だったものが頭打ちになったものであるとか、「節」(沢に豊かに水がある)だったものが節度を失ったものであるとか、「否」(八方ふさがり)から苦闘したけれども力尽きたものである等と考えられています。いずれにせよ困難な運気です。四天王級です。  
 困難を象徴する卦は易にもいくつかありますが、「困」は「沢に水がない」かたちですので、「窮乏」であるとか、「資金・物資の不足」といった、何らかの不足による困難である場合が多いです。今は我慢の時です。
 占いの言葉にあるように、言い訳はあまり良い結果を生みません。何をしても苦しい時期ですが、今までの方針を変えずにしばらく時期を待つしかないという運勢と言えます。  
 恋愛・結婚運についても良くないと解釈されます。
 
 
 
 「おかしな男性ではないか」/「独身の理由におかしなところはないか」について。
 得られた卦は、「艮(艮為山)」です。「ごん」と読みます。最上図、右側をご参照ください。
 
 「艮」は、「とどまる」という意味を持ちます。
 沈着冷静、沈思黙考を心がけるべき、という運勢です。
 
 「艮」の卦は、上下とも「山」というかたちです。
 このかたちについて、「連なる山々。山は動かない。自分の立場を考えて、高望みはしないように」という言葉が書かれています。
 
 「艮」の占いの言葉は、
 
 艮は、とどまることである。
 とどまる時にはとどまり、行くべき時には行く。そこを間違えなければ、素晴らしい未来が待っている。
 控えめな態度をとろう。
 
 というものです。
 
「艮」の卦が出た時は、足踏み、運勢が動かない、現状維持の段階です。
 動かない、ということで、進展がないのでがっかりされるかもしれません。
 しかし、専門的になりますが、この卦は「解」(ゆきどけ)の卦に進む運気を内包しています。
 その意味で、足踏みといっても、「蹇」(足をひきずる、ゆきづまる)の卦とは違い、小休止の後に運勢が開けてくる可能性が示唆されています。
 ここは「待ち」の姿勢です。
 この卦が出た時は、人に積極的に会いに行くのはあまり良くないと言われています。協力者が得にくいのです。また、家庭であるとか、仲間がかかわるような事に関しても、外に意識を向けるよりは、まずは内輪の結束を固めるのがよいとされています。
 今結果を出すのは難しいかもしれません。しかし、運勢が開けてくる可能性は見えています。
 ちりも積もれば「山」となる、今は努力の時です。また、この卦はその「山」が重なっています。繰り返すこと、地道で継続的な努力をするのがよいでしょう。
 
 
 
 以上のような「困」「艮」の卦を踏まえて、マグロさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 「あてもの」に属しますので、精度は著しく下がりますけれど。
 「彼女は、いない」かと見立てます。「仕事が忙しいから」かと。したがいまして、「子離れ……」といった理由では無いかと見立てます。
 おかしな男性でもなさそうです。ただ、「頑固」なところがあるかもしれないと見立てます。 
 
 
 
 
 彼女がいるかどうかについて。
 得られた卦は、「困」です。
 
 「困」は、「困難」を象徴します。四難卦と言われる、易を代表する「良くない運気」です。かなり厳しい運気と言えます。
 また、「困」の卦が象徴する「困難」は、「何かが不足している」ことが原因であることが多いと考えられています。
 
 「疲労困憊」、「時間不足」、「体力や気力の点で元気が無い」……等の事情があるかもしれないと感じられました。
 したがいまして、「彼女は、いない」のではないかと見立てます。
 「子離れできないから結婚できない」等の理由は、ないのではないかと。
 
 
 おかしな男性かどうかについて。
 得られた卦は、「艮」です。
 
「艮」は、上下とも「山」、というかたちをしています。
 したがって、この卦のキーワードは、「動かざること山のごとし」です。
 
 「まじめ」、「堅物」、「浮ついたところが無い」と言った男性かと。
 「おかしな人では無い」と見立てます。
 ただ、「じっと動かない」、「頑固者」と言った系統ではないかとも感じられました。
 恋愛について、あまり積極的ではないかもしれません。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加