<無料占い> 海外へ。  徹さんより。

 
 
 今回は、徹さんからのご相談です。「以前より気になっていた部下が、海外研修に出ることになりました。帰ってきたら違う組織に入るので、もう会うこともなくなります。彼女との仲は、どんな形で終わるのでしょうか。彼女にとって自分との思い出は傷になっていませんか?海外で新しく良い出会いがあり、幸せになりますか?彼女の選択を尊敬しますし、幸せになるべき人だと思います。一つずつ階段を登るように成長するけなげな彼女を応援したいのですが、どうしたらいいでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「離(離為火)」です。最上図をご参照ください。
 
 「離」は、現代の感覚とは逆ですが、「麗(り)」、「くっつく」ことを意味しています。くっついて素直に行動すべきなのですが、その前提としてくっつくべき対象をしっかりと選ぶべきことを象徴しています。
 
 「離」の卦は、上下とも火・太陽を意味しています。火のような情熱・明るい知性を示すかたちです。「知性を磨き、天下を照らすべし」という言葉が示されています。
 
占いの言葉は、
 
 「離」とはくっつくこと。
 日月は天につき、草木は地につく。人は明るい知性によって、正しい道につけば、発展する。
 下から二本目に陰がある。従順さを大事にすることだ。
というものです。
 
 「離」の卦が象徴するのは、「麗」、「くっつく」ことです。
 しかし、何でもかんでもくっつけば良いかというと、そうではありません。
 「離」の卦は上下とも火を意味します。くっつく、着火の対象が不燃物では意味がないし、また、燃やしてはいけないものに火をつけては放火になってしまいます。
 だからこそ明るい知性(火・陽)をもって、燃やすべき情熱の対象をきちんと選んだ上で、燃え上がるべきであるということが示されています。また、火は取り扱いに注意すべきもの。慎みをもって、控えめに扱うのが重要だということです。
 人間関係全体について言うと、冒頭の図を見てもらいたいのですが、自分の心の柔らかい部分(内心)という陰を、硬い殻という二本の陽で挟んでいる形が、上下に向かい合っています。
 お互いに内心を見せない、見せられない、どうも意気投合できない、そういうかたちであると言われています。
 
 
 
 以上のような「離」の卦を踏まえて、徹さんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 「おとなの理性」を発揮すべき場面かと感じられます。
 「適度な距離を保つ」、「依存したりされたりを防ぐ」ことが大切になるかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「離」です。
 「離」は、上下とも「火」というかたちをしています。
 「火」は、「情熱」、「知性・理性」、「明るさ」、「くっつく」、「美しさ」等の事象を象徴します。
 そのため、「理性・知性で情熱をコントロールし、何とくっつく(何についていく)かを判断する」ことが重要とされる運気です。気をつけなくてはいけないのが、「炎上」・「情熱の空回り」となります。
 
 「おとなの理性」を発揮すべき場面かと、感じられました。
 一年、海外研修に行かれるとのお話。
 彼女のキャリアアップのためにも、後ろ髪引かれるような思いにさせることは、されるべきではないかと。
 失礼な申しようにもなりますけれど、「適切に」かと、申し上げます。
 
 応援するのであれば、「依存したり、されたり」を防ぐ必要があるかと見立てます。
 「離」は、「炎上注意」の卦ですので。
 
 終わるにせよ、上司と部下の関係が残るにせよ、いまは「適切な距離を保つ」ことが必要になるかと。
 そのように感じられました。
 
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加