<無料占い> 片想い。 こじさんより。

 
 
 今回は、こじさんからのご相談です。「好きな気持ちを必死で振りきった男性がいます。彼には相手がいるからです。会社の上司として優しく接してくれてはいましたが、下心はあったと思っています。私は本気だったので、必死で吹っ切りました。先日久々に再会し、またつらくなりました。相手は私をどう思っていますか?私とどんな関係を望んでいますか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「剥(山地剥)」です。最上図をご参照ください。
 
 「剥」は、「はぐ」という意味です。「剥離」という言葉があるように、運気がむしりとられて、崩壊寸前という運勢です。
 
 「剥(山地剥)」の卦は、山が崩れて平地となるように、また、優れたリーダー(一番上の陽の線)をダメな部下(下の五本の破線)がよってたかって引きずりおろすように、崩壊寸前であるというかたちを示しています。
 
 占いの言葉は、
 
 つまらない人間が勢いを得ている。
 無理な積極策は害を招く。
 守りの姿勢を心がけよう。
 
 といったものです。
 
 「剥」の卦は、崩壊寸前という運気を表しています。季節で言うならば冬直前、一日で言うならば日暮れ時、人間にたとえるなら老衰です。勢いがない時期です。また、陰険な人間に、追い剝ぎ的な仕打ちをうける、そのような運勢でもあります。
 ですから、全体としての運気はよくありません。人間関係では、人にだまされないように注意する必要があります。また、膝詰めの談判を迫られる、詰め腹を切らされる、といった運気です。
 もっとも、山が崩れて平地になるということは、古いもの・過去の経緯を一切捨て去って、また一からやり直せる運気であるとも言えます。ですから、あまり悲観的になることもありません。
 結婚については大凶と言われています。結婚に関係ない恋愛の場合でも、基本的な解釈は共通します。人にだまされがちな運気であり、注意が必要であると思われます。
 
 
 
 以上のような「剥」の卦を踏まえて、こじさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 「下心あり」という、こじさんのお考えとおりかと感じられます。
 そのような関係を望まないのであれば、「避ける」ことがお勧めになるかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「剥」です。
 
 「剥」は、崩壊寸前という運気を表しています。季節で言うならば冬直前、一日で言うならば日暮れ時、人間にたとえるなら老衰です。勢いがない時期です。
 また、「剥」は、「追い剝ぎにあうようなひどい仕打ちを受ける」「人に騙される」といった運気を象徴します。かなり厳しい運気です。
 
 「騙される」、「期待をかけると裏切られる」。
 そういった運勢かと見立てます。
 「彼には下心がある」という、こじさんのお考えとおりかと感じられます。
 
 「剥」は、危険な運勢ではありますけれど。
 「自分の方から先手を取って逃げてしまえば、危険は避けられる」という性質もあります。
 
 「山が崩れて平地になる」、「枝先の木の実が叩き落される」という運勢なのですけれど。
 自分から崩してしまう(ビルの爆破解体のようなイメージです)ことができれば、安全ですよね。更地からスタートできます。
 木の実も自ら地面に身を投げ出せば、次の春には芽を出すことができます。
 そのようなイメージです。
 
 彼を「自分から、避ける」。
 そうすることができれば、自然と今の気持ちも収まり、また別の恋に向かうことができるかと。
 そのように、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加