<無料占い> 大学生の下宿先について。 ゆうさんより。

   

 
 
 今回は、ゆうさん(女性・40代)からのご相談です。「以前みていただいた話の続きです。大まかには、下宿先を決めることができました。ただ、もう一校は合格が決まらないと申し込めないので、まだ決められずにいます。ですが、希望の家は見せてもらいましたので、『合格すればすぐに押さえる』と営業の人が言ってくれています。ただ、それまで空いているかがわかりません。この不動産屋さん(A社)は、説明も丁寧ですし、私たちとは物件選びの感覚が合っているように感じられます。もう一件、以前からかかわりのあった会社(S社)があります。こちらにも親身になってもらったのですが、以前仮契約後にトラブルがあったので、もう一度お願いすべきかを悩んでいます。気持ちよく話を進めるためには、どちらの会社が良いでしょう。」とのご相談内容です。
 
 
 A社について。
 得られた卦は、「予(雷地予)」です。最上図、左側をご参照ください。
 
 「予」は、「あらかじめ」と訓読みします。物事には準備や警戒が重要だ、という運勢です。
 また「たのしむ」という意味があります。心に余裕を持つことが大事であり、また逆に、気を緩め過ぎてはいけないということが示されています。
 
 「予」の卦は、上が雷、下が地です。雷が地上にとどろくかたちを象徴しています。
 大きな音から音楽が生まれたように、心に余裕を持つべきだ、という言葉が記されています。
 
「予」の占いの言葉です。
 
一つの陽に残りが応ずる。時のめぐりに従って動けば吉。
時のめぐりに従って動くから、天地も日月も、四季も動いていくのだ。
このような、予のもつ、「時」にかかわる意義は重要である。
 
 というものです。
 
 「予」の卦が出た時は、「あらかじめ」の準備が大事です。また、「楽しむ」という意味からは、人を楽しませ、自分は楽しみに溺れないように、という心構えが吉を呼ぶと考えられています。
 また、雷は音ばかり大きいものの、実害が生ずる範囲がピンポイントであることから、音ばかりで実がないというイメージを持たれていました。「予」の卦が出た時は、そのようなことがないように心掛けるのもよいとされます。
 「予」の卦が出た時は、雷が地上を震わすに従って、土の中から生き物が顔を出すように、人が世の中に出てくる運気があるとされます。しかし、雷はもともと音ばかり大きいもの。チャンスはあっても慎重にふるまうことが重要です。運気は上昇傾向ですが、不安定なもの、「時機を逸しない」ことが重要です。
 「予」は、恋愛・結婚運については、かなり良い運気です。「たのしむ」という側面があるため、こころ楽しい恋愛や結婚には良いのです。もっとも、「たのしみに溺れ」がちな運気でもありますので、場合によっては注意しなければなりません。
 
 
 
 S社について。
 得られた卦は、「損(山沢損)」です。最上図、右側をご参照ください。
 
 「損」というと、なんだか悪い卦のように見えます。
 しかし、これは現代風にいうならば、「ボランティア」に近い意味です。
 「損して得取れ」ということわざと絡めて説明されることもあります。
 
 山のふもとに沢があるかたちです。
 沢が深い(低い)ほど、その分、相対的に山は高くなります。
 
 「損」の占いの言葉は、
 
 自らを下の立場に置き、上の人に奉仕する。
 欲望を抑えて、高い理想を目指す。
 誠意をもって、自ら他者のためにほねおりをすれば大吉である。
 
 というものです。
 
 「損」の卦が出た時は、出費や損耗、あるいはほねおりの多い時期と言えます。しかし、「損して得取れ」。後で好転する兆しが見える、そのような運気と言えます。
 仕事でも同様で、苦労や損失の多い時期です。
 人間関係について言えば、こちらが一歩引き、相手を認めるのがよいでしょう。
 
 
 
 以上のような「予」「損」の卦を踏まえて、ゆうさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 卦の性質からしますと、A社のほうに軍配があがりそうです。
 
 
 
 
 A社について。
 得られた卦は、「予」です。
 「予」は、重層的なイメージを持つ卦です。
 しかし、そのイメージをまとめますと、「あらかじめ・楽しむ・楽しませる(楽しみに溺れない)」と言う3つの性質となります。
 
 「あらかじめ」ですので、「段取り良く決まる」のではないかというイメージがあります。
 また、「楽しい」ですので、すんなりと決まるかとも。
 悪くない運勢です。
 
 
 S社について。
 得られた卦は、「損」です。
 「損」の卦は、現代的に表現するならば「ボランティア」です。何かと「しんどい努力が必要になる」とされる時期を象徴します。
 また、「相手次第」という部分もありますので、やはりなかなか大変なイメージもあります。
 自分から行動していく必要がある運気であり、また、自分ひとりの利益を考えていくにはあまり向きません。「急がば回れ」「損して得取れ」的な動き方が要求されるような運気です。
 
 悪い運勢では、ありません。
 しかし、「手間・時間がかかる」、「小さなトラブルに煩わされる」的なイメージを持ちます。
 「結果に影響はないけれど、いろいろ大変」かと感じられました。
 
 
 
 卦を比べた限りでは、A社のほうに軍配が上がりそうです。
 
 
 なお、余談としまして。
 2つの大学が、たとえばもし「ともに、東京23区内(などの、一定の範囲内)にある」ような場合で。すでに押さえた部屋が、「どちらに通うにせよ、電車に乗る必要がある」ようなケースである場合には。
 もう一つの大学に受かっても、「すでに押さえた物件に決めてしまう」という手も、あるかもしれません。
 「自転車を使うと案外近かった」であるとか、「アルバイトの都合で、どこに住むにせよ、電車を頻繁に使わざるを得ない」であるとか。そうした事情が出てくることもありますので……。
 (まさに余計な差し出口ですので、無視してくださって構いません)。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加