<無料占い> 受験について。 あかねさんより。

   

 
 
 今回は、あかねさんからのご相談です。「来年、子どもが受験です。志望校選択についてアドバイスをいただけますか?A校:新しくできる学校。進学実績は不明。通学時間は30分。B校:高進学率で勇名な学校。通学時間は1時間半。外部テストではA判定なので、今のところはどちらにも合格の可能性はあると思われます。夫は伝統校のBを、本人は新しくてクラスの人数が少ないAを希望しています。少人数制の教育には私も多少魅力を感じていますが、進学実績がまだないので、ちょっと不安です。大学受験を最終目標と考えた場合、どちらを選択するのが良いでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 卦が3つあり、記事が長くなりますので、「卦の一般論」については、省略させてください。
 右の検索ボックスに「沢水困」、「天山遯」、「地沢臨」と入力していただきますと、一般論を検索できます。
 
 
 結論です。
 
 卦の解釈としては、A校には良いイメージが無く、B校はかなり良いというイメージです。
 
 
 
 
 A校について。
 得られた卦は、「困、遯へゆく」です。
 メインが「困(沢水困)」、サブが「遯(天山遯)」という意味合いです。
 
 「困」は、「困難」を象徴します。四難卦と言われる、易を代表する「良くない運気」です。かなり厳しい運気と言えます。
 また、「困」の卦が象徴する「困難」は、「何かが不足している」ことが原因であることが多いと考えられています。
 
 「遯」は、「逃げろ!」という意味です。イメージとしては、津波や馬賊の襲来です。
 いろいろと、「言いたいこと・やりたいこと」、「心残り」、「人情・外聞」などがあるかもしれませんが、そんなことを考慮している場面ではありません。逃げなくてはなりません。そのような運勢です。
 
 
 2つをあわせますと、「『逃げ』を意識することが良さそうだ。いろいろと『足りない』ために、困難がありそうだから。」というイメージかと。
 あくまでも「占い」に過ぎませんけれども。
 
 新しい学校には、もちろん良いところもあるかとは存じます。「一期生として、伝統を一から作り上げる」そのパイオニアになる経験も、大きな意義かと。
 しかし、学校側に「校風/ノウハウ」の蓄積が「足りない」というところが、あるかもしれません。
 進学を考える場合、それは非効率やストレスになるかもしれないと感じられました。
 
 
 B校について。
 得られた卦は、「臨」です。
 
 勢いのある良い運気です。イメージは、「君臨」です。「自分から積極的に、リーダーシップをとる(流れを決めてゆく)」のが良い、とされます。
 勢いのままにまとめやすいと言える運気です。多少強引でも行動していけば、周りもそれに合わせて動いていく、というイメージです。
 また、「臨」には、字の如く「臨機応変」のイメージもあります。積極的に動いていけば、後はどうにかアドリブで回していけそうだ、というイメージなのです。
 
 「いろいろと不安や疑問もあるかもしれない。しかし受かってしまえば、臨機応変に打開できるし、自分の行動次第で思うような学校生活が送れそうだ」と見立てます。
 俗に言う伝統校・進学校は、「校風が自由」なところが多いかと。その点では決してA校に劣るものではないのでは?と拝察いたします。
 
 
 2つを比べますと、「A校の卦があまりに悪く、B校の卦があまりに良すぎる」かと。
 易占の観点からは、B校に軍配が上がるかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加