<無料占い> 彼との今後について。 しぐまさんより。

 
 
 今回は、しぐまさん(女性・20代)からのご相談です。「気になっている人がいます。先月まで一ヶ月のあいだ、ほぼ毎日連絡をとっていたのですが、彼の体調不良を機に頻度がぐっと減りました。その後『猛大丈夫!』と返事が来たのに、また会話が途切れるようになりました。その後一度ご飯に行き、いい感じでバイバイし、次のご飯の予定も、場所だけは決めていました。彼は仕事で遠方に出向ですので、これから3ヶ月はほとんど会えません。月一で遊べるから!と前向きな返事を貰っていて、彼からはそれほど悪印象ではなかったと思うのですが、その後連絡が来ません。彼の状況や気持ち、今後の展開がきになります。病み上がりということもあり、私はあまり連絡をしないようにしていたのですが、このまま待ち続ければ良いものか、迷っています。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「晋(火地晋)」です。最上図をご参照ください。
 
 
 「晋」は、「すすむ」という意味です。運気上昇、自信を持ってマイペースで(オーバーペースにならないように)進むべき運気を象徴しています。
 
 「晋」は、地面の上に陽が出ているかたち、まさに日の出です。
 自分の良いところを発揮すべき時、という言葉が示されています。
 
占いの言葉は、
 
 「晋」は、「すすむ」という意味である。
 何事も順調。上下が信用しあっているのだ。
 
というものです。
 
 「晋」の卦は、「旭日昇天」。まさに日の出であり、急激な運気上昇を示しています。苦しかった時期を抜け出す運気です。(そのため、之卦として、つまり、「A之B」のBにあたる卦として「晋」が出た時は、特に運気の上昇を期待できると言えます。)
 しかし、「地」の上に「火(日)」というかたちは、まだ日が出たところでもあります。日の出前後が一番寒いように、いきなりフルスロットルで走りだすのはお勧めできない場合もあります。
 その理由ですが、やや専門的な話として、「晋」の卦には「坎」(苦難)や、「蹇」(足をひきずる)といった卦の要素が含まれているからです。
 運気が上昇して、一気に走りだしたいところだけれど、内にそれを引きとめるもの(例えば家族の体調や、なんらかの心のしこりなど)があって、どうも進みかねるような心痛がある、そういう状況でもあるわけです。
 それでも前に進むべき、それが「晋」の卦が示す基本的な運勢と言えます。
 
 
 
 以上のような「晋」の卦を踏まえて、しぐまさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 積極的になるべきかと見立てます。
 同時に、自信を持つこともお勧めかと見立てました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「晋」です。
 「晋」の卦は、「旭日昇天」。まさに日の出であり、急激な運気上昇を示しています。苦しかった時期を抜け出す運気です。(そのため、之卦として、つまり、「A之B」のBにあたる卦として「晋」が出た時は、特に運気の上昇を期待できると言えます。)
 しかし、「地」の上に「火(日)」というかたちは、まだ日が出たところでもあります。日の出前後が一番寒いように、いきなりフルスロットルで走りだすのはお勧めできない場合もあります。
 その理由ですが、やや専門的な話として、「晋」の卦には「坎」(苦難)や、「蹇」(足をひきずる)といった卦の要素が含まれているからです。
 運気が上昇して、一気に走りだしたいところだけれど、内にそれを引きとめるもの(例えば家族の体調や、なんらかの心のしこりなど)があって、どうも進みかねるような心痛がある、そういう状況でもあるわけです。
 それでも前に進むべき、それが「晋」の卦が示す基本的な運勢と言えます。 
 
 
 「去る者は日々に疎し」などと申します。単純に、「面と向かって会う回数が少ないほど、関係は破綻しやすい」ものかと思うのです。
 積極的になるべきかと見立てます。
 
 ただ、その上で。
 基本的に男性は、毎日連絡を取れるほど、マメな生き物ではありません(例外もいますけれど)。
 しぐまさんの側から毎日連絡を取るとしても、「毎日返信が返ってこない」ことにやきもきするのは、損です。
 
 彼の気持ちについては、現状、「理」が勝っている、やや冷静になっているという状況かと。
 これに対してしぐまさんが「消極的」という状況です。
 しかしそれでは、動かぬどころか離れてしまいかねません。
 
 遠慮なく連絡を取って、彼に近づいていくべきかと。
 同時に、彼の気持ちをかんぐりすぎず、自信を持って動揺せずに接することがお勧めになるのではないかと。
 いわゆる、(良い意味で)少し「バカになる」、「鈍感になる」と言いますか。「信じて、突き進む」ような方向性がお勧めかと。
 そのように見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加