<無料占い> 新しい職務について占ってください。 冷え性さんより。

 
 
 今回は、冷え性さん(女性・40代)からのご相談です。「事務系の契約社員として働いて2年になります。今年から担当する仕事が増えました。今までのまとめのような意味合いで、失敗が許されません。失敗しないようにしようとおい思いはありますが、それだけでは初めての経験に対する不安が収まりません。どういう心積もりで、どういうところに気をつければよいでしょう。人間関係の苦労は全くありません。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「師之予」(師、予へゆく)です。
 
 
 まずは「師(地水師)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「師」は、「多い」また、「いくさ」という意味です。そして、中国の思想では一般に、「いくさは憂うべきもの」と考えますので、キーワードとしては、この二つの他に「憂い」というものが加わります。
 
 「師」は、地面の下に水があるかたちです。水を必要としている地上に水がないために、大きな争いが起こる、そのようなイメージです。
 そのかたちを解釈する言葉として、「大地は豊かな水をその下にたたえている。それと同様に、立派な人間は、豊かな心をもって人と人とのつながりを大事に養い、いざ争いが起こった時のための準備をしておくべきだ。」と言われています。
 
「師」の占いの言葉は、
 
戦争は大義があるものでなくてはならない。指揮官も立派でなければならない。
多数を率いて正しい戦争をすれば、王者となることができる。
戦争は憂いを伴うものだが、正しい行いならば最終的にはとがめはない。
 
というものです。
 
 この卦は、必ずしも悪い運気ではないのですが、とにかく争い事が起きやすい運勢です。
 適任者を求めること、正しいと思うことは断固として貫くことが重要です。
 人間関係でも不和の多い時期であると予想されます。
 
 
 次に、「予(雷地予)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「予」は、「あらかじめ」と訓読みします。物事には準備や警戒が重要だ、という運勢です。
 また「たのしむ」という意味があります。心に余裕を持つことが大事であり、また逆に、気を緩め過ぎてはいけないということが示されています。
 
 「予」の卦は、上が雷、下が地です。雷が地上にとどろくかたちを象徴しています。
 大きな音から音楽が生まれたように、心に余裕を持つべきだ、という言葉が記されています。
 
「予」の占いの言葉です。
 
一つの陽に残りが応ずる。時のめぐりに従って動けば吉。
時のめぐりに従って動くから、天地も日月も、四季も動いていくのだ。
このような、予のもつ、「時」にかかわる意義は重要である。
 
 というものです。
 
 「予」の卦が出た時は、「あらかじめ」の準備が大事です。また、「楽しむ」という意味からは、人を楽しませ、自分は楽しみに溺れないように、という心構えが吉を呼ぶと考えられています。
 また、雷は音ばかり大きいものの、実害が生ずる範囲がピンポイントであることから、音ばかりで実がないというイメージを持たれていました。「予」の卦が出た時は、そのようなことがないように心掛けるのもよいとされます。
 「予」の卦が出た時は、雷が地上を震わすに従って、土の中から生き物が顔を出すように、人が世の中に出てくる運気があるとされます。しかし、雷はもともと音ばかり大きいもの。チャンスはあっても慎重にふるまうことが重要です。運気は上昇傾向ですが、不安定なもの、「時機を逸しない」ことが重要です。
 「予」は、恋愛・結婚運については、かなり良い運気です。「たのしむ」という側面があるため、こころ楽しい恋愛や結婚には良いのです。もっとも、「たのしみに溺れ」がちな運気でもありますので、場合によっては注意しなければなりません。
 
 
 
 以上のような「師」「予」の卦を踏まえて、冷え性さんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、ご相談内容を意識して、内包関係として解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 「思い切って打ち込む」「恐れない」ことが大切になるかと見立てました。
 また、「失敗できない」と考えるよりは、「失敗した時にどうカバーするか、それを準備しておく」という「気の持ちよう」を心掛ける方が良いのでは?というイメージです。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「師、予へゆく」です。
 
 メインの卦である「師」は、、端的に言って、「戦争だ!」という運気です。「結論を押し通すまで徹底して争うべきだ」という運気を示すものです。
 「師」の卦が得られた時の心構えとは、まさに戦争の心構えです。具体的には3つ。「仕事を委ねる指揮官には適任者を得ること」「決断は速やかに行うこと」「一度決断したら、最後まで貫き通すこと」です。
 今回は「人に任せる」ような種類のしごとではありませんので、残りの2つが大切になるかと。
 
 事務のお仕事と伺いました。
 企画や営業のようなお仕事とは異なり、「勝負を賭ける」「当てる」「取りに行く」といった性質ではないかと思われますけれど……。
 それでも今回は、「恐れず飛び込む」ぐらいの気持ちで、挑む方が良いのかもしれないと感じられました。
 
 このような「師」に内包されているサブの運気が「予」です。
 「予」は、重層的なイメージを持つ卦です。
 しかし、そのイメージをまとめますと、「あらかじめ・楽しむ・楽しませる(楽しみに溺れない)」と言う3つの性質となります。
 
 「勝負をかける」と言うと、気合が乗りすぎてしまうかもしれませんけれど。
 心のどこかに「ゆとりを持っておく」、「大丈夫だと自分を信じる」、「恐れない」……という発想が、仕事を回すコツになるかもしれないと見立てます。(「予」の「楽しむ」)
 
 また、「予」のもつ「あらかじめ」からも、指針が得られるかと感じられます。
 もちろん、「あらかじめ」、「失敗しないように」という発想もあるかとは存じます。
 しかしむしろ、「あらかじめ」、「備えておく」……「失敗」や「ミス」は、誰でも起こし得るものであるからこそ、「それが起きた時」のカバーリングを意識することがお勧めになるかと感じられました。
 
 「ミスしても大丈夫、いける」という心のゆとり(「楽しむ」)が、厳しいお仕事(「師」)の助け・支えになるのではないか。
 と、そのように見立てました。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加