<無料占い> 経済的に苦しいです。 PN.さくらさんより。

 
 
 今回は、PN.さくらさんからのご相談です。「離婚して数年になります。子供と犬の世話に明け暮れる毎日で疲れ切り、やっと生活している状況です。元旦那が犬を飼っていたのですが、見放しました。今は私が面倒を見ているのですが、病気の薬代が非常に重くのしかかっています。引越しも考えていますし、車が無いと生活できないところに住んでいるのですが、その修理代がまた負担です。いつになったら経済的に楽になれるのか、これからどうのように過ごせば良いか、よろしくお願いいたします。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「夬之同人」(夬、同人へゆく)です。
 
 
 まずは「夬(沢天夬)」の卦を検討します。「かい」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「夬」のかたちは、上が沢、下が天です。天よりも高いような高地にある池に切れ込みを入れれば、水が下に流れてきて、下にいるみんなが潤う、そういうことばが示されています。
 また、この卦は、一番上が陰を示す破線です。陰湿な独裁者に押さえつけられているが、それを下から打倒するようなイメージも持ちます。
 
 「夬」の占いの言葉は、
 
 「夬」とは切り開くことだ。
 毅然とした態度でつまらないトップを打倒すれば、みな幸せになる。
 正しい議論と誠意でもって、仲間を募ろう。
 まず、自分の脇を固めるのを忘れるな。
 断固として行動するのだ。
 
 というものです。
 
 「夬」の卦は、下の立場から見た、いわばクーデター決行のような運勢を示しています。それと同時に、上の立場から読み取れる運勢、クーデターを起こされないように、早めに対策を取るべきだ、という運勢です。
 もう少し普遍化すると、「問題があるならそれを変えるべく断行すべきだ。また、問題があるなら、それが爆発する前に対処すべきだ。」という運勢です。
 そのため、この卦が出た時は、「クーデターを起こす時のように慎重に」・「クーデターを起こされないように穏やかに」と解釈することが多いとされます。
 全体として、無理をしたり、力不足であったりすることが原因で、ものごとがうまくいきにくい、という運気です。
 恋愛・結婚運でも同様です。なかなかうまくいかないと考えられます。
 
 
 
 次に、「同人(天火同人)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「同人」は、「同人誌」の語源となった卦です。同士を広く求めて実行すればうまくいく、という運勢です。
 
 「同人(天火同人)」は、常に高い所にある天と、常に高みを目指そうとする火を組合わせたかたちであり、両者は親しい関係にあると考えられています。
 それを表すものとして、「同人は親しむなり」という言葉が示されています。
 
「同人」の占いの言葉は、
 
 広く同士を集める。
 そうしてたくましい実行力を持てば、難事業でも成功する。  
 知性(火)と実行力(天)が合わさっているのだ。
 
というものです。
 
 「同人」の卦は、ほかの人と一緒に行動すること。心を一つにすること。心を一つにするからには、その目標は不正であってはならないこと。そして、「実行する」こと。等がポイントとされる運勢です。
 いかにも他の人と仲良くやっていそうな運勢ですが、卦の内部を見ると、実は人間関係がうまくいっていない、という運気が見て取れる運気です。それだからこそ、逆に、協力することの重要性を説いた運勢であるということもできるのです。
 
 
 
 以上のような「夬」「同人」の卦を踏まえて、PN.さくらさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、ご相談内容を考え合わせ、変化の関係と解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 おいてけぼりにされた犬の世話をされているとのこと、すばらしい話とは思います。
 が、引き取ってもらう決断も考えるべきかと感じられます。
 好転には半年、あるいは「時間がかかりそう」なイメージです。そのためにも、思いきった決断が必要になりそうです。
 押さえられる出費は押さえること、また、「今の立場で利用できる制度」、それも「信用できる団体(公共団体に近いようなところ)」を調べることがお勧めになりそうです。ネット、また、県や市町村の窓口、「市役所だより/県議会だより」などもフル活用していく方向性、お勧めになるかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「夬、同人へゆく」です。
 
 現在の運気を示す「夬」は、「決断」や「クーデター」などを象徴します。
 古代の社会情勢(クーデター・下克上は不道徳とされていた)や、アドバイスをする側の事情(占い師は、責任を取れる立場にないのだから、できるだけ「なあなあ」な物言いをする方が安全だ)といった問題もあるために、「できるだけ穏やかに」と解釈されがちな卦ではありますが、この卦の本質はあくまでも「決断」です。
 全体として、何かうまく行かない状態です。「上からの圧力」的なものがあったり、どうも力不足であったり、そのようなイメージです。
 それに耐えて、大きな決断をすると、運気が変わってくると考えられています。
 
 大きな決断が必要かと、見立てます。
 やはり犬の負担は、あまりにも大きいかと。「励ましにもなる、家族の一員だ」という意識はお持ちでしょうし、世話をされるご苦労は尊いものであるとは存じますけれども。
 「引き取ってもらう」ことは考えるべきかと。
 
 その他、全体に「決断する」意識をお持ちになることがお勧めかと。
 出費の切り詰め、「大きなところ」を思い切って行うと良いかと感じられます。
 
 
 このような「夬」がやがて「同人」へと変化していくと解釈されます。
 「同人」は、まさに「同人活動」「同人誌」のイメージです。「同じ志を持った人が何人も集まって、みんなで協力して一つの方向に進んでいく」というイメージの運気です。「二人の協力関係」である「比」とは異なります。周囲のみんなを巻き込むように活動するのに向いた運気です。
 内部に対立をはらんでいるという性質を持つこともありますが、「協力して前へ進む」という運気ですので、人間関係に関しては、一般的に吉であると言えます。 
 また、「同人」と言いますと、「内向き、仲間内」的なイメージを想像されるかもしれませんが、実際には少しニュアンスが異なります。
 「地縁・血縁といったムラ社会的な繋がりで固まらずに、外に仲間を探しに行こう」というのが、「同人」の本質です。
 
 「頼れるところは頼る」という方向性、お勧めかと。
 とはいえ、「怪しい」団体や、困っている人につけこむような集団もあると聞きます。
 まずは「信用できる団体(公共団体に近いようなところ)」を調べることがお勧めになりそうです。ネット等を利用し、また、県や市町村の窓口、「市役所だより/県議会だより」などもフル活用していく方向性がお勧めになるかと見立てます。
 家計等についても、県や市によっては相談に乗ってくれる窓口があるそうです。
 
 「情報を集め、つながれるところにつながる」ような方向性はいかがかと申し上げます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加