<無料占い> 彼とこのまま付き合いは続くのでしょうか。 くるとんさんより。

 
 
 今回は、くるとんさん(女性・20代)からのご相談です。「3ヶ月付き合っている彼に別れを切り出されています。電話では平行線をたどったので、現在は保留期間をあけています。理由として、将来が考えられないということを言われました。甘えられることが苦手だった、優しすぎるとも。ここ最近彼の仕事がかなり忙しく、なかなか会えなくなって、別れ話となりました。彼のほうから泣き出してしまったことが気掛かりです。仕事がつらいのであれば支えてあげたいし、なにより私は彼が大好きなので、できれば別れを選びたくないと思っています。今後どうなっていくでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「損(山沢損)」です。最上図をご参照ください。
 
 「損」というと、なんだか悪い卦のように見えます。
 しかし、これは現代風にいうならば、「ボランティア」に近い意味です。
 「損して得取れ」ということわざと絡めて説明されることもあります。
 
 山のふもとに沢があるかたちです。
 沢が深い(低い)ほど、その分、相対的に山は高くなります。
 
 「損」の占いの言葉は、
 
 自らを下の立場に置き、上の人に奉仕する。
 欲望を抑えて、高い理想を目指す。
 誠意をもって、自ら他者のためにほねおりをすれば大吉である。
 
 というものです。
 
 「損」の卦が出た時は、出費や損耗、あるいはほねおりの多い時期と言えます。しかし、「損して得取れ」。後で好転する兆しが見える、そのような運気と言えます。
 仕事でも同様で、苦労や損失の多い時期です。
 人間関係について言えば、こちらが一歩引き、相手を認めるのがよいでしょう。
 
 
 
 以上のような「損」の卦を踏まえて、くるとんさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 「いったん、彼に落ち着いてもらう」ために「保留期間をあける」という今の方針は、正しいかと感じられます。
 「控えめに、ただし接触は保っておく」ようなやり方がお勧めになりそうです。
 苦労は多いかもしれないけれど、粘っているうちに好転してくるかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「損」です。
 「損」の卦は、現代的に表現するならば「ボランティア」です。何かと「しんどい努力が必要になる」とされる時期を象徴します。
 また、「相手次第」という部分もありますので、やはりなかなか大変なイメージもあります。
 自分から行動していく必要がある運気であり、また、自分ひとりの利益を考えていくにはあまり向きません。「急がば回れ」「損して得取れ」的な動き方が要求されるような運気です。
 
 「苦労が多い」、「相手に合わせる」ような「努力をしていく必要がある」とされる運気です。いろいろしんどいことが多いとされます。
 しかし「急がば回れ」で、粘っているうちに好転してくると言われる運勢でもあります。
 
 その観点からすると、現在のくるとんさんの方針は「正しい」かと感じられました。
 無理に自分の主張を押し通すのではなく、彼の主張を受け容れる。それでいて同時に、「完全に切れる」ことのないように、「保留期間」という粘りを見せる。それは「損」の卦にぴったりの動き方かと。
 彼に落ち着いてもらうことが必要かと感じられました。プレッシャーをかけないよう、控えめに。「ただし、接触は保っておく」。そのようなやり方がお勧めになるかと。
 
 彼とのお付き合い、続けていけるのではないかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加