<無料占い> 彼氏との今後。 パズさんより。

 
 
 今回は、パズさん(女性・30代)からのご相談です。「付き合って数ヶ月になる、年下の彼がいます。結婚したいと思っているのですが、どのように進めていくべきでしょうか?こちらから積極的に聞いて行くほうが良いのか、あるいは会う回数を増やすなど、何か努力すると良い点などありますか?彼の気持ちも知りたいです。」とのご相談内容です。
 
 
 得られたのは、「頤(山雷頤)」の卦です。「い」と読みます。最上図をご参照ください。
 
 
 「頤」は、「あご」という意味です。人間があごを動かして栄養を取ることから、「養う」という運気を象徴します。
 
 「頤(山雷頤)」は、上は山(動かない)、下は雷(動く)というかたちです。口を開いたり閉じたりする様子を示しています。
 また、一番上の卦の図を見てもらえればわかりますが、上下の実線があごを、中にある四本の破線が歯を示しています。このことからも、「あご」というかたちが示されているわけです。
 このかたちについて、「立派な人間は言動に注意し、飲食を節制する」という言葉が記されています。
 
 「頤」の占いの言葉は、
 
 養い方が適正であれば、吉。
 本質を見極めて、物理的な栄養物や精神的な教養を摂取しよう。
 重要なのはタイミングだ。
 
 というものです。
 
 「頤」の卦のキーワードは、「養う」です。栄養であり教養であり、また、何を養うか、誰を養うか、その見極めが重要だとされます。
 また、頤は口であり、中の四本が破線(虚)であることから、内心の思いを外に出さない人、あるいは内心を外に出しにくい状況を象徴することもあります。
 総合的に見て、栄養や教養を取り込むような活動には吉です。もっとも、食べたものが栄養になるには消化が必要であるように、結果が出るまではやや時間がかかる、という運気でもあります。
また、口に関わることですので、発言に要注意。不用意な発言で仲間を失うようなことは避けたいものです。
 恋愛・結婚運はあまり良くありません。口論であるとか、内心を見せられないであるとか、中身がないとか、そのようなイメージをも有する卦だからです。
 
 
 
 以上のような「頤」の卦を踏まえて、パズさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 恋愛運としては、やや良くないというところもあります。
 方針としては、「浸透」、「胃袋をつかむ」といった方向性が良いかもしれません。「生活に少しずつ入り込み、居着いてしまう」のはいかがかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「頤」です。
 「頤」は、「あご」です。最上図をご参照いただきたいのですが、卦のかたちからしても、大きく口を開けている様子・中が空洞である様子を示しています。
 このような「頤」のキーワードは、「養う」です。「栄養」であり、「教養」でもあります。
 食べた物を消化して栄養にするまでは時間がかかるように、「結果になるまでは時間がかかる」というイメージがあります。また、「養う―養われる」という人間関係にも縁がある運気です。
 
 「口」から「口論」と言った性質、また「中身が無い」ということから「誠実さに難あり」といったイメージも持ちます。
 そのため恋愛運についてはあまり良くないとも言われます。
 
 が、「頤」には「焦らずじっくり取り組めば、実になってゆく」という性質もあります。
 また、「栄養」という意味合い、「養う」という性質から、「胃袋をつかむ」、「生活を共にしていく」といった方向性は、あるいは有効かと感じられます。
 少しずつ、浸透していくような動き方です。
 
 現状、彼は「山」。あまり動きが見えない状態です。
 これを「雷」(積極性・能動性)のパズさんが動かしていくというのが基本的な方向性かと。ある程度積極的になっていくほうが良いのではないか?と感じられました。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加