<無料占い> これから。 まりのさんより。

 
 
 今回は、まりのさん(女性・40代)からのご相談です。「私は現在、キャリアチェンジのための準備中で、恋人探しをする時間が十分にない状態ではあるのですが、やはりパートナーはほしいのです。しかし、手相占いでは『一生無い』とまで言われたばかりのところです。現況を占っていただけると幸いです。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は「予(雷地予)」です。最上図をご参照ください。
 
 
 「予」は、「あらかじめ」と訓読みします。物事には準備や警戒が重要だ、という運勢です。
 また「たのしむ」という意味があります。心に余裕を持つことが大事であり、また逆に、気を緩め過ぎてはいけないということが示されています。
 
 「予」の卦は、上が雷、下が地です。雷が地上にとどろくかたちを象徴しています。
 大きな音から音楽が生まれたように、心に余裕を持つべきだ、という言葉が記されています。
 
「予」の占いの言葉です。
 
一つの陽に残りが応ずる。時のめぐりに従って動けば吉。
時のめぐりに従って動くから、天地も日月も、四季も動いていくのだ。
このような、予のもつ、「時」にかかわる意義は重要である。
 
 というものです。
 
 「予」の卦が出た時は、「あらかじめ」の準備が大事です。また、「楽しむ」という意味からは、人を楽しませ、自分は楽しみに溺れないように、という心構えが吉を呼ぶと考えられています。
 また、雷は音ばかり大きいものの、実害が生ずる範囲がピンポイントであることから、音ばかりで実がないというイメージを持たれていました。「予」の卦が出た時は、そのようなことがないように心掛けるのもよいとされます。
 「予」の卦が出た時は、雷が地上を震わすに従って、土の中から生き物が顔を出すように、人が世の中に出てくる運気があるとされます。しかし、雷はもともと音ばかり大きいもの。チャンスはあっても慎重にふるまうことが重要です。運気は上昇傾向ですが、不安定なもの、「時機を逸しない」ことが重要です。
 「予」は、恋愛・結婚運については、かなり良い運気です。「たのしむ」という側面があるため、こころ楽しい恋愛や結婚には良いのです。もっとも、「たのしみに溺れ」がちな運気でもありますので、場合によっては注意しなければなりません。
 
 
 
 以上のような「予」の卦を踏まえて、まりのさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 結論です。
 
 「期待しすぎない」、「楽しくお付き合いをする」ようなお付き合いであれば可能かと感じられました。
 踏み込んで、「結婚」に近いような関係を考えて行くのは、現況では難しいかもしれないと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「予」です。
 「予」は、重層的なイメージを持つ卦です。
 しかし、そのイメージをまとめますと、「あらかじめ・楽しむ・楽しませる(楽しみに溺れない)」と言う3つの性質となります。
 
 「楽しむ」恋愛であれば、可能かと感じられます。
 「あらかじめ」という性質を考え合わせても、「割り切る」ことが大切になるかと。
 一方で、「踏み込む」にはあまり向かぬ運勢とされます。
 心のどこかで「計算」を立てておくようなお付き合いに向いた運勢であるかと。
 現況については、そのように見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加