<無料占い> 既婚者。 ピヨちゃんさんより。

 
 
 今回は、ピヨちゃんさんからのご相談です。「既婚者の男性と、短期間割り切った関係になりたいです。もうすぐ転勤が決まっています。どうしても好きで、あちらも悪い気はしていなさそうです。可能でしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「節(水沢節)」です。最上図をご参照ください。
 
 
 「節」は、もとの意味は「竹のフシ」です。区切りをつけてしめくくる、ということです。
 そこから、「節約する」という意味と、「節度を守る」という意味が生じました。欲を抑えて、苦しみを受け入れるべき、という運気です。
 
 「節(水沢節)」は、上が水、下が沢というかたちです。沼(沢)が水をたたえ、枯渇もせず氾濫もせず、ちょうど良い状態を保っているかたちを示しています。
 このかたちについて、「生活に規律を保つべきだ」という言葉が書かれています。
 
「節」のうらないの言葉は、
「節」は伸び栄える。
平衡感覚を保って、苦しみに耐えるべきだ。
「節」は苦難を喜んで引き受け、自らの節度を保つべきことを示している。
 
というものです。
 
 「節」の卦は、上が水、下が沢ですが、水には「苦難」の意味があり、沢には「喜び」の意味があります。そのため、苦しみを受け入れるべきだ、という意味になります。
 ほどよい所にとどまって、手に入らないものには欲を抱かず、固執しない。情に流されすぎない。そうあるべきだ、という運気です。
 この卦については、分析の視点が二つあります。一つは、最高の運気である「泰」が傾こうとするのを、「節」によってとどめるべきという視点です。もう一つは、水が涸れるような最悪の運気である「困」が変化したものが「節」であり、漏れ出る水を下で支えている、という視点です。
 好調な運気とまでは言えないが、節度を守り、日々を平穏に控えめに過ごせば、だんだんと開けてくる運勢であるといえます。大きな事業には向きませんが、日常的なことをやっていくには良い運気です。
 
 
 
 以上のような「節」の卦を踏まえて、ピヨちゃんさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 結論です。
 
 易占の立場のひとつとして、「『そもそも、いけない』という考え方もある」ということは、前提として申し上げます。
 その上で、ですが。
 ポイントは2つかと。「その後、絶対に割り切ること。きれいに別れられるか」、「その旨を、明確に相手に伝えられるか」。この2つを守れるならば、あるいは可能かと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「節」です。
 「節」は、もともとは竹の「ふし」という意味です。竹は、伸びる時はスイスイと伸びますが、「ふし」で一旦成長を引き締めますよね。そしてまた伸びていく。伸び伸びする時と、引き締める時とを交互に使い分けて、高く伸びることができるわけです。
 したがって、この卦が得られた時の心構えは、「節度」すなわち「メリハリ」です。
 しかし、その意味については、気をつけていただきたいことがあります。
 「節度がない」というと、「お酒の飲み過ぎ」とか、「ギャンブルのやりすぎ」とか、だらしない方面ばかりが想像されますが、それだけではありません。
 逆の状態、「気の遣いすぎ」「働き過ぎ」「頑張り過ぎ」も、メリハリを失っている状態ですので、「節度がない」とされるのです。緩める時は緩めなければならないのです。
 (たとえば、「苦節」という言葉があります。「苦節~年」と言うと、通常は「よく頑張った、えらい」というイメージで捉えられますが、易の用語としては、「そんなに苦しむほど頑張らなくても……」というイメージの言葉とされています。)
 
 
 易占は、「道徳的な占い」ということを標榜しております。
 したがいまして、「不倫は、そもそも絶対にダメ。占うことすら許されない」という考え方を採用する易者もいます。
 私はそこまでの立場には賛同いたしかねますが、それでも。
 不倫はいろいろと大変で、両当事者と周辺全体に、悲しみやトラブルを巻き起こすことが「多い」とは、感じております。「できることならば、しない方が良いのでは?」ぐらいの立ち位置にあります。
 
 その上で、ですが。
 「節」の卦のポイントは、「バランス」あるいは「けじめ」です。
 したがいまして。「割り切り」は、絶対に大切になってくるかと。
 
 嫌なことを言う、とお思いになるかもしれませんけれど。
 「割り切るつもりだ」と口にしつつ、そのまま踏み込んでいく。あるいは、割り切れずにずるずる行く。そういう方、多いです。
 
 「節」の卦からすると、そのスタンスは絶対にお勧めできません。
 「絶対に割り切ること」は、必要になるかと感じられます。
 
 もうひとつ。
 相手の男性は、「守るべきもの」をお持ちかと。そうなると、男性は「臆病」あるいは「慎重」になりがちかと。「誠実」とも言えます。
 したがいまして。「絶対に、そちらに影響を及ぼさない(絶対に、割り切る)」ことを、相手にしっかり伝えることが大切ではないかと。
 それができれば、あるいは。そのように、見立てます。
 
 お勧めしているわけではありません。
 そのことは、申し添えます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加