<無料占い> 恋愛について。 ゆかさんより。

 
 
 今回は、ゆかさん(女性・20代)からのご相談です。「しばらくお付き合いしていた彼に振られて、少し経ったところです。元カレとの楽しい思い出が蘇り、復縁したい!と思うときと、復縁してもまた傷つくだけだと思うときと、感情の起伏があります。私はこれから、元カレと復縁できるのでしょうか?できるとすれば、それはいつ頃でしょうか?それとも、元カレのことは諦め、前に進んでほうが幸せになれるのでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「蠱(山風蠱)」です。「こ」と読みます。最上図をご参照ください。
 
 「蠱(山風蠱)」の字は、皿に虫が湧いている様子です。腐敗と混乱を意味します。
 
 この卦は、山の下に風、つまり、「おろし」のような、厳しい状態を示すかたちです。
 あるいは、動きのないもの(山)に、陰湿なもの(風)が入りこんで、中に虫がわいている、という形です。
 
占いの言葉は、
 
 山は高くなろうとし、風は吹き下ろそうとする。上下の心が離れて行っている。
 部下はただうなずくばかり(風・八方美人)で、上司は動こうとしない(山)。
 今は腐敗混乱の時期だ。しかしやがては大いに伸び栄える。
 腐敗が極まれば、そこから新しいものがうまれるのだ。
 積極的な精神で事に当ろう。
 ただし、なぜこうなったかはよく考えるべきである。
 
というものです。
 
 「蠱」の卦は、「泰」(最高の運気)から動いてきてこの運気になることが多いとされる運気です。最高の運気に慣れ親しみ、努力や心配りを怠った結果、虫が湧くような陰湿な状況に陥ってしまう、そのような運気です。人間関係でも、ともすれば陰湿な葛藤が起こりがちです。
 このような時は、腐った物を処分するように、一念発起するのが良いと考えられます。ただ、一念発起と言っても、全く新しいことをするには向きません。イメージとしては、古いものを捨てる、といったところです。
 まずはきちんとこれまでの状況を見直し、積極的に自己改革です。運気としては虫がわいているような不快な状況ですから、困難は続きますが、努力を続ける中、ある段階で不意に好転する、そのような傾向がみられる運気でもあります。
 
 
 
 以上のような「蠱」の卦を踏まえて、ゆかさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 「元カレのことは諦め、前に進んでほうが幸せになれる」かと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた「蠱」は、「お皿に虫が湧いている」ような、あまり気分の良くない運気です。
 「蠱」は、「以前の良い状態」や、あるいは(良いことではなくとも)「以前に起こったこと」を、すっぱりと切り捨てずにいたために、残ったものが淀んでしまっている、というような状況を示唆します。
 胸焼けがするような、胃が酸っぱいような、嫌な気分になりがちな時期ですが、救いもあります。「虫が湧いてしまった食べ物は、もったいなく思えても、きっぱり捨てる。」それができれば、気分はスッキリします。運気は良い方向に向かうでしょう。 
 
 
 いろいろと思い悩むこともおありかとは、存じます。
 しかしその恋は、やや失礼な申しようにはなりますが、「賞味期限切れ」です。無理をすれば心身に不調を来たしかねません。
 「キッパリ振り捨てて、次の恋に向かう」ことができれば、運勢が開けてくる。そのように、見立てます。
 
 
 一概には言えませんけれども、復縁については、「元に戻る」のではなくて、「新たに恋に落ちる(その相手が偶然同じ人だった)」ものであることが多いように感じます。
 したがいまして、復縁を考えるケースにおきましても、「別れた後、そのままの自分」では、あまりうまくいかないケースが多いかと見立てます。
 いったんきれいにリセットして、新たな恋をして、少し違う自分になって。……その時に、偶然元カレと出会って、また新たに恋をするなら、復縁ということもありうるかもしれませんけれど。
 復縁を「目指す」というのは、方向性としては違うかなと。
 
 少なくとも今は、復縁を目指して行動すべきではない。スッパリ諦めて、新たな恋をすることで、その先に幸せがある。
 そのような運勢かと、見立てました。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加