<無料占い> 仕事占い。 ゆまさんより。

 
 
 今回は、ゆまさんからの、「旦那の転勤先を占ってほしい(生年月日)」とのご相談です。
 
 
 完全に「あてもの」に属しますので、「古来、そのようなことが言われてきた」内容を紹介するにとどめます。
 ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。
 
 
 得られた卦は、「兌(兌為沢)」です。最上図をご参照ください。
 
 「兌(兌為沢)」は、上下とも沢というかたちです。「沢」は、口や少女を意味します。少女たちが集まっておしゃべりしているように楽しげなかたちを意味します。
 
 このかたちについて、「友人たちと励まし合い競い合って、向上していこう」という言葉が示されています。
 
「兌」の占いの言葉は、
 
 「兌」は伸び栄える。「よろこび」という意味である。
 外柔内剛の徳性を示している。
 正しい道を行く自然な喜びを貫けば万事順調。
 よろこびの心は、人を励まし、苦難を乗り越えさせるものなのだ。
 
 というものです。
 
 「兌」は、よろこびを意味します。しかし、よろこびに溺れてはいけないわけで、何事にも慎ましさを忘れず、欲望をほどほどにとどめれば、良い結果につながる、という運気です。
 日々の平穏については吉ですが、大きなことをするにはやや勢い不足と考えられます。
 人間関係でも、小さなこと、楽しんで軽い付き合いをするには悪くない卦です。一方、しっかりした人間関係が必要な場合には、慎重にならなければならない運気といえます。注意すべきこととして、「口は災いのもと」にならないように、と言われています。また、相手の人柄について、口ではうまいことを言い、表面の人当たりはいいけれど、虚言癖であったり、やや内実に乏しい人物である可能性があるとされます。
 恋愛関係で言えば、間違いが起きやすい運気であると言われてきました。現代的に言うならば、軽い関係、遊びの恋愛と考えるならばまあそれでも良いのですが、結婚等を考える真剣なおつきあいには向かない運気であるとされます。上記のように、相手側がやや内実の乏しい人物であるという可能性があるからです。
 
 
 
 と、以上は「兌」に関する一般的な解説となっております。
 今回は、これとは直接に関係しない「あてもの」ですので、以下はそれについて申し上げます。
 
 
 
 結論です。
 
 「西」かと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「兌」です。
 上では、「兌」についての伝統的・一般的な解説を申し上げましたが……。
 
 純粋に「あてもの」として申し上げるならば。
 「兌」のイメージは「西」となります。
 
 したがいまして、転勤先は「西」かと。
 そのように見立てます。
 
 私は、あてものを志向しておりません。
 また、本来易占は、「お互いの信頼関係に基づいた上で、情報交換をしっかり行った上で」執り行うのが本筋です。
 
 したがいまして、今回の記事はまさに「当たるも八卦当たらぬも八卦」、精度については相当に低いものであるということは、申し上げておかなければならないところかと存じます。
 「話のタネ」程度に考えていただきますよう、お願い申し上げます。
  
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加