<無料占い> 恋愛について。 はいじさんより。

 
 
 今回は、はいじさん(女性・40代)からのご相談です。「ずっとパートナーがいません。年齢も年齢でして、このままひとりなのかと思う徒、寂しくなってきております。恋愛もずっとしていないので、できるのかどうか。臆病になっております。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「同人(天火同人)」です。最上図をご参照ください。
 
 
 「同人」は、「同人誌」の語源となった卦です。同士を広く求めて実行すればうまくいく、という運勢です。
 
 「同人(天火同人)」は、常に高い所にある天と、常に高みを目指そうとする火を組合わせたかたちであり、両者は親しい関係にあると考えられています。
 それを表すものとして、「同人は親しむなり」という言葉が示されています。
 
「同人」の占いの言葉は、
 
 広く同士を集める。
 そうしてたくましい実行力を持てば、難事業でも成功する。  
 知性(火)と実行力(天)が合わさっているのだ。
 
というものです。
 
 「同人」の卦は、ほかの人と一緒に行動すること。心を一つにすること。心を一つにするからには、その目標は不正であってはならないこと。そして、「実行する」こと。等がポイントとされる運勢です。
 いかにも他の人と仲良くやっていそうな運勢ですが、卦の内部を見ると、実は人間関係がうまくいっていない、という運気が見て取れる運気です。それだからこそ、逆に、協力することの重要性を説いた運勢であるということもできるのです。
 
 
 
 以上のような「同人」の卦を踏まえて、はいじさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 「パートナー、恋愛」という意識から、いったん離れるのが良いのかもしれません。
 浅くつきあえる、「お友達」を広く探していくような方向性はいかがかと。その中で、「時間と生活を、シェアできる相手」を探していくという方向性です。
 「四六時中一緒/一対一のパートナー」ではなくて、「同性のお友達」と似たような意味合いでのお付き合い。その中にヒントがあるのではないかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「同人」です。
 「同人」は、まさに「同人活動」「同人誌」のイメージです。「同じ志を持った人が何人も集まって、みんなで協力して一つの方向に進んでいく」というイメージの運気です。「二人の協力関係」である「比」とは異なります。周囲のみんなを巻き込むように活動するのに向いた運気です。
 内部に対立をはらんでいるという性質を持つこともありますが、「協力して前へ進む」という運気ですので、人間関係に関しては、一般的に吉であると言えます。 
 また、「同人」と言いますと、「内向き、仲間内」的なイメージを想像されるかもしれませんが、実際には少しニュアンスが異なります。
 「地縁・血縁といったムラ社会的な繋がりで固まらずに、外に仲間を探しに行こう」というのが、「同人」の本質です。
 
 「同人」は、良好な人間関係を象徴する卦です。
 しかし、「一対一の関係」や「べったりの関係」とはやや趣が異なります。
 「同志」や「同僚」、「よき友人」といったイメージです。
  
 「恋愛をずっとしていない」ということで気後れを感じられるならば、「まずは友達をたくさんつくる」という発想はいかがでしょうか。
 最初から深いお付き合いを考えるのではなく、浅く気楽に付き合える人を増やしていく。そういうつもりで、人と接していく。
 その中で、「自分の手持ちの時間あるいは生活を、一定の範囲内でシェアできる」ような相手を探していく。
 ……と、そのような方向性です。
 
 言ってみれば、同性のお友達を作る「ような」感覚・意味合いでのお付き合いです。
 そうして交友関係をまずは「広げる」中から、何かヒントとなるイメージが生まれてくるのではないかと。
 そのように見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加