<無料占い> 転職し気分新たに新生活。 林檎さんより。

 
 
 今回は、林檎さん(女性・40代)からのご相談です。「私は職を掛け持ちしています。そのうち、平日の仕事について転職しました。良い職場で、続けて働きたいのですが、ひとりだけ傲慢な人がいて、その人とうまくいきません。こないだ、ついに我慢ならずに、不満であることを伝えたところ、いち従業員にもかかわらず『あなたは試用期間、こっちは見させてもらう立場だから』と聞く耳持たずです。私も気がキツイことは自覚しています。穏やかに円満に勤務したいのですが、どうしたら良いでしょうか。人の入れ替え等、会社がいろいろとひと区切りついた時期に私も勤め始めたので、一からのスタートと意気込んでいるところなのです。生活を安定させたい一心でもあります。よろしくお願いします」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「大壮之臨」(大壮、臨へゆく)です。
 
 「大壮」は、「おおいにさかんである」と訓読みします。陽気で騒がしい様子を示します。明るいのは良いのですが、やや中身が伴っていない、という運気です。
 
 「大壮(雷天大壮)」は、上が雷、下が天というかたちです。雷鳴が天上にとどろいている、まさに壮大な様子です。「このような時は、礼に外れた行いはしないものだ」という占いの言葉が示されています。
 
 「大壮」の占いの言葉は、
 
 大いなる陽の気が盛んである。
 盛んに活動しているのだ。
 正しく活動してこそ順調にすすむ。
 
 というものです。
 
 「大壮」は、陽気で騒がしく、活動的な運気を示しています。悪い運気ではありません。ただし、調子に乗りすぎないように注意、という運勢です。
 「大壮」は、冒頭の説明がわずかふた文字(「利貞」)という、やや珍しい卦ですが、それもこのことを表しています。
 「利貞」は、「正しくしていれば良い」というような意味です。勢いが盛んなので、脇道にそれたり、誰かに引きずられたり、調子に乗りすぎたり、悪事に走ったり、そういうことだけ気をつけましょう。
 アクセルばかりではなくブレーキも忘れずに、そんな運勢です。
 
 
 
 次に、「臨(地沢臨)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「臨」は、「臨む」、つまり、見ることです。
 より詳しく言いますと、上から下のものを見下ろす、上から支配と保護を及ぼす、そのような運気です。「君臨」・「神降臨」という言葉がありますが、その「臨」です。
 ただじっと観察するわけではなく、能動的に見ていることでもあります。
   
 また、この卦は、岸(地)に立って沼沢(沢)に臨む、というかたちを象徴しています。
 やはり上から下を見るわけですね。
 六本の線のうち、下の2本が陽を示し、陽がだんだんと上がってきている様子を示しています。
 
 占いの言葉は、
 
 剛・陽の気がしだいに盛んになり、上下とも喜ぶ。
 天の道にかなって、大いに栄える。
 変わらぬ心を持っていれば、万事順調。
 しかし、もの盛んなれば必ず衰う。
 陽気が衰退する八月(太陽暦ならば8月末~10月初頭)には凶に転ずる。
 
 というものです。
 
 「臨」の卦は、陽の気が成長している途上にある、と解釈されます。
 「坤」(全て陰)→「復」(一陽来復、下一本だけが陽)→「臨」(下二本が陽)→「泰」(下三本が陽、最高の運気)……という流れです。ですから、このままいけば「泰」、最高の運気になって行く、と考えられている運気です。もっとも、「泰」以降、だんだん運気が衰えていく、その動きもまた必然的で止められないものと言えます。ですから、占いの言葉にも戒めが記されているわけです。
 
 「臨」は、「見る」という意味ですが、易にはもう一つ、「観」という「見る」の卦があります。
 「臨」と「観」の違いですが、前者には「上から下を見る」、また、「積極的に参加していく」ニュアンスがあります。(例えば神降臨、と言う言葉を使う時は、神が人に干渉している・影響力を及ぼしていますよね?)一方、後者は、「下から上を見る」、また、「一歩引いて、傍観者的な立場をとる」というニュアンスがあります。
 したがって、「臨」の卦が出た時には、積極的に行動を起こすのが良い運気です。
 
 「臨」の卦は「復」(一陽来復)から来て「泰」(安泰)に行く、良い運気です。
 もっとも、「臨」の卦の内部には、「震」(から騒ぎ)の要素が含まれています。すなわち、運気が良く、積極的になるのが良いといっても、調子に乗ると大変なことになりかねない、そのような運勢でもあるわけです。つまり、「うまい話には気をつけろ」という時期であると言うことができます。
 運気が良いからこそ、気を引き締めて、本業に邁進しましょう、ということですね。
 人間関係一般を見るときには、こちらを「沢」、相手を「地」と見ます。「地」は、誠実で柔軟、懐が広いのですが、優柔不断。「沢」は少女を象徴し、軽快な人柄、明るくおしゃべりだが、失礼ながらやや軽薄かも、と考えていきます。
 恋愛運についても、「臨」ですので、やや好調とみることができます。ただ、「臨」は、上で申し上げたように、自分から行動を起こして行くことが重要になります。
 
 
 
 以上のような「大壮」「臨」の卦を踏まえて、林檎さんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、卦の性質から見て、変化と解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 「今のままで良い」と見立てます。
 それが円満を呼ぶ……と言いますか、そんなことでストレスをためる必要はありません。
 大人しく言うことを聞く人も、ひとつの「人材」ではあるかと存じます。しかし、理不尽には声を上げていく人もまた「人材」。
 強い気持ちで働き続ける人は歓迎されるかと。今の気持ち、行動の方向性で良いと感じられました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「大壮、臨へゆく」です。
 
 現在の運気を示す「大壮」は、、「素早い動き」を象徴する「雷」と、「継続して動き続ける」ことを象徴する「天」とで構成されています。
 そのため、非常に積極的で能動的。また、「陽気で騒がしい」という性質を持ちます。勢いの強い、良い運気です。しかし、なかなか中身が伴ってこないという性質、勢いが良いぶんだけ細やかさに欠ける(がさつ)という問題点があります。
 この「大壮」の卦が得られた時の心構えは二つあります。ひとつは、「正しくあること」です。もう一つは、「勢いに乗ること(ただし、調子に乗り過ぎないこと)」となります。
 
 「自分の思うように振舞って良し」、「ありのままで良い」という運勢を象徴します。
 変に遠慮して「自制する」「ブレーキをかける」ような動き方は良くないというイメージです。
 (もちろん、「アクセル踏みっぱなしも良くない」ので、そこは難しいところですけれど)
 
 このような「大壮」が、やがて「臨」へと変化していくと解釈されます。
  「臨」は、勢いのある良い運気です。イメージは、「君臨」です。「自分から積極的に、リーダーシップをとる(流れを決めてゆく)」のが良い、とされます。
 勢いのままにまとめやすいと言える運気です。多少強引でも行動していけば、周りもそれに合わせて動いていく、というイメージです。
 また、「臨」には、字の如く「臨機応変」のイメージもあります。積極的に動いていけば、後はどうにかアドリブで回していけそうだ、というイメージなのです。
 
 「臨」の卦については、芝居がかっている上に青臭いですけれど、「人生という舞台の主役は、自分自身なのだ」という言葉がピッタリ当てはまります。
 「大壮」とよく似ていますけれど、こちらの方が良い運気です。
 いずれにせよ、「自分が考えるとおりに振舞うべきだ」という方向性です。
 
 
 「穏やかに、円満に」。それはもちろん、悪くない発想かとは思います。
 しかし、「気がキツイ」との自覚をお持ちでもある。また、生活を安定させるべく、毎日一生懸命お仕事をされてもいる。
 そのような「強さ」「たくましさ」「しなやかさ」も、大切な資質ではないでしょうか。
 
 試用期間でもあり、不安に思われるのは仕方無いところかもしれません。
 それでも、一生懸命働いているならば、きっと受け容れてもらえるかと思うのです。
 かりに、今回のケンカ(?)を理由に、「お断り」されてしまったとしても。文面から伺われるバイタリティからして、きっと次の職場、見つかると思うのです。
 
 「ケンカで凹む」、「円満に大人しく振舞おうと無理をする」……そのような方向性は、お勧めできないかと見立てます。
 会社からは、「おとなしさ」ではなく、「強い気持ち」をこそ評価してもらえる(もらっている)はずです。
 それに、そういうところで「遠慮する」、「ストレスをためる」余裕、ありませんよね。
 遠慮せず、強い気持ちで、家族のために頑張る。
 その姿勢で回していくほうが良いと思いますし、その方がうまく回っていくかと。そのように、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加