<無料占い> 無題。 jasmineさんより。

 
 
 今回は、jasmineさんからの「過去の経験により誰にも心を開けなくなっています。いつも一人です。いつか心開ける相手が見つかりますか?私を受け容れてくれる誰かとお付き合いもしたいです。」とのご相談です。
 
 
 得られた卦は、「謙(地山謙)」です。最上図をご参照ください。
 
 
 「謙」は、「謙遜」、「へりくだる」ことを意味します。  
 自慢したくなる気持ちを抑えてへりくだるとよい、という運気です。  
 
 「謙(地山謙)」は、上が地、下が山というかたちを示しています。高い山が、低い所にある地の下に身を置くようにへりくだっているかたちです。  
 貧富の格差をなくすようにこころがけるとよい、という為政者向けの言葉が占いの言葉として示されています。
 
「謙」の占いの言葉は、
 
「謙」は、伸び栄える。  
驕慢を憎んで謙虚を好むのが人の道だ。   
謙遜ならば上にあって光り輝き、下にあっても侮られない。   
謙であれば終わりを全うできるのだ。  
 
というものです。
 
 この卦が出た時は、謙遜、へりくだる心を忘れないことが基本となります。  
 自分の我を張り、押し出していくのは慎んだ方が良い、という運勢です。  
 もっとも、「謙遜」は卑屈になるのとは違います。自分が大事だと考えることはしっかりと守りつつも、人間関係において相手を尊敬する気持ちを持つ、ということです。  
 結婚運については、「良縁であるがまとまりにくい」とされる運気です。あるいは、のちのち結婚につながるような出会いはすでにあるのだが、すぐに結婚に向かうような関係にはない、という運気です。  
 男性の場合は、女性関係に注意と言われる卦でもあります。
 
 
 
 以上のような「謙」の卦を踏まえて、jasmineさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 「可能性はある」と見立てます。
 ただ、「(全て)受け容れてもらおう」とする発想よりは、「自分が先に開いていく」発想のほうが可能性が広がるかと。
 「相手に期待しすぎない、期待させすぎない」こともお勧めになりそうです。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「謙」です。
 「謙」の卦は、まさに「謙遜」。「へりくだること」「相手を尊重する気持ち」を示します。
 上の説明でも、「自分の我を張り、押し出していくのは慎んだほうが良い」という表現を使っていますが、これだけではやや誤解を生むところもありうる表現ではあります。
 「謙」の卦については、注意事項として必ず申し上げなくてはならないポイントがあります。それは、「謙」は、「卑下」とは異なるということです。「自分を不当に貶めることで、相対的に相手を高い立場として扱う」ことは、「謙」ではありません。  
 相手を尊重するその前提として、自分も尊重する。自分にとって大事なこと・譲れないこと等を固く守るからこそ、相手の大事なものへの配慮もできる。それが「謙」です。
 また、「謙」の卦は、「今すぐ結果にはならないけれど、『後々結果として実を結ぶであろうもの』は、すでに手に持っている」ような運勢であるとも言われます。
 
 
 「自尊」を忘れずに。
 それはひとつのお勧めになるかと。
 
 同時に、「一歩引く」ことがお勧めとなる卦でもあります。
 「相手に期待しすぎない、相手に期待させすぎない」こともお勧めになりそうです。
 その点について、2つほど。
 
 ひとつは、「(全て)受け容れてもらおう」とする発想よりは、「自分が先に開いていく」発想のほうが可能性が広がるかと。
 
 もうひとつですが。
 「心が開けない」というお気持ちについて、私から申し上げて良いかどうかは分かりかねますけれど。
 「ゼロか100%か」というよりは、「割合」的に(?)考えるほうが良いのかもしれません。
 「知り合い」「友達」「親友」「恋人」……心を開く範囲は全て違いますし。
 恋人だからと言っても、「自分とは別の存在」である以上は、100%心を開くことはかないませんし。
 
 「開ける範囲で、開いていく」。それにつれて、相手も「それなりに、開いてくる」。
 その過程の中に、ヒントがあるかもしれないと感じられました。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加