<無料占い> 恋愛鑑定お願いします。 さくらさんより。

 
 
 今回は、さくらさん(女性・20代)からのご相談です。「知り合いになってから数年経った彼に、去年から片想いをしています。何度か告白しようかと思ったのですが、臆病でついタイミングを逃して現在に至ります。以前は月に1~2回は会っていたのですが、今年に入ってからは一度しか会えていないうえ、彼からの連絡もありません。彼の現在の気持ち、今後の私の恋愛運が知りたいです。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「升(地風升)」です。最上図をご参照ください。
 
 「升」は「のぼる」と訓読みします。運気上昇の気配です。
 
 地面の下から木(巽は風だけでなく木も象徴します)が生えてくる、のぼってくる、そういうかたちです。
 
占いの言葉は、
 
大いに伸び栄える。
優れたリーダーにしたがってゆけ。
案ずることはない。喜びが訪れるだろう。
南に行くと、吉。
 
というものです。
 
  易では、運気上昇に関する卦は三つあります。「晋」・「漸」・「升」です。
 「晋」は、一気に上昇するけれど、そのぶん安定感に欠けます。
 「漸」は、着実に上昇しますが、勢いが強いわけではありません。
 「升」は、その中間、一番バランスよく運気が上昇する卦です。
 
 この卦は、他者の支え、引き上げがあって運気が上昇する、という運勢です。しかしその前提として、自らの内側に強い意志を持っている必要があります。植物で言えば、地面から芽を出そうとしなければ、世話をする人も水のあげようがないわけです。
 全体的には、最初はやや苦労が多い・進展が見えにくいけれども、ある段階から着実に運気が伸びる、そういう運気です。
 仕事運について言えば、「地面から植物が芽を出す、埋もれていたものが明るいところへ出てくる」というイメージから、新しい計画に着手するには吉と見ます。あるいは、いま現在そのような計画をしているところだ、という状態にあることが多いとされます。
 恋愛・結婚運については、大吉と言われています。女性について占った場合、昔であれば、「玉の輿」と言われるような運気です。ただ、現在の、恋愛結婚中心の結婚観では、そこはやや割り引いて考える必要があると思います。
 何か迷うようなことがある、という局面では、上記の、「南に行くと、吉。」(原文では、「南征吉」)という言葉が重要になってきます。南の方へ行くこと、火や暖かいものに関連すること、明るくて華やかなこと、そういう方向で選択するのが良いと思われます。
 
 
 
 以上のような「升」の卦を踏まえて、さくらさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 「彼の気持ちは、現状、あまり動いていない」かと見立てます。
 まずは、昨年同様、会う機会を増やすところから。その中から、運気の急上昇が見込めるのでは無いかと感じられます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「升」です。
 「升」は、勢いが強すぎもせず弱すぎもせず、バランスよく上昇してゆくという運勢を象徴しています。最高に良い運気の一つと言えます。
 また、「升」は上が「地」で下が「木」(「風」は、「木」も象徴します)というかたちをしています。植物が土の中にあって、やがて芽を出し成長してゆくイメージです。「ひとの助けが得られる」という運気ですが、その助けを得るためには、まずきっかけとして、植物自身が芽を出していかなければなりません。最初は自分の側から努力をしなければならない、ということです。
 
 恋愛・結婚運としては、かなり良いとされる運勢です。
 
 もっとも、彼の現状は「地」。
 「受け身」で、「あまり動きが無い」というイメージかと。
 
 また「升」には、「最初の一歩(からしばらくの間)は、自分から踏み出して努力していく必要がある」というイメージを強く持ちます。
 いきなり告白することも、悪いとは言えませんけれども。
 まずは、年同様、会う機会を増やすところからかと。
 その中で、可能性、運気、あるいは彼の気持ち……そういったところに、良い方向への変化が現れるのではないかと。
 そのように、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加