<無料占い> 自尊心。 たいこさんより。

 
 
 今回は、たいこさんからの、「自分を責めたり犠牲にする性格が治らず、苦しいです。どうしたら楽になるでしょうか」とのご相談です。
 
 
 得られた卦は、「大壮(雷天大壮)」です。最上図をご参照ください。
 
 「大壮」は、「おおいにさかんである」と訓読みします。陽気で騒がしい様子を示します。明るいのは良いのですが、やや中身が伴っていない、という運気です。
 
 「大壮(雷天大壮)」は、上が雷、下が天というかたちです。雷鳴が天上にとどろいている、まさに壮大な様子です。「このような時は、礼に外れた行いはしないものだ」という占いの言葉が示されています。
 
 「大壮」の占いの言葉は、
 
 大いなる陽の気が盛んである。
 盛んに活動しているのだ。
 正しく活動してこそ順調にすすむ。
 
 というものです。
 
 「大壮」は、陽気で騒がしく、活動的な運気を示しています。悪い運気ではありません。ただし、調子に乗りすぎないように注意、という運勢です。
 「大壮」は、冒頭の説明がわずかふた文字(「利貞」)という、やや珍しい卦ですが、それもこのことを表しています。
 「利貞」は、「正しくしていれば良い」というような意味です。勢いが盛んなので、脇道にそれたり、誰かに引きずられたり、調子に乗りすぎたり、悪事に走ったり、そういうことだけ気をつけましょう。
 アクセルばかりではなくブレーキも忘れずに、そんな運勢です。
 
 
 
 以上のような「大壮」の卦を踏まえて、たいこさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 「好きなことを我慢しない」ことから始められるのはいかがかと見立てます。
 また、もう一つ、即物的(?)な方針として。「大きな声を出す(歌を歌う、など)」がお勧めになるかとも感じられました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「大壮」です。
 「大壮」は、、「素早い動き」を象徴する「雷」と、「継続して動き続ける」ことを象徴する「天」とで構成されています。
 そのため、非常に積極的で能動的。また、「陽気で騒がしい」という性質を持ちます。勢いの強い、良い運気です。しかし、なかなか中身が伴ってこないという性質、勢いが良いぶんだけ細やかさに欠ける(がさつ)という問題点があります。
 この「大壮」の卦が得られた時の心構えは二つあります。ひとつは、「正しくあること」です。もう一つは、「勢いに乗ること(ただし、調子に乗り過ぎないこと)」となります。
 
 
 「大壮」の卦からすると、「やりたいようにやれば、それだけでうまく回る」という運勢なのですけれども。
 「それが難しい、なかなかできないのだ」というのがお悩みですよね。
 
 ならば、まず第一歩として。
 「何かひとつぐらいは、一切我慢をせず、やりたい放題にやる」というところから始めてみてはいかがかと感じられました。
 「好きなこと」……趣味でも、食べ物でも、睡眠であっても。何か一つは、ありますよね。
 それだけは、絶対に我慢しない、妥協しない。好きにやる。……そのような自己主張を、自分の中に育てていく。
 そこから、「外へと向かう自己主張」も可能になっていくのではないかと見立てます。
 
 また、「大壮」には「騒がしい」という性質があります。
 「大きな音を立てる」ことも、ひとつのお勧めになるかと。
 「声を出す」ことには、気分を前向きにしていく効果があると聞きます。他の人に自己主張するためにも、声は大きいほうが良いというところはあるかと。歌を歌う等、声・喉を鍛える(?)のも、即物的な方針として、悪く無いかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加