<無料占い> 今後の仕事について。 ほさかんねさんより。

 
 
 今回は、ほさかんねさんからのご相談です。「派遣で長く働いているのですが、最近仕事の量が減り、別部署へのフォローに回されることが増えています。そちらの部署が忙しいからというより、私の所属している部署が暇だからという理由によっているような気がしてなりません。会社側が派遣切りをする、あるいは派遣会社との契約の見直しをするなどという話が聞こえてきています。私としては、いまの部署が好きで働いているので、どうしようか悩んでいます。別部署に異動になるようなら辞めたいと思っています。ずっとこの会社にいることは考えていませんが、年内は働きたいと考えていました。このまま会社にいるとどうなりますか?今の部署に残れるでしょうか?別の会社に移るならば、いつ頃によい会社(派遣先)がみつかりそうでしょう?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「困之革」(困、革へゆく)です。
 
 
 まずは「困(沢水困)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「困」は、「くるしむ」という意味です。囲いの中に木があって、伸びようとしても妨げられています。
 
 「困(沢水困)」は、沢(沼や湖)の下に水があるかたちです。本来ならば水をたたえているべき湖が涸れ果てているようすをあらわします。
 このようなかたちについて、「沼に水がない。立派な人は自らの身をなげうって、志を貫くのだ」という言葉が示されています。  
 
「困」の占いの言葉は、
 
「困」は、試練を経て伸び栄える。
 剛が陰に覆われているが、その危難(水)を喜んで受け入れ(沢)よう。  
 苦しみの中に道を失わない者こそ、真に立派な人間だ。  
 変ることなく初志を貫こう。内側に剛健な徳を有しているのだ。大人物には吉なのだ。  
 苦境にある時は、何を言っても弁解としか受け取られない。  
 
というものです。  
 
 「困」の卦は、「升」(運気上昇)だったものが頭打ちになったものであるとか、「節」(沢に豊かに水がある)だったものが節度を失ったものであるとか、「否」(八方ふさがり)から苦闘したけれども力尽きたものである等と考えられています。いずれにせよ困難な運気です。四天王級です。  
 困難を象徴する卦は易にもいくつかありますが、「困」は「沢に水がない」かたちですので、「窮乏」であるとか、「資金・物資の不足」といった、何らかの不足による困難である場合が多いです。今は我慢の時です。
 占いの言葉にあるように、言い訳はあまり良い結果を生みません。何をしても苦しい時期ですが、今までの方針を変えずにしばらく時期を待つしかないという運勢と言えます。  
 恋愛・結婚運についても良くないと解釈されます。
 
 
 
 次に、「革(沢火革)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「革」は、「あらためる」と訓読みします。「革命」「変革」の意味です。
 
 「革(沢火革)」は、上が沢、下が火というかたちです。水と火が争っているので、その争いを解決するべき時であることを示しています。「改革の際には時期を定めよ」という言葉があります。
 
「革」の占いの言葉は、
 
十分時期が熟してから行うべきだ。
水と火が攻め合う、二人の女性がいがみあう形を、喜びに変えるのが「革」だ。
「革」が必然的に行われたなら、未来は開ける
革命には、時機を見定めることが重要である。
 
というものです。
 
 「革」は、上は沢・下は火というかたちですが、沢は「若い女性」、火は「沢よりは年長の女性」をも意味します。火と水、同居している女性同士、そういった争い・矛盾を解決するために「改革」「革命」が必要だ、そういう運気です。
 何事にも意識改革、これまでのやりかたを改めるべきこと、行動も考え方も積極的であるべきで、ただし時機は充分に見計らって行うべきことを示しています。
 仕事運についても、「革」ですから、今までのやり方を変えるには良い運気です。業種転換・配置転換・取引先を変える…といったことについては、大体において良い運勢と見ることができます。
 恋愛運については、特に男性については、あまり良くないと言われています。ただ、「関係が新たな局面を迎える」という意味ですので、場合ごとに検討が必要であると言えると思います。
  
 
 
 以上のような「困」「革」の卦を踏まえて、ほさかんねさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回はご相談内容を考え合わせ、変化として解釈しております。
  
 
 
 結論です。
  
 難しくなっていくかとは感じられますが、「すぐにすぐ」ということはなく、年内は大丈夫ではないかと見立てます。
 来年度がひとつの目安になるのではないかと感じられました。
 
 
  
 
 今回得られた卦は、「困、革へゆく」です。
 現在の運気を示す「困」は、「困難」を象徴します。四難卦と言われる、易を代表する「良くない運気」です。かなり厳しい運気と言えます。
 また、「困」の卦が象徴する「困難」は、「何かが不足している」ことが原因であることが多いと考えられています。
 
 このような「困」が、やがて「革」へと変化していくと解釈されます。
 「革」は、まさに「革命」です。
 これまでのやり方が限界に来ているので、それを改めていくことが求められる、という運気です。
 なお、「革」は、改めると言っても、「新たに作る」よりは「古いものを捨てる」というイメージの方が強く現れます。
  
 
 2つの卦から、「難しそうだ、やがて変化の時期が来る」と見立てました。
 変爻の推移からは、「案外早いか」という読み取り方もあるのですけれど。
 「困」には6月のイメージがあり、「革」には3月のイメージがあります。
 そこから考えて、「話が動き出す時期が、6月ごろ」ではないかと。話が決まるのはその後で、「すぐにすぐ」ということはないかもしれないと感じられました。
 年内は大丈夫ではないでしょうか。
 
 もっとも、以上の話は「あてもの」に過ぎません。
 「困之革」の卦の持つ性質からすると、「追い追いは難しくなる。動くことを考えていく必要がありそうだ。その時には、未練をもたずキッパリ割り切る方向性がお勧めとなる。今のうちから、準備の意識を持っておくと良いかもしれない」というイメージにこそ意味があるのではないかと感じられます。
  
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加