<無料占い> 無料占いお願いします。 まゆさんより。

 
 
 今回は、まゆさん(女性・40代)からの、「シングルマザーです。子供が複数います。正直、お金が減る一方です。これからどうなっていくか、家計はどうやりくりすれば良いか、見てもらえますか?」とのご相談です。
 
 
 得られた卦は、「坤(坤為地)」です。「こん」と読みます。最上図をご参照ください。
 
 
 「坤」は、柔軟さ・女性性・消極性を象徴します。この卦は、六本すべてが「陰・柔」となっていますから、純粋な「陰・柔」という状態です。静止しながら豊かな力を蓄えている様子です。
 
 「坤(坤為地)」は、上下とも「地」というかたちです。万物を生み育てる豊かさを象徴しています。「乾」とは逆に、静止している様子でもあります。
 このような「坤」のかたちについて、「大地の働き、それが坤である。立派な人間は徳性を厚くし、人々を包容していく」という言葉が示されています。
 
 「坤」の占いの言葉は、
 
 「坤」の生成力は偉大である。その力を受けて万物は生まれるのだ。
 「坤」は大地の象徴である。大地は厚く万物を乗せる。その徳は天の広大さと等しい。
 「坤」の限りない包容力によって万物すべてが伸び栄える。
 「坤」の道は、従順に、堅くわが道を守ること。人に従って目的に達するのだ。
 良い友人に恵まれる。同類に背を向ける時は、友を失うも、よりどころが得られる。
 
 というものです。
 
 「坤」の卦が出た時は、一般的には隠忍自重が良い結果をもたらします。また、先生について勉強をするとか、上司の指示に従って働くということについては、良い運勢です。決断をするようなことには向いていません。「柔」ですから、「優柔不断」で決められないと見るのです。
 仕事運等について言えば、リーダーシップをとるよりは、リーダーを支えて裏方に回る方が良い。
 また、この卦には「西南に朋を得るに利あり……」という占いの言葉があります。これには、「友人と仲良くするのが良い。一方、友人に背を向ければ、配偶者に出会える」であるとか、「簡単なほうを選ぶのも良い。難しい方を選ぶと、孤独になるが結果は出る。これも良い。」とか、「西南方向に移動するなら、大勢で行く方がいいが、東北方向へ行くならば、一人がいい」などのいろいろな意味があり、何か思い当たるところがある場合には参考にできると考えられます。
 恋愛・結婚運で言えば、まとまりにくいとされます。良縁の場合は孤独で困難なものになると考えられています。また、注意すべきこととして、「坤」の場合は、人にだまされるおそれ、という問題があります。
 
 
 
 以上のような「坤」の卦を踏まえて、まゆさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 「破綻は無い」というイメージです。
 お子さんが大きくなるまでの間は、どこのご家庭でも、お金はなかなかたまらず、減る一方というところ、あるかと存じます。あまり心配をされず、まずは「おおらかに受け止める」ことではないかと。
 家計のやりくりについては、「無理なくやめられる出費から手をつける」方針が良さそうです。そのためにも、まずは気持ちの上で「追い詰められないようにする」ことがお勧めかと。
 易とは関係ありませんけれども、「地域、特に行政のほうで利用できる制度は、徹底的に利用する」ことも、お勧めになるかと見立てます。市や県の議会・役所の「お便り」、HPなどは、特売チラシをチェックするノリでチェックしますと、何か見つかることがあるかと存じます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「坤」です。
 「坤」は、「母なる大地」を象徴します。どこまでも広く平らにつづく大地です。そうしたイメージから、「受容性、柔軟さ、分厚く鈍重、動きが少ない…」といった性質がイメージされる運気です。
 
 正直に申し上げますと、景気の良い運勢とは言えません。
 しかし、「しぶとい」運勢です。「決して破綻はしない」というイメージです。
 大切になるのは、いわゆる「鈍感力」や「肝っ玉」、「開き直り」と言われます。「しなやかに、たくましく」が大切で、「追い詰められたような心理状態」に陥るような「繊細さ」は笑い飛ばしていくような感覚がお勧めとなりそうです。
 
 さっそくと言うわけでもありませんけれども。
 お子さんが大きくなるまでの間は、どこのご家庭でも、お金はなかなかたまらず、減る一方というところ、あるかと存じます。
 大きな心配の必要はありません。まずは「おおらかに受け止める」ことではないかと。
 「何とかなる」、その気持ちは大切ですし、実際何とかなってしまうこと、多いです。特に「坤」の卦が得られた場合には、まずもって破綻はありませんので。
 
 家計のやりくりについては、「坤」のもつ、「やりやすいところから手をつけよう」という性質がカギになるかと。
 「無理なくやめられる出費から手をつける」方針、お勧めになりそうです。「よくよく考えてみると、これはいらない」というもの、実はあるかと存じます。
 この「よくよく考える」ために、「気持ちの上で、追い詰められない」ということがとても大切になるケース、多いかと存じます。追い詰められてしまいますと、どういうわけだかおかしな判断、してしまいがちですよね。
 
 易からは離れますけれど。
 「地域、特に行政のほうで利用できる制度は、徹底的に利用する」ことも、お勧めになるかと見立てます。
 見逃しがちではありますが、何らかの制度、あったりするものです。相談に乗ってくれる窓口が開いている自治体もあります。
 市や県の議会・役所の「お便り」、HPなどは、特売チラシをチェックするノリでチェックしますと、何か見つかることがあるかと存じます。
 直接の収入増にならなくとも、出費を抑えるためのヒントにぶつかること、意外とあるやに存じます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加