<無料占い> ここからの未来、結婚について。 Waitingi for the one さんより。

 
 
 今回は、Waitingi for the one さんからのご相談です。「最近、一緒になる未来の見えない彼との関係を断ち、実家を出て新生活を始めています。いろいろなことが予定通り・希望通り運び、充実してはいますが、人生の次のステップ、結婚・出産も次の1・2年のうちに起きて欲しいと思っています。具体的に、ここからどのように行動すれば実現できるか、占っていただけないでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 「具体的に」とまではとてもいきませんけれど。
 抽象的になってしまいますが、ひとつの方針をご提案できれば、と考えております。
 
 
 得られた卦は、「兌(兌為沢)」です。
 
 「兌(兌為沢)」は、上下とも沢というかたちです。「沢」は、口や少女を意味します。少女たちが集まっておしゃべりしているように楽しげなかたちを意味します。
 
 このかたちについて、「友人たちと励まし合い競い合って、向上していこう」という言葉が示されています。
 
「兌」の占いの言葉は、
 
 「兌」は伸び栄える。「よろこび」という意味である。
 外柔内剛の徳性を示している。
 正しい道を行く自然な喜びを貫けば万事順調。
 よろこびの心は、人を励まし、苦難を乗り越えさせるものなのだ。
 
 というものです。
 
 「兌」は、よろこびを意味します。しかし、よろこびに溺れてはいけないわけで、何事にも慎ましさを忘れず、欲望をほどほどにとどめれば、良い結果につながる、という運気です。
 日々の平穏については吉ですが、大きなことをするにはやや勢い不足と考えられます。
 人間関係でも、小さなこと、楽しんで軽い付き合いをするには悪くない卦です。一方、しっかりした人間関係が必要な場合には、慎重にならなければならない運気といえます。注意すべきこととして、「口は災いのもと」にならないように、と言われています。また、相手の人柄について、口ではうまいことを言い、表面の人当たりはいいけれど、虚言癖であったり、やや内実に乏しい人物である可能性があるとされます。
 恋愛関係で言えば、間違いが起きやすい運気であると言われてきました。現代的に言うならば、軽い関係、遊びの恋愛と考えるならばまあそれでも良いのですが、結婚等を考える真剣なおつきあいには向かない運気であるとされます。上記のように、相手側がやや内実の乏しい人物であるという可能性があるからです。
 
 
 
 以上のような「兌」の卦を踏まえて、Waitingi for the one さんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 「浅く広く、出会いを求める。深刻に考えない。同時並行も辞さず。」という発想はいかがかと、提案いたします。
 「ただし、冷静さを忘れずに。『深間にはまる』ようなことのないよう、自分で状況をコントロールしつつ」という考え方も大切になるかと感じられました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「兌」です。
 「兌」の卦は、上下とも「沢」を意味します。
 「沢」は、「少女、笑い、喜び、口、身軽さ」などを象徴しています。悪く言えば、「深みがない、軽薄だ」ということにもなります。
 
 本来であれば、「軽いお付き合い」「後腐れないお付き合い」をイメージさせるような卦です。
 が、結婚を考えて行くのであれば、そういうわけにも行きません。
 そこで、この「兌」の特徴である「浅く広く」。
 そこから方針を導くべきではないかと解釈しました。
 
 彼と別れた。次の結論を早く出したい。
 ……と、いうことであれば。
 まずは、出会いを広く求めていく必要があるかと存じます。
 また、「これは」という男性を見つけるためには、同時並行・比較も辞さず。
 恋愛のように、「深い思い入れを抱く(そしてその結果、見誤ったり時間を浪費したりする)」ことを避けるべきではないかとも感じられました。
 
 したがいまして、「出会いを多く求め、広くお付き合いをしていきつつも、状況をコントロールする。男性を冷たい目で眺める」ような方向性が良いのではないかと。
 そのように、提案いたします。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加