<無料占い> 夫との離婚について。 紫さんより。

   

 
 
 今回は、紫さん(女性・40代)からのご相談です。「夫の浮気が発覚し、相手の女性とは会わない、連絡先も消去すると約束したのに、最近になって連絡を取り合っていることに気づきました。子供がまだ小さいので躊躇するところもあるのですが、裏切られたショックが大きく、我慢できそうにありません。離婚した場合としなかった場合、今後についてお願いします。」とのご相談内容です。
 
 
 離婚した場合について。
 得られた卦は、「蹇(水山蹇)」です。「けん」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「蹇」は、「足をひきずる」という意味です。
 
 危険な大河(水)と険阻な山(山)があるかたちを示しています。
 
占いの言葉は、
 
 ゆくてに危険があるのだから、とどまるべきだ。
 このような時は平易な道を選べ。
 人の話をよく聞いて、慎重に対処の方法を考えなさい。
 「蹇」と時機の関係は重要である。
 
というものです。
 
 「蹇」の卦が出た時は、運勢はよくありません。四天王クラスの運気の悪さです。この卦が出た時は、「自分の力」を見極めて、無理はしないようにすべき、と考えられています。
 とはいえ、専門的な話ですが、二本の中正があるので、運気がめちゃくちゃに乱れているというほどのひどさではありません。天の時にあたらない、というほどではないのです。
 平易な道、やりやすいこと、やれることから手をつけていけば、運気が開けてくる。そういう卦でもあります。
 恋愛・結婚運についても、話があっても進みにくい、そもそも良い話ではない、そのようなイメージです。
 
 
 
 離婚しなかった場合について。
 得られた卦は「損(山沢損)」です。最上図、右側をご参照ください。
 
 「損」というと、なんだか悪い卦のように見えます。
 しかし、これは現代風にいうならば、「ボランティア」に近い意味です。
 「損して得取れ」ということわざと絡めて説明されることもあります。
 
 山のふもとに沢があるかたちです。
 沢が深い(低い)ほど、その分、相対的に山は高くなります。
 
 「損」の占いの言葉は、
 
 自らを下の立場に置き、上の人に奉仕する。
 欲望を抑えて、高い理想を目指す。
 誠意をもって、自ら他者のためにほねおりをすれば大吉である。
 
 というものです。
 
 「損」の卦が出た時は、出費や損耗、あるいはほねおりの多い時期と言えます。しかし、「損して得取れ」。後で好転する兆しが見える、そのような運気と言えます。
 仕事でも同様で、苦労や損失の多い時期です。
 人間関係について言えば、こちらが一歩引き、相手を認めるのがよいでしょう。
 
 
 
 以上のような「蹇」「損」の卦を踏まえて、紫さんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 離婚については、「少なくとも、今すぐは避けたほうが良い」というイメージです。
 離婚しなかった場合についても、「結果は出せる(そう悪いことにはならない)けれど、苦労が多い。目的を果たそうと思うならしっかりした準備が必要」かと見立てました。
 
 
 
 
 離婚した場合について。
 得られた卦は、「蹇」です。
 「蹇」は、「四難卦」とされています。「厳しい運気の四天王」といった意味あいです。
 もっとも、厳しいながらも、どうにもならないというような運気ではありません。
 専門的な話になりますが、「蹇」(と「屯」)は、「中正」が二本あるため、運気がめちゃくちゃに乱れているというわけではないということ。また、卦の性格が分かりやすく、対策が非常にはっきりしているということ。それらの理由により、「四難」の残りの二つである「習坎」や「困」ほどは厳しくありません。四難卦ではないものの非常に悪い運気とされる、「否」や「明夷」ほど厳しくもないのです。
 「蹇」は、「足に障碍がある」という意味です。また、登山をしているようなイメージです。
 足に障碍がある、あるいは足が疲れ切っているような状態で、山中にある。下には大きな川が流れている。「危険が予想される」という状態ですから、「そちらの方へ進んではいけない」、あるいは「疲れをとるべく、しばらく休息するのが良い」、「動くのであれば、無理をせずゆっくりと」と、という心構えが必要となります。
 「にっちもさっちもいかない」「何をどうすればいいかさえ分からない」というような厳しさはない、ということです。「危険だと分かっている」のだから、「留まる」「控える」「休息する」ようにすれば良いのです。
 
 
 「やめておいたほうが良い」という意味に解釈されます。
 ただ、易はあくまでも、「現時点での」運勢を示すものですので、「少なくとも、今すぐは避けたほうが良い」という言い方をすることが適切であろうかと感じております。
 
 「無理の多い山登り」のイメージなのです。
 「離婚した場合、途中で息切れを起こしてしまう」から、「進むよりは、引き返すほうが良い」。
 「離婚するのであれば、しっかり準備を重ねてから」。
 そのように、見立てます。
 
 
 離婚しなかった場合について。
 得られた卦は、「損」です。
 「損」の卦は、現代的に表現するならば「ボランティア」です。何かと「しんどい努力が必要になる」とされる時期を象徴します。
 また、「相手次第」という部分もありますので、やはりなかなか大変なイメージもあります。
 自分から行動していく必要がある運気であり、また、自分ひとりの利益を考えていくにはあまり向きません。「急がば回れ」「損して得取れ」的な動き方が要求されるような運気です。
 
 「苦労(気苦労)が多い」というイメージとなります。
 しかし、結果は悪くありません。
 
 したがいまして、「我慢して、結婚生活を続けるのも、悪くは無い」かと見立てます。
 「気苦労は多いけれど、ひどいことにはならない」かと感じられるのです。
 
 また、「最終的な目標」を離婚に置いた上でのイメージと見た場合も、同様です。
 「急がば回れ」ですので、時間をかけて取り組むべきかと。
 
 
 あわせまして。
 「離婚しない」という結論については、悪くは無い。
 「離婚する」ということであれば、今すぐは良くない。焦らず、しっかり準備をしてから。
 そのように、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加