<無料占い> 子どもの進学について。 さわのさんより。

 
 
 今回は、さわのさん(女性・40代)からのご相談です。「中高一貫校の3年生になる息子がいます。一貫校ですので、高校受験の勉強はしていませんし、塾通いもしていません。中学の範囲は、学校のほうで終えています。その息子ですが、高校を外部受験したいと言っています。本人の希望は私立・公立ともにトップクラスの学校です。少々中だるみ気味だったことを考えると好ましい変化なのですが、学校の勉強(高校の範囲に入ります)と両立できるかが不安です。チャレンジさせるべきか非常に迷っています。どんなことでも構いませんので、指針をいただけたらと思っております。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「臨(地沢臨)」です。最上図をご参照ください。
 
 「臨」は、「臨む」、つまり、見ることです。
 より詳しく言いますと、上から下のものを見下ろす、上から支配と保護を及ぼす、そのような運気です。「君臨」・「神降臨」という言葉がありますが、その「臨」です。
 ただじっと観察するわけではなく、能動的に見ていることでもあります。
   
 また、この卦は、岸(地)に立って沼沢(沢)に臨む、というかたちを象徴しています。
 やはり上から下を見るわけですね。
 六本の線のうち、下の2本が陽を示し、陽がだんだんと上がってきている様子を示しています。
 
 占いの言葉は、
 
 剛・陽の気がしだいに盛んになり、上下とも喜ぶ。
 天の道にかなって、大いに栄える。
 変わらぬ心を持っていれば、万事順調。
 しかし、もの盛んなれば必ず衰う。
 陽気が衰退する八月(太陽暦ならば8月末~10月初頭)には凶に転ずる。
 
 というものです。
 
 「臨」の卦は、陽の気が成長している途上にある、と解釈されます。
 「坤」(全て陰)→「復」(一陽来復、下一本だけが陽)→「臨」(下二本が陽)→「泰」(下三本が陽、最高の運気)……という流れです。ですから、このままいけば「泰」、最高の運気になって行く、と考えられている運気です。もっとも、「泰」以降、だんだん運気が衰えていく、その動きもまた必然的で止められないものと言えます。ですから、占いの言葉にも戒めが記されているわけです。
 
 「臨」は、「見る」という意味ですが、易にはもう一つ、「観」という「見る」の卦があります。
 「臨」と「観」の違いですが、前者には「上から下を見る」、また、「積極的に参加していく」ニュアンスがあります。(例えば神降臨、と言う言葉を使う時は、神が人に干渉している・影響力を及ぼしていますよね?)一方、後者は、「下から上を見る」、また、「一歩引いて、傍観者的な立場をとる」というニュアンスがあります。
 したがって、「臨」の卦が出た時には、積極的に行動を起こすのが良い運気です。
 
 「臨」の卦は「復」(一陽来復)から来て「泰」(安泰)に行く、良い運気です。
 もっとも、「臨」の卦の内部には、「震」(から騒ぎ)の要素が含まれています。すなわち、運気が良く、積極的になるのが良いといっても、調子に乗ると大変なことになりかねない、そのような運勢でもあるわけです。つまり、「うまい話には気をつけろ」という時期であると言うことができます。
 運気が良いからこそ、気を引き締めて、本業に邁進しましょう、ということですね。
 人間関係一般を見るときには、こちらを「沢」、相手を「地」と見ます。「地」は、誠実で柔軟、懐が広いのですが、優柔不断。「沢」は少女を象徴し、軽快な人柄、明るくおしゃべりだが、失礼ながらやや軽薄かも、と考えていきます。
 恋愛運についても、「臨」ですので、やや好調とみることができます。ただ、「臨」は、上で申し上げたように、自分から行動を起こして行くことが重要になります。
 
 
 
 以上のような「臨」の卦を踏まえて、さわのさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 「息子さんの意志を尊重して良し」と見立てます。
 そのまま成績が上がって合格水準に達すれば何もいうことはありませんし。
 合格水準に達しなかったとしても、中学の範囲の復習にはなります。中学と高校の範囲には、重なっているところも多々ありますし。
 あるいは勉強の意欲が増すだけでも、後々への影響が大きく違ってくると見立てます。
 実際に受験するかどうかは、冬に決めれば良いことでもありますので。
 どのようなことであれ、「頑張れることを見つけられた」ということに意味がある。「臨」の卦からは、そのように見立てました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「臨」です。
  「臨」は、勢いのある良い運気です。イメージは、「君臨」です。「自分から積極的に、リーダーシップをとる(流れを決めてゆく)」のが良い、とされます。
 勢いのままにまとめやすいと言える運気です。多少強引でも行動していけば、周りもそれに合わせて動いていく、というイメージです。
 また、「臨」には、字の如く「臨機応変」のイメージもあります。積極的に動いていけば、後はどうにかアドリブで回していけそうだ、というイメージなのです。
 
 「臨」の卦については、芝居がかっている上に青臭いですけれど、「人生という舞台の主役は、自分自身なのだ」という言葉がピッタリ当てはまります。
 
 「思ったように動いて良し」です。
 特に、若い方が「自分から何かをしようと思い立った」ことには、それだけでも大きな意味があると思います。
 やればやっただけ、一気に伸びる年頃でもありますし、ぐんぐん成績が上がるということ、十分ありうるかと。
 やる気が出ている状態であれば、両立は十分可能かと見立てます。
 
 かりに、「そこまでにはならなかった」としても、勉強の意欲が増したことは確かです。後々への影響が大きく違ってくるかと。
 実際に受験するかどうかは、直前に決めれば良いことでもあります。「そのつもりで、期間を区切って頑張ってみる」こと、悪くないと見立てます。
 
 「臨」については、「しばらくすると息切れする」という性質があるとされます。
 若い頃はそういうものだと思いますので、これも心配はご無用かと。
 たとえ三日坊主でも、「三日はやった」、そのことに意味があるかと。
 「自発的に動く」ことの意義と、その好影響が示唆されるのが、「臨」の卦ですので。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加