<無料占い> 彼とのこの先か新しい出会いか。 ななさんより。

 
 
 今回は、ななさん(女性・30代)からのご相談です。「数年お付き合いしている方がいるのですが、彼はお母さんの介護もあり、わたしとのことを考える余裕もなさそうです。いままでつきあっていても、将来のことを話したこともなく、このままずるずる付き合っていても先がないように思っています。この先かれと一緒にいても良いものでしょうか。一緒に生活できることがあるのでしょうか。彼にこの先を期待するより、年齢的にも厳しそうですが、恋愛や結婚につながる新しい出会いはあるのでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「夬之晋(夬、晋へゆく)」です。
 
 
 まずは「夬(沢天夬)」の卦を検討します。「かい」と読みます。最上図をご参照ください。
 
 「夬」のかたちは、上が沢、下が天です。天よりも高いような高地にある池に切れ込みを入れれば、水が下に流れてきて、下にいるみんなが潤う、そういうことばが示されています。
 また、この卦は、一番上が陰を示す破線です。陰湿な独裁者に押さえつけられているが、それを下から打倒するようなイメージも持ちます。
 
 「夬」の占いの言葉は、
 
 「夬」とは切り開くことだ。
 毅然とした態度でつまらないトップを打倒すれば、みな幸せになる。
 正しい議論と誠意でもって、仲間を募ろう。
 まず、自分の脇を固めるのを忘れるな。
 断固として行動するのだ。
 
 というものです。
 
 「夬」の卦は、下の立場から見た、いわばクーデター決行のような運勢を示しています。それと同時に、上の立場から読み取れる運勢、クーデターを起こされないように、早めに対策を取るべきだ、という運勢です。
 もう少し普遍化すると、「問題があるならそれを変えるべく断行すべきだ。また、問題があるなら、それが爆発する前に対処すべきだ。」という運勢です。
 そのため、この卦が出た時は、「クーデターを起こす時のように慎重に」・「クーデターを起こされないように穏やかに」と解釈することが多いとされます。
 全体として、無理をしたり、力不足であったりすることが原因で、ものごとがうまくいきにくい、という運気です。
 恋愛・結婚運でも同様です。なかなかうまくいかないと考えられます。
 
 
 
 次に、「晋(火地晋)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「晋」は、「すすむ」という意味です。運気上昇、自信を持ってマイペースで(オーバーペースにならないように)進むべき運気を象徴しています。
 
 「晋」は、地面の上に陽が出ているかたち、まさに日の出です。
 自分の良いところを発揮すべき時、という言葉が示されています。
 
占いの言葉は、
 
 「晋」は、「すすむ」という意味である。
 何事も順調。上下が信用しあっているのだ。
 
というものです。
 
 「晋」の卦は、「旭日昇天」。まさに日の出であり、急激な運気上昇を示しています。苦しかった時期を抜け出す運気です。(そのため、之卦として、つまり、「A之B」のBにあたる卦として「晋」が出た時は、特に運気の上昇を期待できると言えます。)
 しかし、「地」の上に「火(日)」というかたちは、まだ日が出たところでもあります。日の出前後が一番寒いように、いきなりフルスロットルで走りだすのはお勧めできない場合もあります。
 その理由ですが、やや専門的な話として、「晋」の卦には「坎」(苦難)や、「蹇」(足をひきずる)といった卦の要素が含まれているからです。
 運気が上昇して、一気に走りだしたいところだけれど、内にそれを引きとめるもの(例えば家族の体調や、なんらかの心のしこりなど)があって、どうも進みかねるような心痛がある、そういう状況でもあるわけです。
 それでも前に進むべき、それが「晋」の卦が示す基本的な運勢と言えます。
 
 
 
 以上のような「夬」「晋」の卦を踏まえて、ななさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、ご相談内容を考え合わせ、変化の関係として解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 「問い質す」ことが必要かと見立てます。
 「遠慮せず踏み込んだその先に、運気急上昇のきっかけがある」という運勢です。
 それが今の彼との将来か、別の出会いかまでは、少し見えてこないところがありますが……おそらくは、「今の彼との将来」のほうであろうかと。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「夬、晋へゆく」です。
 
 現在の運気を示す「夬」は、「決断」や「クーデター」などを象徴します。
 古代の社会情勢(クーデター・下克上は不道徳とされていた)や、アドバイスをする側の事情(占い師は、責任を取れる立場にないのだから、できるだけ「なあなあ」な物言いをする方が安全だ)といった問題もあるために、「できるだけ穏やかに」と解釈されがちな卦ではありますが、この卦の本質はあくまでも「決断」です。
 全体として、何かうまく行かない状態です。「上からの圧力」的なものがあったり、どうも力不足であったり、そのようなイメージです。
 それに耐えて、大きな決断をすると、運気が変わってくると考えられています。
 
 彼は自分の現状をかえりみて、「将来のことを言い出せるような状況には無い」と思っているのかもしれません。
 それはひとつの誠実ではあろうかと存じます。
 しかし、それならば。結婚を考えているななさんとつきあっていてはいけないはず。
 
 付き合うか、別れるか。本来ならば、彼から言い出すべきことなのかもしれません。
 特に女性は、それを求める傾向があるように感じられます。
 しかし現在の労働環境等を考え合わせると、男性に女性をリードする余裕がないというのも、また事実。
 男女が「対等の関係」であるならば、女性も「男性にリードされること」、あるいは「男性から言い出してもらうこと」を期待すべきではないのかもしれません。
 
 ななさんの側から踏み込むべきかと見立てます。
 彼はお母さんの介護をされている。いろいろ大変そうだ。
 「それが見えていても、つきあっている」ということは、彼と一緒にいたいというお気持ちではありませんか?
 それならば、「結婚したい。結婚を前提に、将来を考えた付き合いをしていきたい。あなたはどう考えているのか」と、自分から切り出してはいかがでしょう。
 その返答次第、彼の取る態度次第によって、自然と「この先どうすべきか」が見えてくるのではないでしょうか。
 
 
 このような「夬」が、やがて「晋」へと変化していくと解釈されます。
 
 「晋」」の卦は、「旭日昇天」。まさに日の出であり、急激な運気上昇を示しています。苦しかった時期を抜け出す運気です。(そのため、之卦として、つまり、「A之B」のBにあたる卦として「晋」が出た時は、特に運気の上昇を期待できると言えます。)
 しかし、「地」の上に「火(日)」というかたちは、まだ日が出たところでもあります。日の出前後が一番寒いように、いきなりフルスロットルで走りだすのはお勧めできない場合もあります。
 その理由ですが、やや専門的な話として、「晋」の卦には「坎」(苦難)や、「蹇」(足をひきずる)といった卦の要素が含まれているからです。
 運気が上昇して、一気に走りだしたいところだけれど、内にそれを引きとめるもの(例えば家族の体調や、なんらかの心のしこりなど)があって、どうも進みかねるような心痛がある、そういう状況でもあるわけです。
 それでも前に進むべき、それが「晋」の卦が示す基本的な運勢と言えます。 
 
 「夬」……決断によって運勢を切り開けば、「晋」……運気は急上昇する。
 そのような流れかと見立てます。
 
 それが、新たな出会いなのか、今の彼なのか。 
 そこは少し、見えにくいところではありますけれど。
 
 「晋」のイメージからすると、「今のお付き合いが勢いづいていく」というほうに可能性を感じます。
 が、やはりまずは踏み込むところから。怖がらずに聞いてみることで、展望が開けると見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加