<無料占い> 金欠。 ともさんより。

 
 
 今回は、ともさん(30代)からのご相談です。「美容業界に籍を置いています。いろいろな費用を引かれ、毎日12時間以上働いても、手取りの給料が10万に満たない状況です。『お客さんがつくまでだよ』なんて言われますが、正直余裕が持てません。大好きな仕事なので、辞めたくはないのですが、これからお金に余裕が来る日はやってくるんでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「復(地雷復)」です。最上図をご参照ください。
 
 「復」は「かえる」と読みます。復活、復興といった意味です。
   
 「復」の卦は、雷のエネルギーがまだ地中に潜んでいるかたちを示しています。
 また、この卦は、一本の陽が下から徐々に上がろうとするかたちです。
 ですから、この卦のキーワードは、「一陽来復」。春が来るように運気が回復しつつあることを象徴しているわけです。
 無理をせず、いったんエネルギーをためて動き出すとよい、そう言われています。
   
この「復」の占いの言葉は、
   
 陽気が戻ってきて、立ち昇る。伸び栄えるであろう。
 時に合わせて動けば、出るにも帰るにも問題はない。
 友人たちが集まってくる。
 積極的に行動しよう。動こうというのが天の意思だ。
   
というものです。
   
 「復」のキーワードは「一陽来復」。「かえる」ことを重視すべき運気です。
 進退という点では、新たに春が来るように、進むことを良しとしますが、上記のように、いったんエネルギーをためて動き出すのがよいと考えられます。
 また、「かえる」ですから、仕事などでも、以前に手をつけてはいたがやめていたような業務・あるいは以前に就いていた職業への再就職などについては吉とみます。
 交渉事、対人関係では、こちら(雷)が強く出るほうが良いです、相手が優柔不断(地)だ、という局面だからです。
 キーワードは「かえる」ですので、いろいろな物事のやり直しにはうってつけの運気です。今までのことを振り返り、もう一度やるのがよい、そのような運気と言えます。
 
 
 
 以上のような「復」の卦を踏まえて、ともさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 「弱含みの上昇機運」です。
 ただ、難しいのは、「考える余裕がなくなること」かと。
 「お客さんがつくまで」との話ですが、それは「続ければ、かなりの確率で訪れる事態」でしょうか。周囲の同僚を見ていて、「お客さんがつくのは、かなり難しいケース」でしょうか。前者であるならば、「今の職場を続けて良い」かと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「復」です。
 
 「復」の卦のキーワードは、「一陽来復」と「かえる」です。季節で言えば、冬至のイメージです。「これまではどんどん日が短くなっていた。今が一番暗い時期だ。しかしこれからは、ゆっくりとではあるが日が伸びていく。明るくなっていく。」という、「一陽来復」であり、運勢の「復調」、「やり直し」を意味します。
 すぐに絶好調になるとか、運気急上昇であるとか、そういう運勢ではありませんが、じわじわとした復調傾向、光が見え始める、というイメージです。
 
 じわじわと、ゆっくりした復調傾向。あるいは弱含みの上昇機運です。
 ペースがゆっくりしているだけに、「それまでに消耗しきらないこと」が大切になるかと見立てます。
 
 あんまりにも忙しいと、私達は「冷静になる」ことが難しくなってしまいますよね。
 「そこを、一度考えてみる」ことがお勧めになるかと。
 
 上に申し上げたところですけれども。
 「お客さんがつくまで」との話ですが、それは「続ければ、かなりの確率で訪れる事態」でしょうか。周囲の同僚を見ていて、「お客さんがつくのは、かなり難しいケース」でしょうか。前者であるならば、「今の職場を続けて良い」かと見立てます。
 もし、「かなり難しい」のであれば、見込みは小さいのではないでしょうか。お店を変えるか、本格的に業種を変えるか。そちらを検討してみてもよいかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加