<無料占い> 相手の気持ち。 琴美さんより。

 
 
 今回は、琴美さん(女性・20代)からのご相談です。「私は結婚しています。しかし最近、友人関係だった年上の彼が気になっています。彼は私のことをどう思っていますか?やはり友人の一人としてしか見ていないのでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「小畜(風天小畜)」です。「しょうちく」と読みます。最上図をご参照ください。
 
 「小畜」は、小がとどめる、小さくとどめられる、小さく蓄える、小さく養う、といった意味合いです。
 
 この卦は、風が天上に吹いているかたちを表しています。
 まだ雲が来ていない、雨が降らない、そういう様子です。
 雨が降る気配はあるのですが、まだその段階にいたっていない。
 志はあるのだが、それがまだ形になっていない、あるいは他の人に伝わっていない、そのような様子です。
 
 下の三本が天、登ろうとする陽気・剛の気です。
 それに対して、柔軟な風である上の三本がこれを押しとどめている。
 「柔よく剛を制す」の形になっているのです。小が大をとどめているから「小畜」です。
 
 あるいは、この卦は陽(実線)が五本に対し、陰(破線)が一本です。積極的な陽が動こうとするのを、わずか一本でとどめている。少しは抑えられる、小さくとどめられるから、「小畜」です。
 
 「小畜」の占いの言葉は、
 
 志は大いに達成される。
 内側に剛健(天)な力を持ちつつも、外側(風貌)にやわらかさ(風)を持っているからだ。
 ただし、今は、西の空には雨雲があるものの、まだこちらは雨になっていない状態である。
 大きな志がとどめられているのだ。努力が必要である。
 
 というものです。
 
 志(雨の降る気配)はあるのだが、それが具体的な形(雨雲)にはなっていない、陰鬱でイライラするような運気です。このような時は短気をおこしてはいけません。将来は、「志は大いに達成される」ことが示されています。
 今は力を「畜」(たくわえる)時です(畜と蓄はほぼ同義です)。従来の事業を行うのはいいのですが、新たな計画を実行しようとしても挫折しやすい時期と考えられます。
 何かと思うに任せぬ時ですが、コツコツと努力をすれば、やがて運気が開けてくる、そのような運勢であると言えます。
 恋愛・結婚運に関しては、そこまで悪くはないのですが、女性が強すぎるために喧嘩が起る、と言われるような運気です。
 
 
 
 以上のような「小畜」の卦を踏まえて、琴美さんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 「揺れ動いている」「動揺しやすい」という状況かと。
 関係性から言うと、「琴美さんが動くことによって、彼も動揺する」ようなイメージです。
 が、この「小畜」、あまり良い運勢ではありません。「行動を起こしてしまうと、いろいろと苦労が多い」というイメージ。「我慢することで、先に良いことがある」ような運勢です。
 「行動に移すことはしないほうが良い」と見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「小畜」です。
 「小畜」は、「小さくとどめる」と訓読みしますが、これは、「少ししかとどめられない」という意味でもあります。「雨雲が来ているのに雨が降らない」というイメージもあり、どうにもイライラするような運気です。
 このような「小畜」の卦が出た場合、基本的には「なかなか思うとおりに行かず、苦労する。運気が開けるまでは時間がかかりそうだが、コツコツとした努力を続けられれば、最終的には目標が達成できるであろう。」という運勢であると判断することになります。短気はいけません。
 
 易は「倫理的な占い」を標榜しています。
 「倫理的」の意味合いは、必ずしもひと通りではありませんけれど、それでも。
 「小畜」が象徴している「イライラ」について、「恋愛がうまくいかないイライラ」と考えるよりは、「今のご夫婦関係がうまく行かないイライラ」と考えるのが、一般的であろうと思います。
 
 したがいまして。
 「突出せずに我慢すれば、ご夫婦関係も元に戻るであろう。お友達との恋愛に走るのは、あまりお勧めできない」と見立てます。
 
 
 おふたりの関係は、彼が「風」で琴美さんが「天」。
 「風」は動揺を、「天」は積極性を象徴します。
 「琴美さんが動くことで、彼も動揺する」という関係性かと。
 やはり「動くことは、あまりお勧めできない」のではないかと。
 そのように、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加