<無料占い> 接骨院にて。 コンドウさんより。

 
 
 今回は、コンドウさん(40代・女性)からのご相談です。「最近通い出した接骨院の先生のことが気になり、頭から離れません。互いに既婚者ですので、深い関係になろうとは思っていませんけれど、施術のあいだ楽しくお喋りすることでときめいてしまって、もっと仲良くなりたい、プライベートでも連絡先を交換したいと思ったりしています。しかし実際プライベートでつながりを持ってしまったら、もっと仲良くなりたい気持ちに歯止めがきかなくなりそうで、怖い気持ちもあります。夫のことは一番大切に思っています。裏切りたくはありません。私の完全な一方通行の想いだとは思うのですが、先方が私のことをどう思っているのか、プライベートでもつながりを持つことで私は満足できるのか、それともこれ以上の関係を求めないほうが良いのでしょうか。お願いします」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「蹇(水山蹇)」です。「けん」と読みます。最上図をご参照ください。
 
 「蹇」は、「足をひきずる」という意味です。
 
 危険な大河(水)と険阻な山(山)があるかたちを示しています。
 
占いの言葉は、
 
 ゆくてに危険があるのだから、とどまるべきだ。
 このような時は平易な道を選べ。
 人の話をよく聞いて、慎重に対処の方法を考えなさい。
 「蹇」と時機の関係は重要である。
 
というものです。
 
 「蹇」の卦が出た時は、運勢はよくありません。四天王クラスの運気の悪さです。この卦が出た時は、「自分の力」を見極めて、無理はしないようにすべき、と考えられています。
 とはいえ、専門的な話ですが、二本の中正があるので、運気がめちゃくちゃに乱れているというほどのひどさではありません。天の時にあたらない、というほどではないのです。
 平易な道、やりやすいこと、やれることから手をつけていけば、運気が開けてくる。そういう卦でもあります。
 恋愛・結婚運についても、話があっても進みにくい、そもそも良い話ではない、そのようなイメージです。
 
 
 
 以上のような「蹇」の卦を踏まえて、コンドウさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 「今のままの関係に留めておく方が良さそうだ」というイメージです。
 「複雑な気持ちを処理するのが難しくなる」ことと、「連絡を取ってみたら幻滅した」的なことが起こりそうだということ。その二つが理由です。
 先方は「先生と患者」という意識が強く、「冷静そうだ」と見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「蹇」です。
 「蹇」は、「四難卦」とされています。「厳しい運気の四天王」といった意味あいです。
 もっとも、厳しいながらも、どうにもならないというような運気ではありません。
 専門的な話になりますが、「蹇」(と「屯」)は、「中正」が二本あるため、運気がめちゃくちゃに乱れているというわけではないということ。また、卦の性格が分かりやすく、対策が非常にはっきりしているということ。それらの理由により、「四難」の残りの二つである「習坎」や「困」ほどは厳しくありません。四難卦ではないものの非常に悪い運気とされる、「否」や「明夷」ほど厳しくもないのです。
 「蹇」は、「足に障碍がある」という意味です。また、登山をしているようなイメージです。
 足に障碍がある、あるいは足が疲れ切っているような状態で、山中にある。下には大きな川が流れている。「危険が予想される」という状態ですから、「そちらの方へ進んではいけない」、あるいは「疲れをとるべく、しばらく休息するのが良い」、「動くのであれば、無理をせずゆっくりと」と、という心構えが必要となります。
 「にっちもさっちもいかない」「何をどうすればいいかさえ分からない」というような厳しさはない、ということです。「危険だと分かっている」のだから、「留まる」「控える」「休息する」ようにすれば良いのです。
 
 
 「今のままの関係に留めておく方が良さそうだ」というイメージです。
 
 「蹇」は、踏みだすと「迷い込んでしまう」ようなイメージ。
 「複雑になりそうな方向性は避けましょう」という卦です。「そうなったら、困ってしまうことは目に見えているのだから」と。そのように説かれる卦です。
 
 もうひとつ、「やめておいたほうが良い理由」としまして。
 男性は誰しも、「職場ではそれなりにカッコ良く見えるもの」という点があります。
 それぞれのお仕事に打ち込み、プロとしての腕を見せているのですから、当然なのですけれど。
 しかしプライベートでは、案外「だらしない」人であったり、「しょうもない」人であったり。それがギャップになって良いという考え方もあるかもしれませんが、「お仕事中の凛々しい彼」を想像してしまいますと、なかなか厳しいかと。
 また、女性からのSNSは、一般的に申しまして。男性としては、「頻度的に、なかなか厳しい」ものがあります。男のほうが「筆不精」ですので。
 お仕事で忙しい彼。疲れているところに、しかし女性の側からハイテンションで連絡を取る。男性側は冷めた返信を送る。……で、幻滅する。
 ご相談を受けていて、「ありがちなパターン」のように、感じております。
 
 
 相性で申しますと、彼は「水」。
 「冷静沈着」です。恋愛的に「火がつく」ということは期待できないイメージ。
 やはり「先生と患者」という意識が強いのではないかと。
 「一定の距離があるからこそ、お互いに気持ちよく付き合える」ような関係であるように感じられました。
 
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加