<無料占い> 対人運。 カリフラワーさんより。

 
 
 今回は、カリフラワーさんからのご相談です。「最近外出すると、体当たりをされたり言いがかりをつけられたりと、不快な思いをします。外出が億劫です。こういうことは徐々に減って行きますか?対応策もお願いします。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「漸(風山漸)」です。最上図をご参照ください。
 
 
 「漸(風山漸)」は、山の上に木があるかたちを示しています。
 山の頂上に生えている木は、地上から見ていると気づけないのですが、実は陽の光を浴びて着実に成長しているものです。「自分の徳を固く守り、周りにもだんだんと好影響を与えよう」という言葉が示されています。
 
 「漸」の占いの言葉は、
 
 女子の婚姻に吉。
 順序正しく、正道を進めば、国家全体を正しくすることさえ可能なのだ。
 とどまるべき時にとどまり(山)、時勢に従う(風)。それゆえ行き詰まることはない。
 
 というものです。
 
 「漸」は、全体として、急激な成長は望めないが、着実な進歩は期待できる、という運勢を示しています。
 これまでは行き詰まっていた、あるいは行き詰まっているかのように進展が見えなかった事業・苦労がだんだんに実を結ぶという結果になることが予想されます。
 何事につけ、手順を踏むのが良いとされる運気です。
 金運・仕事運も同様です。だんだんに良くなってくるという運気です。
 また、「女子の婚姻に吉」という占いの言葉通り、特に女性側から見た場合の結婚運としては、良い運気であるということができます。
 
 
 
 以上のような「漸」の卦を踏まえて、カリフラワーさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 徐々に減っていきます。断言しても良いかと存じます。
 対策としましては、「視線を上げること」かと。
 視線が下がっていますと、「おかしな人」に接近されるまで気付きにくいですので。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「漸」です。
 
 「漸」は、「山の頂上に生えている木」です。山の頂上に生えている木は、地上から見上げていると、高いのだか低いのだか、伸びているのだかいないのだか、よくわからないところがあります。しかし、実際にはさんさんと日を浴びて、すくすくと育っているものです。
 これと同様に、「どうも実感としては良く分からないながらも、現実には着実に運気が上昇している」。それが、「漸」です。上昇のペースは非常にゆっくりしていますが、ゆっくりである分だけ堅実で、転んでしまうようなことはありません。気づきにくいのですが、これはなかなか得られない貴重なものです。無理をして今の状態を壊してしまうことだけは避けなければいけません。階段を一歩一歩登っていくように、「物事を段階的に・順々に・一つずつ、片づけていくと良い」という運勢です。
 
 
 字の如く「漸減」……「だんだんと、減っていく」かと見立てます。
 「漸」は「だんだんと、確実に、良い方向へ動いていく」という運勢ですので。
 
 易を離れても、「断言して良い」ケースのように思われます。
 ご相談を受けたのが4月の末であるのに、この時期に記事を作成していることを、まずはお詫び申し上げなければなりませんけれども……。
 俗に「春だねえ(春になると、おかしな人が増えるねえ)」と申します。
 医学的根拠は分かりませんけれども。実際、4月には少々「おかしな人」が増えます。
 これは私たち(中年・数十回の「春」を経験した人間)誰もが、経験則として知っているところかと。
 
 実際私は、毎年4月、通勤通学時間帯に必ず「わけが分からない人」に出会ってきました。
 まともな格好をしているのに、奇声を上げながら歩き回る人。込んだ駅の連絡通路で、わざわざ人にぶつかりながら歩く人。
 真新しいスーツに身を包んで、「おらどけどけ」とか、「止めてみろや」とか叫んでいる。そういう人が必ず出ます。
 何も大ゲンカをするとか、刃物を持ち出すとか、そういうわけではないのですけれど。
 妙にハイテンションで、喧嘩腰。
 
 どういうわけか5~6月になると、いなくなります。
 その町の雰囲気に馴染んでしまうのでしょうか。
 
 こういう人に遭遇してしまうのは、切ないとしか言い様がないのですけれども。
 今後はきっと減っていきますので、大丈夫かと申し上げます。
 
 
 対策についてですけれど。
 「漸」は、「山の上に生えている木」です。
 「視線を高くする」ことがお勧めになるかと申し上げます。
 
 私もおかしな人にタックルされて、茫然とした経験があるのですけれど。
 思い返してみれば、その時は下を向いていました。
 逆に荷物が軽く、姿勢が良かった時には、そういった「おかしな人」を、接近される前に発見することができました。
 比喩的な意味合いでは無く、「視線を上げれば、視野が広がる」ことは確かかと。
 また、言いがかりをつけてくる人は「気の弱そうな人」を狙っているような傾向があるようにも思います。
 下を向いていますと、どうしても「目をつけられやすい」ことは、確かかと。
 「視線を上げる」ことを、ひとつの対策として、お勧めいたします。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加