<無料占い> これからの恋愛運。 みぃーさんより。

 
 
 今回は、みぃーさん(30代・女性)からのご相談です。「シングルマザーになり、数年経ちます。職場に異動してきた年下の既婚男性を好きになってしまいました。苦しい日々です。恥ずかしながら、高校生以来の気持ちです。どうにかなるわけないのは分かっていますが、彼の気持ちを占っていただきたいです。またこの先、私には幸せになれる出会いが来るのでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「頤(山雷頤)」です。最上図をご参照ください。
 
 「頤」は、「あご」という意味です。人間があごを動かして栄養を取ることから、「養う」という運気を象徴します。
 
 「頤(山雷頤)」は、上は山(動かない)、下は雷(動く)というかたちです。口を開いたり閉じたりする様子を示しています。
 また、一番上の卦の図を見てもらえればわかりますが、上下の実線があごを、中にある四本の破線が歯を示しています。このことからも、「あご」というかたちが示されているわけです。
 このかたちについて、「立派な人間は言動に注意し、飲食を節制する」という言葉が記されています。
 
 「頤」の占いの言葉は、
 
 養い方が適正であれば、吉。
 本質を見極めて、物理的な栄養物や精神的な教養を摂取しよう。
 重要なのはタイミングだ。
 
 というものです。
 
 「頤」の卦のキーワードは、「養う」です。栄養であり教養であり、また、何を養うか、誰を養うか、その見極めが重要だとされます。
 また、頤は口であり、中の四本が破線(虚)であることから、内心の思いを外に出さない人、あるいは内心を外に出しにくい状況を象徴することもあります。
 総合的に見て、栄養や教養を取り込むような活動には吉です。もっとも、食べたものが栄養になるには消化が必要であるように、結果が出るまではやや時間がかかる、という運気でもあります。
また、口に関わることですので、発言に要注意。不用意な発言で仲間を失うようなことは避けたいものです。
 恋愛・結婚運はあまり良くありません。口論であるとか、内心を見せられないであるとか、中身がないとか、そのようなイメージをも有する卦だからです。
 
 
 
 以上のような「頤」の卦を踏まえて、みぃーさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 「あてもの」に属する話ゆえに、精度は低くなります。実際に接していらっしゃるみぃーさんの感覚のほうが頼りになるかとは存じます。
 その上で、ですが。彼の気持ちは、あまり動いていないかと見立てます。
 今後の恋愛運については、「チャンスはあるが、時間がかかるかも。『養』がキーワードになり、『痩』はお勧めできないかと感じられる」と見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「頤」です。
 「頤」は、「あご」です。最上図をご参照いただきたいのですが、卦のかたちからしても、大きく口を開けている様子・中が空洞である様子を示しています。
 このような「頤」のキーワードは、「養う」です。「栄養」であり、「教養」でもあります。
 食べた物を消化して栄養にするまでは時間がかかるように、「結果になるまでは時間がかかる」というイメージがあります。また、「養う―養われる」という人間関係にも縁がある運気です。
 
 
 人間関係を見る場合、彼が「山」でみぃーさんが「雷」。
 「山」は動かざるもの、「雷」は積極的に動くもの。
 したがいまして、「みぃーさんのほうが積極的で、彼にはあまり動きが無い」かもしれないと感じられました。
 
 
 今後の恋愛運につきましては、「時間はかかるが、『実になる』可能性はある」と見立てます。
 「頤」の卦のキーワードは「養」です。したがいまして、「栄養」的な方面には吉があると見立てます。
 逆に「痩」には要注意かと。体力的な意味合いもそうですが、「発想」の方面でも。悪いほうに考えていってしまったり、神経質になりすぎてしまったり。それはお勧めできないかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

 
 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加