<無料占い> その後。。 もっしーさんより。

 
 
 今回は、もっしーさんからのご相談です。「その後、音信不通になった後、ようやく連絡が来たと思ったら、『会うのをやめよう』と突然言われました。いろいろと酷いことも言われましたが、絶対に本音を話していない気がします。一方的に距離を置かれて、じゃあそういうことだから、では納得がいかなくて。彼の性格だとか、そんな人やめておけだとか、そういうことを抜きにして、今後どうしていったら良いかわかりません。私はまだ彼のことが好きです。今後彼との関係はどうなりますか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「蠱(山風蠱)」です。「こ」と読みます。最上図をご参照ください。
 
 「蠱(山風蠱)」の字は、皿に虫が湧いている様子です。腐敗と混乱を意味します。
 
 この卦は、山の下に風、つまり、「おろし」のような、厳しい状態を示すかたちです。
 あるいは、動きのないもの(山)に、陰湿なもの(風)が入りこんで、中に虫がわいている、という形です。
 
占いの言葉は、
 
 山は高くなろうとし、風は吹き下ろそうとする。上下の心が離れて行っている。
 部下はただうなずくばかり(風・八方美人)で、上司は動こうとしない(山)。
 今は腐敗混乱の時期だ。しかしやがては大いに伸び栄える。
 腐敗が極まれば、そこから新しいものがうまれるのだ。
 積極的な精神で事に当ろう。
 ただし、なぜこうなったかはよく考えるべきである。
 
というものです。
 
 「蠱」の卦は、「泰」(最高の運気)から動いてきてこの運気になることが多いとされる運気です。最高の運気に慣れ親しみ、努力や心配りを怠った結果、虫が湧くような陰湿な状況に陥ってしまう、そのような運気です。人間関係でも、ともすれば陰湿な葛藤が起こりがちです。
 このような時は、腐った物を処分するように、一念発起するのが良いと考えられます。ただ、一念発起と言っても、全く新しいことをするには向きません。イメージとしては、古いものを捨てる、といったところです。
 まずはきちんとこれまでの状況を見直し、積極的に自己改革です。運気としては虫がわいているような不快な状況ですから、困難は続きますが、努力を続ける中、ある段階で不意に好転する、そのような傾向がみられる運気でもあります。
 
 
 
 以上のような「蠱」の卦を踏まえて、もっしーさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 少なくとも「現況は、良くない」というイメージかと。
 彼に動く気が無い状況で、もっしーさんの側が動揺して激しく働きかけても、なかなかうまく行かないかと存じます。
 「動く場合には、計算づくで」ということになるかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「蠱」です。
 「蠱」は、「以前の良い状態」や、あるいは(良いことではなくとも)「以前に起こったこと」を、すっぱりと切り捨てずにいたために、残ったものが淀んでしまっている、というような状況を示唆します。
 胸焼けがするような、胃が酸っぱいような、嫌な気分になりがちな時期ですが、救いもあります。「虫が湧いてしまった食べ物は、もったいなく思えても、きっぱり捨てる。」それができれば、気分はスッキリします。運気は良い方向に向かうでしょう。 
 
 では、ありますけれど。
 「やめておけ」という選択は「無い」というご指示ですので。
 それを前提として、解釈しなおすのであれば。
 
 現況、彼は「山」でもっしーさんが「風」ではないかと見立てます。
 「山」は「動かざるもの」、「風」は「動揺するもの」。
 彼に動く気が無い状況で、もっしーさんの側が動揺して激しく働きかけても、なかなかうまく行かないかと存じます。
 
 ひとつの発想としては、「冷却期間を置く」なのかと思いますが、「これまで冷却期間を置いた上での、この仕打ち」ということであれば、納得も行きかねますよね。
 で、あるならば。少なくとも、「風」……つまり「感情に走った」行動は、あまりお勧めできないというイメージです。
 
 彼が忘れられない、どうしても彼が良い。
 そういうことであるならば、「計算づく」で動くという発想はいかがかと。
 「捨てるなんて、許さない」という意識をしっかり持ちつつ、なおかつ「反社会的でない手段で」、どのように彼を引き戻すか。
 そのように発想していくところに、あるいは方向性のヒントがあるかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加