<無料占い> 今年の運勢について。 るんさんより。

 
 
 今回は、るんさん(40代・女性)からのご相談です。「今年の前半はいろんなことが次々と起こりました。悪いことばかりで、少し人生に疲れました。今年の残りの運勢とどう過ごせば良いかをお願いします。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「訟(天水訟)」です。最上図をご参照ください。
 
 「訟(天水訟)」は、上にある天が上に向かい、下にある水は下に流れるというかたちを示しています。上下がますます離れていく。そのために争い事が起こるのです。
 物事は出発点から熟慮して、争い事を未然に防げるよう努力すべき、とされています。
 
「訟」の占いの言葉は、
 
自分に誠意があったとしても、判決が出るまで争うようなことはすべきでない。
和解して、ほどほどのところで折り合うべきだ。
賢者の仲裁を求めよう。
意地を張って大河を渡るような冒険をすると、深みにはまってしまう。
 
というものです。
 
 「訟」の卦は、「訴訟」という言葉からもわかるように、争い事、いがみ合いを示します。
 しかし、これは「師」、戦争とは異なり、規模が小さく、また、武力行使を伴いません。ですから、「たとえ争いになろうとも、戦争のように断固として自らの正義を貫くべき」場面である「師」とは異なり、争いがあってもどこかで妥協する、相手を追い詰め過ぎないことを重視すべき運気であると解釈されています。
 恋愛・結婚運については、いがみ合い、心が離れていく状況ですから、良くない運気であると言えます。
 
 
 
 以上のような「訟」の卦を踏まえて、るんさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 「少し元気が無い」ところはあるかもしれません。しかし、「破綻」や「大失敗」のようなことはあまりないイメージでもあります。
 「取捨選択」が大切になるかと見立てました。「全ての分野に、全力を投入し、万全の結果を求める」よりは、「力の入れ所と抜き所を意識して、『ほどほどそこそこ』の結果を。『大切なもの』と『そうでもないもの』をしっかり見極める」という発想が、あるいは参考になるかもしれません。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「訟」です。
 「訟」は、まさに「訴訟」です。人間同士のいがみあいを示します。ただ、同じいがみあいでも、徹底的に戦いぬくべき「師」(戦争)の卦とは異なり、「訴訟」ですので、話し合いと妥協、和解を心掛けるようにしていくことが要求される運気です。
 全体として、ストレスフルな運気と言うことができます。
 注意事項として、「妥協」というのは、「一方が全面的に譲る」ことではありません。「双方が譲り合い、双方がお互いの主張を通しあう」ということです。 
 
 
 「完全勝利は難しい」というイメージです。
 その意味では、ややストレスがたまる、残念に思われるかもしれない運勢ですけれど。
 「やりようによっては、それなりの満足も手に入れられる」というイメージもあります。
 
 大切なのは、「取捨選択」かと見立てます。
 上の「結論」で申し上げたところが参考になるかもしれません。
 
 
 個別の運勢についても、同様になります。
 金運:無駄遣いを控え、メリハリを意識すると良いかもしれません。「窮乏」というイメージではありませんので。
 仕事運:「無理はきかない」かと。小さなミスは仕方無いと開き直る……というと、言葉は悪いかもしれませんけれど。「大事なところはきちんとする、そうでないところはほどほどに」かと。
 家庭運:「オールオアナッシングで、何だか疲れてしまう」よりは、「ほどほどでも仕方無い」と発想していくことかと。しばらくは、「荒れ果てない程度に」というぐらいの気楽さが良いかもしれません。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加