<無料占い> お金について。 ぴよさんより。

 
 
 今回は、ぴよさん(女性・40代)からのご相談です。「お金について、どんな様子かを教えてください。使って良い時期、節約したほうが良い時期、何を重視していくのが良いか。よろしくお願いします。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「漸之坤」(漸、坤へゆく)です。
 
 
 まずは「漸(風山漸)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「漸(風山漸)」は、山の上に木があるかたちを示しています。
 山の頂上に生えている木は、地上から見ていると気づけないのですが、実は陽の光を浴びて着実に成長しているものです。「自分の徳を固く守り、周りにもだんだんと好影響を与えよう」という言葉が示されています。
 
 「漸」の占いの言葉は、
 
 女子の婚姻に吉。
 順序正しく、正道を進めば、国家全体を正しくすることさえ可能なのだ。
 とどまるべき時にとどまり(山)、時勢に従う(風)。それゆえ行き詰まることはない。
 
 というものです。
 
 「漸」は、全体として、急激な成長は望めないが、着実な進歩は期待できる、という運勢を示しています。
 これまでは行き詰まっていた、あるいは行き詰まっているかのように進展が見えなかった事業・苦労がだんだんに実を結ぶという結果になることが予想されます。
 何事につけ、手順を踏むのが良いとされる運気です。
 金運・仕事運も同様です。だんだんに良くなってくるという運気です。
 また、「女子の婚姻に吉」という占いの言葉通り、特に女性側から見た場合の結婚運としては、良い運気であるということができます。
 
 
 
 次に、「坤(坤為地)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「坤」は、柔軟さ・女性性・消極性を象徴します。この卦は、六本すべてが「陰・柔」となっていますから、純粋な「陰・柔」という状態です。静止しながら豊かな力を蓄えている様子です。
 
 「坤(坤為地)」は、上下とも「地」というかたちです。万物を生み育てる豊かさを象徴しています。「乾」とは逆に、静止している様子でもあります。
 このような「坤」のかたちについて、「大地の働き、それが坤である。立派な人間は徳性を厚くし、人々を包容していく」という言葉が示されています。
 
 「坤」の占いの言葉は、
 
 「坤」の生成力は偉大である。その力を受けて万物は生まれるのだ。
 「坤」は大地の象徴である。大地は厚く万物を乗せる。その徳は天の広大さと等しい。
 「坤」の限りない包容力によって万物すべてが伸び栄える。
 「坤」の道は、従順に、堅くわが道を守ること。人に従って目的に達するのだ。
 良い友人に恵まれる。同類に背を向ける時は、友を失うも、よりどころが得られる。
 
 というものです。
 
 「坤」の卦が出た時は、一般的には隠忍自重が良い結果をもたらします。また、先生について勉強をするとか、上司の指示に従って働くということについては、良い運勢です。決断をするようなことには向いていません。「柔」ですから、「優柔不断」で決められないと見るのです。
 仕事運等について言えば、リーダーシップをとるよりは、リーダーを支えて裏方に回る方が良い。
 また、この卦には「西南に朋を得るに利あり……」という占いの言葉があります。これには、「友人と仲良くするのが良い。一方、友人に背を向ければ、配偶者に出会える」であるとか、「簡単なほうを選ぶのも良い。難しい方を選ぶと、孤独になるが結果は出る。これも良い。」とか、「西南方向に移動するなら、大勢で行く方がいいが、東北方向へ行くならば、一人がいい」などのいろいろな意味があり、何か思い当たるところがある場合には参考にできると考えられます。
 恋愛・結婚運で言えば、まとまりにくいとされます。良縁の場合は孤独で困難なものになると考えられています。また、注意すべきこととして、「坤」の場合は、人にだまされるおそれ、という問題があります。
 
 
 
 以上のような「漸」「坤」の卦を踏まえて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、卦の性質から、内包関係と解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 「やや上向き」ではありますが、「かなりゆっくりしたペース」ですので、「期待しすぎてはいけない」かもしれません。「安定はしている」と見る方が良いかと見立てます。
 お金の動かし方は、「基本的には貯蓄」かと。ただ、「無理は禁物」というイメージ。極端に「我慢する」ようなやり方は良くなさそうです。マラソンのように……と言いますか、「無理ないペースで息長く」がお勧めかと感じられました。
 使いどころと言いますか、使う際にも、「ゆるやかに動く」ことがお勧めになりそうです。
 「ギリギリ我慢して、目的の金額が貯まったら即座にドーン」ではなく、大きなお金を動かす際も、「我慢して貯金した。さて使うぞ……というその前に、少しだけ『我慢を緩める』ような時期を設ける」ような動き方でしょうか。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「漸、坤へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「漸」は、「山の頂上に生えている木」です。山の頂上に生えている木は、地上から見上げていると、高いのだか低いのだか、伸びているのだかいないのだか、よくわからないところがあります。しかし、実際にはさんさんと日を浴びて、すくすくと育っているものです。
 これと同様に、「どうも実感としては良く分からないながらも、現実には着実に運気が上昇している」。それが、「漸」です。上昇のペースは非常にゆっくりしていますが、ゆっくりである分だけ堅実で、転んでしまうようなことはありません。気づきにくいのですが、これはなかなか得られない貴重なものです。無理をして今の状態を壊してしまうことだけは避けなければいけません。階段を一歩一歩登っていくように、「物事を段階的に・順々に・一つずつ、片づけていくと良い」という運勢です。
 
 「実はかなり良い」という運勢です。
 しかし、実感はなかなか得られない……というイメージ。
 サブが「坤」ですので、その傾向はより強くなりそうだと見立てました。
 
 サブの運勢を示す「坤」は、「母なる大地」を象徴します。どこまでも広く平らにつづく大地です。そうしたイメージから、「受容性、柔軟さ、分厚く鈍重、動きが少ない…」といった性質がイメージされる運気です。
 
 安定はしているけれど、「何ごとも起こらない」というイメージ。
 メインの「漸」(上昇傾向)と合わせて、その上昇ペースはかなり緩やかなものではないかと見立てました。
 「上昇」と期待してしまうよりは、「安定はしていそうだ」と考えるほうが良いかもしれません。
 
 
 お金の使い方ですが。
 基本的には、「貯蓄」が良さそうです。
 投資をする場合にも、「ローリスクローリターン」の方向性でしょうか。
 
 使う場合も、同様かと。
 一歩一歩の「漸」に、動きのない「坤」ですので、「緩やかに使う」ような方向性がお勧めになるかと。
 大きな金額を動かす場合にも、「ギリギリ切り詰めて貯金して、貯まったところでガツン」はあまり良くないかもしれません。
 切り詰めて貯金した場合でも、すぐに使うよりは、その切り詰めを「ほんの少し」緩めて、「お金を使う訓練(?)」と言いますか、準備体操といいますか。その過程を経てから……というイメージ。
 
 そのように見立てました。
 参考になるところがありましたならば、幸いに存じます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加